虎哉宗乙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

虎哉 宗乙(こさい そういつ、享禄3年(1530年) - 慶長16年5月8日1611年6月18日))は、戦国時代から江戸時代にかけての臨済宗妙心寺派。諡号は仏海慈雲禅師。

生涯[編集]

享禄3年(1530年)、美濃国にて誕生。

甲斐国岐秀元伯快川紹喜に師事した後、元亀3年(1572年)に、陸奥国大名伊達輝宗の叔父で東昌寺住職・大有康甫と親交があった縁から、輝宗の招聘を受けた。一度は固辞したものの再度の要請に応え、嫡男・伊達政宗の学問の師となると共に、米沢近郊(現在の山形県高畠町)の資福寺住職となった。天正14年(1586年)には輝宗の菩提を弔う覚範寺の開山となり、後に政宗の移封に従って岩出山、仙台と移った。なお政宗とは終生、師弟の関係にあったとされる。

慶長16年(1611年)、死去。下野雲岩寺の僧・大虫宗岑と並んで「天下の二甘露門」と称された。

演じた俳優[編集]