木村綾子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 綾子
(きむら あやこ)
誕生 (1980-07-19) 1980年7月19日(37歳)
日本の旗 日本 静岡県浜松市
職業 小説家ライターエッセイストタレント
国籍 日本の旗 日本
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

木村 綾子(きむら あやこ、1980年7月19日 - )は、日本作家小説家ライターエッセイストタレント下北沢書店B&Bスタッフ。

来歴・人物[編集]

静岡県浜松市出身

1999年3月、静岡県立浜松北高等学校普通科卒業。

2003年3月、明治大学政治経済学部卒業。

同年4月、中央大学大学院文学研究科入学。国文学専攻渡部芳紀教授に師事し太宰治を研究。

2007年3月、文学修士号取得。

上京時から活動を続けていた雑誌読者モデルを経て、2005年よりタレント活動を開始。 メディア出演のほか、評論小説エッセイなど文筆業も幅広く行う。

太宰治関連書の執筆、テレビ番組やイベント・講演への出演多数。 2009年からは「太宰治検定」実行委員として企画運営に参加。

著作・執筆[編集]

著書[編集]

監修[編集]

  • 『太宰治検定テキスト『富嶽百景』編(昭和13、14年)』(2010年)太宰治検定実行委員会

寄稿[編集]

  • 短篇小説『i2=-1初花風葬』『愛は豚に喰わせろ』(2008年)
  • エッセイ『すぐできる太宰ごっこ 道化萌え』『太宰萌え』(2009年)毎日新聞社
  • 巻頭グラビア&エッセイ『神田神保町古書街2010』(2010年)毎日新聞社

評論[編集]

  • 國文學 「解釈と観賞」特集 太宰治とその死生観 「津軽」(2004年)學燈社
  • 國文學 「解釈と教材の研究」特集 太宰治とは誰か 「響きあう鼓動『人間失格』から聴こえる声」(2008年)學燈社
  • ユリイカ 特集 太宰治/坂口安吾--無頼派たちの"戦後" 「孤独の共犯者−いま、太宰治を読むということ」(2008年)青土社

連載[編集]

  • PS『進め!!木村綾子』(2005.6~2007.3)小学館
  • PS『木村綾子が潜入!スゴイひと倶楽部』(2007.4~2010.5)小学館
  • 中日新聞『中高生 Weekly 連載エッセイ』(2006.4~2007.3)
  • VA『木村綾子の目で聴く楽しい音の国』(2006.6~2007.6)TSUTAYA RECORDS
  • web★一週間『私の帰る場所』(009.4.~2010.5)講談社
  • デジモノステーション『木村綾子の環境家電見学帖』(2005.6~2007.3)ソニーマガジンズ
  • 京王線クチコミ情報サイト 『街はぴ』エッセイ『きみに逢いにいく』(2010.4~2011.3)

WEB[編集]

  • 映画『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』オフィシャルHPに連載コラム
  • 映画『人間失格』オフィシャルHPに「太宰治検定~人間失格編~」制作
  • 京王線クチコミ情報サイト 『街はぴ』「京王沿線 文学スポット特集」インタビュー
  • 書評「私の書評」『あらたにす』

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

講演・イベント[編集]

  • 早稲田祭2009「ダザイズム」にてトークイベント(2009.11)
  • 第一回太宰治検定「津軽」編(2010.6)
  • 映画『人間失格』公開記念【人間失格サミット~太宰治フリーク大集結トーク・ナイト~】ゲスト出演(2010.2)
  • 第二回 太宰治検定「津軽」初級・上級編(2010.6)
  • 第一回 太宰治検定「『富嶽百景』~昭和13,14年」編(2010.11)

外部リンク[編集]