動吻動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
動吻動物門
Kinorhyncha.png
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
: 動吻動物門 Kinorhyncha
学名
Kinorhyncha Reinhard, 1887
和名
動吻動物門

動吻動物(どうふんどうぶつ、学名:Kinorhyncha)は、偽体腔を持つ体長 1 mm以下の小さな無脊椎動物である。南極・北極といった極域から熱帯域まで、世界中に広く分布し、潮間帯から超深海の泥や砂の中に住む[1][2]、いわゆる間隙生動物として知られている。また、汽水域や海藻・フジツボといった他生物の間隙から採集されることもある[1][3][4]

構造[編集]

体は頭部(吻部)、頸部、11体節からなる胴部に分けられる[1]。21世紀初頭までは、頭部を第1体節、頚部を第2体節、胴部を3-13体節とされていたが、近年は前述の呼称が一般的である。頭部は胴部へ引き込むことができ、その際には頸部が蓋の役割をする[1][4]。頭部の出し入れに伴って、棘を引っかけ、体を前進させる[3][4]。とげは表皮から分泌されるクチクラの一部であり、成長のたびに何度も生え変わる。

生態など[編集]

動吻動物は海底の海藻の間や泥中の珪藻およびデトリタスと呼ばれる有機堆積物などを食糧とする。頭部の冠棘を利用し、これを出し入れすることで前進し、体に生えた棘もこれを補佐する。体は腹側に曲げることが可能である。

潮間帯から超深海まで分布し、世界中に広く分布している。特に酸素濃度の高い砂泥で高密度に生息し、場所によっては線虫ソコミジンコについで、個体数の上で優先種となる[1]。反対に貧酸素環境に弱く、汚染海域ではすぐに姿を消すことから、海洋の汚染指数を測る指標生物としての利用が期待されている[1]

成長の際には脱皮を行い、脱皮殻はほぼ全体の形を保つ。雌雄異体で、終端体節に雄は交尾棘、雌は生殖孔を持つ[1]。幼生は自由生活である。しかし生殖および初期発生についてはほとんど分かっていない[1]

系統[編集]

古くは線形動物輪形動物腹毛動物などとともに袋形動物門にまとめられていたが、現在ではそれぞれ独立の門として扱われる[5]。系統的には大きくは脱皮動物に含まれる。脱皮動物内においては、胴甲動物鰓曳動物に近いと考えられることが多く、これらの3門をまとめて有棘動物とする説もある[6]。ただし分子系統解析では鰓曳動物との近縁性が支持されることが多い反面、胴甲動物との近縁性は支持されないことが多い[7][8][9]

分類[編集]

円蓋綱(Cyclorhagida)と異蓋綱(Allomalorhagida)の2からなる分類体系が用いられる[10][11]。2018年現在、円蓋綱には3717約173が,異蓋綱には4科12属97種が知られているが,その種数は近年でも増え続けている[1][3][4][12][13]。なお、日本からは16種が報告されている[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 白山義久 「動吻動物門」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』 白山義久編、裳華房、2006年(初版2000年)、第6版、148-150頁。ISBN 4785358289
  2. ^ Records of Kinorhyncha - Hiroshi Yamasaki website”. sites.google.com. 2018年9月20日閲覧。
  3. ^ a b c 村上知里「動吻動物に関する研究-日本における新分布域の報告- (PDF) 」 、『日本海洋生物研究所年報』2003年、 43-50頁。
  4. ^ a b c d e Yamasaki H. (2017) Diversity of Kinorhyncha in Japan and Phylogenetic Relationships of the Phylum. In: Motokawa M., Kajihara H. (eds) Species Diversity of Animals in Japan. Diversity and Commonality in Animals. Springer, Tokyo. DOI: 10.1007/978-4-431-56432-4_21
  5. ^ 白山義久 「いわゆる袋形動物の系統関係」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』、157-158頁。
  6. ^ Neuhaus, B; Higgins, RP (2002年). “Ultrastructure, biology, and phylogenetic relationships of Kinorhyncha”. Integrative and Comparative Biology 42 (3): 619-632. doi:10.1093/icb/42.3.619. http://icb.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/42/3/619. 
  7. ^ Park J., Rho H.S., Kristensen R.M., Kim W., Giribet G. (2006) First Molecular Data on the Phylum Loricifera – An Investigation into the Phylogeny of Ecdysozoa with Emphasis on the Positions of Loricifera and Priapulida. Zoological Science 23: 943-954.
  8. ^ Yamasaki H., Fujimoto S., Miyazaki K. (2015) Phylogenetic position of Loricifera inferred from nearly complete 18S and 28S rRNA gene sequences. Zoological Letters 1:18. DOI: 10.1186/s40851-015-0017-0
  9. ^ Laumer C.E., Bekkouche N., Kerbl A., Goetz F., Neves R.C., Sørensen M.V., Kristensen R.M., Hejnol A., Dunn C.W., Giribet G., Worsaae K. (2015) Spiralian Phylogeny Informs the Evolution of Microscopic Lineages. Current Biology 25: 2000-2006.
  10. ^ Sørensen M.V., Zotto M.D., Rho H.S., Herranz M., Sánchez N., Pardos F., Yamasaki H. (2015) Phylogeny of kinorhyncha based on morphology and two molecular loci. PLoS ONE, 10(7): e0133440. doi:10.1371/journal.pone.0133440
  11. ^ Species list of Kinorhyncha - Hiroshi Yamasaki website”. sites.google.com. 2018年9月20日閲覧。
  12. ^ 「生物分類表」『岩波生物学辞典』 八杉龍一小関治男、古谷雅樹、日高敏隆、岩波書店、1998年、第4版CD-ROM版。
  13. ^ Martin V. Sørensen、Jonas Thormar (2010年). Wollunquaderes majkenae gen. et sp. nov.—a new cyclorhagid kinorhynch genus and species from the Coral Sea, Australia”. Mar. Biodiv. 42. http://www.springerlink.com/content/4602234366002m72/.