東京大学大学院数理科学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
数理科学研究科から転送)
移動先: 案内検索

数理科学研究科(すうりかがくけんきゅうか、Graduate School of Mathematical Sciences)は、東京大学のみに存在する大学院研究科である。狭い意味での数学だけでなく、応用数理も含めた数理科学の教育・研究が行われている。

沿革[ソースを編集]

東京大学における大学院重点化の一環として、1992年に東京大学内の数学関連3教室(理学部数学教室・教養学部数学教室・教養学部基礎科学科数理コース)が合体して、独立研究科として発足した。大学院組織としては、理学系研究科から数学専攻(理学部数学教室と教養学部数学教室の共同運営)を独立させた形となっている。

研究[ソースを編集]

教育[ソースを編集]

  • 理学部・教養学部とは独立した部局となっている(ただし事務組織は教養学部と一体になっている)が、現在でも教養学部前期課程後期課程の数学教育および理学部数学科の授業を担当している。ほとんどの教員は理学部・教養学部の両方を兼担している。
  • 学部教育特別プログラムとして2005年度より「アクチュアリー・統計プログラム」を東京大学理学部に開設している。
  • 2005年度に「英語による数学研究発表・討論の能力開発」が文部科学省の「魅力ある大学院教育」イニシアティブに採択された。

組織[ソースを編集]

専攻[ソースを編集]

研究科設立以来、1専攻のみが設置されている。

  • 数理科学専攻
    • 数理代数学大講座
    • 基礎解析学大講座
    • 大域幾何学大講座
    • 数理構造論大講座
    • 数理解析学大講座
    • 離散数理学大講座

施設[ソースを編集]

研究科の施設は、教養学部と同じ東京大学駒場Iキャンパスに設置されている。理学部数学科の授業も同じ建物の中で行われている。

また、群馬県沼田市にある「東京大学玉原国際セミナーハウス(とうきょうだいがくたんばらこくさいセミナーハウス)」は数理科学研究科の運営となっており、研究セミナーや高校生対象の数学講座などが開催されている。

同窓会[ソースを編集]

東京大学理学部数学教室・大学院数理科学研究科同窓会(東大数学同窓会)
理学部数学科および大学院数理科学研究科の同窓会である。前身である「理学部数学教室同窓会」は1991年に設立された。1992年の数理科学研究科発足に伴い、現在の名称に変更された。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]