機動戦士ガンダム (プレイステーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム > 機動戦士ガンダム (プレイステーション)
機動戦士ガンダム
ジャンル アクションシューティングゲーム
対応機種 PlayStation
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア CD-ROM1枚
発売日 1995年6月23日
1996年3月29日(Ver.2.0)
1996年11月22日(Best版)
1998年3月19日(Ver.2.0)(Best版)
対象年齢 全年齢
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム』は、1995年6月23日バンダイより発売されたPlayStation用アクションシューティングゲーム。アニメ『機動戦士ガンダム』を題材としたキャラクターゲームである。

本項では、1996年に内容を改善した『機動戦士ガンダム Ver.2.0』についても併せて記述する。

概要[編集]

本作は、バンダイのPlayStationシリーズ初のゲームソフトにあたる。プレイヤーは主人公のアムロ・レイとなって、コクピット視点でガンダムを操縦してジオン公国モビルスーツを撃破する内容である。

メモリーカード非対応で、音声はナレーション(永井一郎)と、ゲームプレイ中の通信、エンディングだけであった。 ゲーム中のムービー等は省略することが一切できず、読み込みも非常に長い為、快適性において問題があった。通常プレイではクリアまで2~3時間を要する為、時間のないプレイヤーはクリアすらできずに終わってしまう(但し、あるコマンドを入力することでステージセレクトができるようにはなっている)。 基本的にボスクラスの敵軍側の音声はララァ・スン以外一切ない。ボス登場時には、コックピット上部のモニタに敵MSの顔が一瞬表示され、やがてそれが眼前に現れ襲い掛かってくる。敵との通信は一切ないため、相手の感情などを察知することもできず、ただこちらを撃墜しにくるという敵の不気味さを醸し出しており、他のガンダムのゲームにはない臨場感を体験することができる。

1996年に、操作性の向上、操作出来るモビルスーツシャア・アズナブル搭乗MS)の追加、ムービーや音声等の演出面での強化など内容を改善した『機動戦士ガンダム Ver.2.0』が発売された。 様々なアニメーションが追加されており、倒す敵もモビルスーツ以外に戦闘機、戦艦などバリエーションが豊富になっている。 メモリーカードにも対応しており、セーブ、ロードができるようになった。