渡部芳紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡部芳紀(わたべ よしのり、1940年9月12日[1]- )は、日本文学研究者、中央大学名誉教授宮沢賢治太宰治石川啄木など日本近代文学を専門とする[2]。2020年瑞宝中綬章受章。

経歴[編集]

東京生まれ。東京大学文学部卒業、1971年同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1967年武蔵高等学校教諭、1971年立正大学教養部専任講師、1975年助教授、1976年中央大学文学部助教授、1984年教授。1986年日本近代文学会評議員。2011年定年退任、名誉教授。退任後は岩手県下閉伊郡山田町に移住した。2020年春、瑞宝中綬章受章[3]

妻の渡部紀子は芹沢光治良の研究者[4]

著書[編集]

共編[編集]

  • 『太宰治 作品論』東郷克美共編 双文社出版、1974
  • 『太宰治大事典』志村有弘共編 勉誠出版、2005
  • 芹沢光治良 世界に発信する福音としての文学』野乃宮紀子共編 至文堂、2006 「国文学解釈と鑑賞」別冊
  • 『「文学」の地図帳 ビジュアルで味わう!名場面や作家の足跡!』監修 イーメディア編 技術評論社、2006 ISBN 9784774128955
  • 『一冊で名作がわかる太宰治』監修 小石川文学研究会編 ロングセラーズ、2007
  • 『宮沢賢治大事典』勉誠出版、2007

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 株式会社ローソンエンタテインメント. “渡部芳紀|プロフィール|HMV&BOOKS online” (日本語). HMV&BOOKS online. 2021年9月23日閲覧。
  3. ^ 令和2年春の叙勲受章者名簿
  4. ^ 5ヶ月の再中断の後に”. 近藤典彦「石川啄木伝」. 2021年9月23日閲覧。

参考[編集]

  • 渡部芳紀教授 年譜・業績『紀要. 言語・文学・文化』2011-03

外部リンク[編集]