快川紹喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恵林寺三門。左右の柱に「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し」の辞世が記されている。

快川 紹喜(かいせん じょうき、文亀2年[1]1502年) - 天正10年4月3日1582年4月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗妙心寺派。諱は紹喜(じょうき)。字は快川。

略歴[編集]

俗姓は土岐氏で、美濃国の出身といわれるが、別説もある。永正10年(1513年)、12歳で出家。

天文14年(1545年)5月16日、快川の母が亡くなる[2]

妙心寺仁岫宗寿の法を継いだ。美濃国の寺院を経て妙心寺の43世に就任し、美濃の崇福寺住職となる。美濃国主の斎藤義龍との間で「永禄別伝の乱」と呼ばれる宗教上の混乱が起こり、一旦美濃を離れるが、義龍の死去に伴い帰国。

永禄7年(1564年)には甲斐国武田信玄に招かれて恵林寺甲州市塩山)に入寺し、武田氏と美濃斎藤氏との外交僧も務めている[3]。甲斐では信玄に機山の号を授けている。

『甲陽軍鑑』によれば、永禄8年(1565年)10月初旬に武田信玄の嫡男・義信が謀反を企てるが事前に察知され、義信は甲府・東光寺甲府市東光寺)に幽閉された[4]。このとき快川は長禅寺住職・春国光新、東光寺住職・藍田恵青とともに信玄・義信間の調停を試みるが、永禄10年(1567年)10月19日に義信は東光寺において自害した[5]

元亀4年/天正元年(1573年)4月12日、信玄は「西上作戦」のとゆう、信濃伊那郡駒場において死去する。信玄の死は秘匿され、家督は四男の勝頼が継承した。天正4年(1576年)4月には、快川を大導師に恵林寺において勝頼を喪主として信玄の葬儀が行われた(「天正玄公仏事法語」)。

天正9年(1581年)、正親町天皇より大通智勝国師という国師号を賜る[6]

天正10年(1582年)3月、織田信長甲州征伐により武田氏は滅亡する。これにより武田領内が混乱すると、快川は信長に敵対した佐々木次郎(六角義定)、三井寺の上福院、足利義昭の家臣の大和淡路守らを恵林寺に匿い、織田信忠の引渡し要求を拒否した。これは中世において寺院は聖域であるとする社会的観念があったためとされる。その後に恵林寺は織田氏による焼討ちにあい、快川は一山の僧とともに焼死した。

「滝のぼる 鯉の心は 張り弓の 緩めば落つる 元の川瀬に」という言葉でも知られる。

弟子には伊達政宗の教育の師として有名な虎哉宗乙がいる。[要出典]

心頭滅却すれば火も亦た涼し[編集]

天正10年(1582年)に恵林寺において焼死したとき、「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し」の辞世を残したといわれている。この言葉は、碧巌録による公案である[7]が、もとは杜荀鶴の詩である「夏日題悟空上人院」の転結句である(原典は「…火も自ずから涼し」)[8]

「心頭、火を滅却すれば、また涼し」の誤読とも言われる[9][10]

なお、この辞世は『甲乱記』では快川と問答した僧・高山の言葉とされており、同時代文献には見られず近世の編纂物に登場していることから、本来は快川の逸話でなかった可能性が指摘されている。

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横山(2011)、p.49-51
  2. ^ 横山(2011)、p.214
  3. ^ 美濃では弘治2年4月に斎藤道三が嫡子義龍に討たれ、道三の娘婿である尾張の織田信長が美濃に出兵し抗争状態となっていたが、領国を接する武田氏は美濃情勢に介入しており、斎藤・織田双方と友好的関係を築いていた。[要出典]
  4. ^ 平山(2014)、pp.37 - 38
  5. ^ 平山(2014)、p.38
  6. ^ 小和田哲男 『明智光秀と本能寺の変』 (Kindle版) PHP研究所〈PHP文庫〉、2014年、102頁。 
  7. ^ 大辞林、p.1247、第6刷、1989年2月1日発行、三省堂
  8. ^ 日本国語大辞典、第11巻(しょた - せこん)、p.226、第1版第2刷、1976年4月1日発行、小学館
  9. ^ 新明解国語辞典、第4版第10刷、p.645、1992年3月20日発行
  10. ^ 心頭を滅却すれば火もまた涼し 倫敦巴里、2008年7月14日

参考文献[編集]

  • 平山優『敗者の日本史9 長篠合戦と武田勝頼』吉川弘文館、2014年
  • 横山住雄 『武田信玄と快川和尚』 戎光祥出版2011年ISBN 978-4864030366

関連項目[編集]