山口仲美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口 仲美(やまぐち なかみ、1943年5月25日 - )は、日本国語学者埼玉大学名誉教授。専攻は日本語学(日本語史、擬声語研究)。

源氏物語』や『蜻蛉日記』などの平安時代文学文体研究や、日本語歴史における擬音語擬態語(オノマトペ)の研究が専門。若者言葉の研究で知られている。

略歴[編集]

静岡県静岡市出身。1966年お茶の水女子大学文教育学部卒業、1968年東京大学大学院人文科学研究科国語・国文学専攻修士課程修了、1969年聖徳学園女子短期大学保育科専任講師1970年共立女子大学短期大学部文科専任講師、1974年同助教授 、1988年「平安文学の文体の研究」で東洋大学文学博士明海大学外国語学部教授、1991年実践女子大学文学部教授、1997年埼玉大学教養学部教授、2008年定年退任、明治大学国際日本学部教授。2014年定年退任。

受賞・受章歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『平安文学の文体の研究』(明治書院、 1984年)
  • 『生きていることば』(講談社1987年
  • ちんちん千鳥の鳴く声は―日本人が聴いた鳥の声』(大修館書店1989年)のち講談社学術文庫 
  • 『恋のかけひき―源氏物語もうひとつの読み方』(主婦と生活社、1991年)
  • 『平安朝元気印列伝 『今昔物語』の女たち』(丸善ライブラリー、1992年
  • 『源氏物語を楽しむ 恋のかけひき』(丸善ライブラリー、1997年)
  • 『山口仲美の言葉の探検』(小学館、1997年)
  • 『平安朝の言葉と文体』(風間書房、1998年
  • 『犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い』(光文社新書2002年
  • 『中国の蝉は何と鳴く? 言葉の先生、北京へゆく』日経BP社 2004
  • 『すらすら読める今昔物語集』講談社 2004
  • 『日本語の歴史』(岩波新書2006年
  • 『若者言葉に耳をすませば』(講談社、2007年)
  • 『新・にほんご紀行』日経BP社 2008
  • 『すらすら読める枕草子』講談社 2008
  • 『日本語の古典』岩波新書 2011
  • 『大学教授がガンになってわかったこと』幻冬舎新書、2014 

共編著[編集]

  • 『命名の言語学―ネーミングの諸相』森岡健二共著(東海大学出版会、1985年
  • 暮らしのことば擬音・擬態語辞典 講談社 2003.11
  • 「擬音語・擬態語」使い分け帳 似ているようで微妙に違う! 佐藤有紀共著 山海堂 2006.11

監修[編集]

  • よくわかる百人一首(集英社、2002年、文:笠原秀、漫画:岩井渓

専門分野[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). オリジナル2013年5月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130516114555/http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。 

関連項目[編集]