側節足動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

側節足動物(そくせっそくどうぶつ、Pararthropoda)とは、かつて節足動物に類似する3つの動物、すなわち舌形動物(シタムシ類)、有爪動物(カギムシ類)、緩歩動物(クマムシ類)をまとめた分類である。

この3群は体制の発達程度が似ていることから、1つの門あるいは上門にまとめられたこともあるが、舌形動物は節足動物に含まれるとする考えが有力になり、有爪動物と緩歩動物はそれぞれ節足動物と近縁な独立の動物門であると考えられるようになっている[1]。その結果、この語は便宜的に用いられるだけになっている[2]

概要[編集]

古典的な動物学では、環形動物節足動物はともに体節付属肢を持つことから、体節動物と呼ばれる1つの系統群を成すと考えられていた。この考えにおいて、節足動物と環形動物の両者と共通する特徴を持つとされ、この2つの中間に位置づけられていたのが側節足動物である[2][1]

これらの3つの動物群は以下の点で共通しており、それぞれに節足動物に似ているが明確に異なっている点でもある。なお、舌形動物は寄生性で、その構造は単純化が見られるが、幼生は一見クマムシに似たものである。

  • 体節制が認められるが不明確である。
緩歩動物は比較的はっきりした体節が外見上はあるが、内臓器官は単純で、体節制が不明確である。逆に有爪動物は外見上は体節が確認できないが、内臓器官は体節制を示唆するものである。
  • 関節のない付属肢があり、その先端に爪を持つ。
いずれも、体の軸に沿って、複数の付属肢が対をなして腹面に並ぶ。その先端には節足動物のそれに似た爪を持っている。しかし、付属肢そのものには関節がなく、この点で節足動物とは全く異なっている。

そこで、これらを系統的には節足動物に近いものの、節足動物の範囲には入れかねるとの観点から名付けられたのが側節足動物の名である。節足動物は環形相物から進化したものとの定説があったので、外骨格や付属肢に見られる節足動物としての不完全さは、むしろ節足動物と祖先形質を残すものと見なされたのである。

しかし、主に分子系統学の知見から、環形動物は節足動物よりも軟体動物などに近縁で、冠輪動物と呼ばれる系統群に含まれると考えられるようになった。同様に節足動物は線形動物などとともに脱皮動物の系統に含まれるとする説が有力になった[3]

側節足動物とされた動物群の位置付けも変化した。舌形動物は精子の構造と分子系統学の両面から、系統的に節足動物に含まれ、とりわけ甲殻類鰓尾類に近縁であると考えられている[1][3]。一方で、有爪動物と緩歩動物はそれぞれ、節足動物に近縁な独立の動物門とされている[1]。有爪動物、緩歩動物、節足動物の3群は単系統群になると考えられており、これを汎節足動物Panarthropoda)と呼ぶ。汎節足動物のなかでは、緩歩動物が節足動物にもっとも近いとする説、有爪動物が近いとする説、緩歩動物と有爪動物が単系統群となり、節足動物はその姉妹群になるとする説をそれぞれ支持する意見がある[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 白山義久 「総合的観点からみた無脊椎動物の多様性と系統」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』 白山義久(編集)、岩槻邦男・馬渡峻輔(監修)、裳華房2000年、p.24。ISBN 4785358289
  2. ^ a b 武田正倫 「側節足動物たちと節足動物との系統関係」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』、165-166頁。
  3. ^ a b 上島励 「節足動物の分子系統学、最近の展開」『節足動物の多様性と系統』 石川良輔(編集)、岩槻邦男・馬渡峻輔(監修)、裳華房、2008年、31-37頁。ISBN 9784785358297
  4. ^ 宮崎勝己 「節足動物全体の分類体系・系統の現状」『節足動物の多様性と系統』、14-15頁。