山口仲美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまぐち なかみ
山口 仲美
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1943-05-25) 1943年5月25日(79歳)
日本の旗 静岡県
居住 日本の旗 日本
中華人民共和国の旗 中国
研究機関 聖徳学園女子短期大学
共立女子短期大学部
共立女子短期大学
明海大学
実践女子大学
埼玉大学
明治大学
出身校 お茶の水女子大学
文教育学部卒業
東京大学大学院
人文科学研究科
修士課程修了
主な業績 平安文学の文体の研究
語彙やオノマトペの研究
主な受賞歴 日本古典文学会賞
(1977年)
金田一京助博士記念賞
(1987年)
日本エッセイスト・クラブ賞
(2007年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

山口 仲美(やまぐち なかみ、1943年5月25日 - )は、日本言語学者日本語学)。勲等瑞宝中綬章学位文学博士東洋大学・1988年)。埼玉大学名誉教授文化功労者

聖徳学園女子短期大学保育科講師共立女子短期大学部文科講師、共立女子短期大学文科助教授明海大学外国語学部教授実践女子大学文学部教授、埼玉大学教養学部教授、明治大学国際日本学部教授などを歴任した。

概要[編集]

日本語学を専攻する言語学者であり、特に日本語史や擬声語研究に従事した。『源氏物語』や『蜻蛉日記』などの平安時代文学文体研究や、日本語歴史における擬音語擬態語(オノマトペ)の研究が専門[1]。近年は若者言葉の研究で知られている[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

静岡県出身[1]1967年お茶の水女子大学文教育学部卒業[2]1969年東京大学大学院人文科学研究科国語・国文学専攻修士課程修了[2]

言語学者として[編集]

1969年聖徳学園女子短期大学保育科専任講師[3]1970年共立女子短期大学部文科専任講師[3]1974年共立女子短期大学助教授[3]。1988年、「平安文学の文体の研究」で東洋大学文学博士明海大学外国語学部教授[3]1991年実践女子大学文学部教授。1997年埼玉大学教養学部教授[3]2008年、定年退任[3]、同大学名誉教授[1][4]明治大学国際日本学部教授[2]。2014年、定年退任。

上記の傍ら、他の教育・研究機関の役職も兼任していた[3]。1979年4月から1983年3月まで清泉女子大学の文学部で講師を兼任した[3]。1982年4月から1983年3月まで、および、1990年4月から1991年3月までお茶の水女子大学の文教育学部で講師を兼任した[3]。1983年4月から1988年3月まで明治大学の政経学部で講師[3]、1989年4月から1990年3月まで商学部で講師[3]、1991年4月から1992年3月まで文学部で講師を兼任した[3]。1990年4月から1991年3月まで青山学院大学の文学部で講師を兼任した[3]。1997年4月から1998年3月まで実践女子大学の文学部で講師を兼任し[3]、大学院の講義を担当した[3]。1998年4月から同年9月まで九州大学の文学部で講師を兼任した[3]。1999年2月から同年7月まで北京日本学研究センターの教授を兼任し[3]中華人民共和国に派遣される[3]。2003年4月から同年9月まで愛知県立大学の文学部で講師に就任した[3]

NHKテレビ「生きている言葉」、NHK教育テレビ「古典への招待」「現代ジャーナル・日本語」などの講師も務めた[5]

賞歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『平安文学の文体の研究』(明治書院、 1984年)
  • 『生きていることば』(講談社1987年
  • 『ちんちん千鳥の鳴く声は―日本人が聴いた鳥の声』(大修館書店1989年) - のち講談社学術文庫 
  • 『恋のかけひき―源氏物語もうひとつの読み方』(主婦と生活社、1991年)
  • 『平安朝元気印列伝 『今昔物語』の女たち』(丸善ライブラリー、1992年
  • 『源氏物語を楽しむ 恋のかけひき』(丸善ライブラリー、1997年)
  • 『山口仲美の言葉の探検』(小学館、1997年)
  • 『平安朝の言葉と文体』(風間書房、1998年
  • 『犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い』(光文社新書2002年
  • 『中国の蝉は何と鳴く? 言葉の先生、北京へゆく』(日経BP社、2004年)
  • 『すらすら読める今昔物語集』(講談社、2004年)
  • 『日本語の歴史』(岩波新書2006年
  • 『若者言葉に耳をすませば』(講談社、2007年)
  • 『新・にほんご紀行』(日経BP社、2008年)
  • 『すらすら読める枕草子』(講談社、2008年)
  • 『日本語の古典』(岩波新書、2011年)
  • 『大学教授がガンになってわかったこと』(幻冬舎新書、2014年)
  • 『NHK100分de名著 清少納言 枕草子』(NHK出版、2014年)
  • 『擬音語・擬態語辞典』(講談社学術文庫、2015年)
  • 『山口仲美著作集』全8巻(風間書房、2018年 - )

共編著[編集]

  • 『命名の言語学―ネーミングの諸相』森岡健二共著(東海大学出版会、1985年
  • 『暮らしのことば擬音・擬態語辞典』(講談社、2003年11月)
  • 『「擬音語・擬態語」使い分け帳 似ているようで微妙に違う!』佐藤有紀共著(山海堂、2006年11月)
  • 『恋する百人一首』大久保佳代子壇蜜共著(NHK出版、2015年)

監修[編集]

  • 『よくわかる百人一首』(集英社、2002年、文:笠原秀、漫画:岩井渓

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 古典文学、オノマトペの研究など、山口仲美さんの著作集 全8巻が完結! 記念インタビュー|好書好日” (日本語). 好書好日. 2021年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d 山口仲美教授の紫綬褒章受章を記念して祝賀会が開催されました。” (日本語). 明治大学. 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 山口仲美 | 講師情報” (日本語). 講演会インフォ. 2021年8月31日閲覧。
  4. ^ a b 2016年秋の叙勲受章者 - 明治書院”. www.meijishoin.co.jp. 2021年10月28日閲覧。
  5. ^ 平安女性は強くて元気 山口 仲美 氏”. www.athome-academy.jp. 2021年8月31日閲覧。
  6. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). オリジナルの2013年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130516114555/http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。 
  7. ^ 長嶋茂雄さんら9人文化勲章 功労者に加山雄三さんら:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年10月28日閲覧。

関連項目[編集]