少年の日の思い出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

少年の日の思い出』(しょうねんのひのおもいで 原題:Jugendgedenken)は、ヘルマン・ヘッセ1931年に発表した短編小説日本では、同年に高橋健二翻訳出版された。

中学校1年生の国語教科書に掲載されていることで、日本での知名度は高い。この作品は2008年以降、「ヘルマン・ヘッセ昆虫展」として具現化され、全国30都市以上で展覧されている。さらには軽井沢高原文庫で開催された際、軽井沢演劇部により朗読劇にもなり、軽井沢ほか東京でも上演された。また、この昆虫展をきっかけに、ヘッセ自身が採集したチョウ(パルテベニヒカゲ)が大阪府在住のコレクター所有のチョウ類コレクションの中から発掘され、大阪市立自然史博物館にてヘッセ昆虫展に合わせ一般公開された。

概要[編集]

ヘッセが1911年6月6日に、ミュンヘンの雑誌《青年》に発表した『Das Nachtpfauenauge』(クジャクヤママユ)が初稿だが[1]、20年後の1931年に改稿し、題名を『Jugendgedenken』に変え、ドイツ地方新聞「Würzburger General-Anzeiger」の1931年8月1日号に短編小説として掲載された。 これ以外にも『蝶』、『蛾』、『小さな蛾』、『小さな蛾の話』などに改題の上、発表されている。

1931年に日本の独文学者である高橋健二がヘッセを訪問し、別れ際に「列車の中で読みたまえ」と渡された新聞の切り抜きが『Jugendgedenken』である。この『Jugendgedenken』のドイツ語文は、日本における大学のドイツ語授業でも使用されている。 高橋ははじめ、この物語に『少年の日の億出』の邦題を付けて翻訳したが、後に『少年の日の思い出』に変更された[2]。 高橋が『Das Nachtpfauenauge』に対して『少年の日の思い出』の邦題を付けたとの誤解もあるが[1]、高橋はあくまで『Jugendgedenken』を訳したのであり、『少年の日の思い出』の邦題も特に不自然なものではない。

1947年に高橋健二訳が、日本の国定教科書に掲載された。それ以来、現在まで70年間以上も検定(国定)教科書に掲載され続けている。このヘッセの作品は、日本で最も多くの人々に読まれた外国文学作品と言える。2017年現在、採択されている検定教科書すべてに掲載されている[要出典]

一方、ドイツで発行された単行本全集収録されているのは、すべて1911年の初稿である『Das Nachtpfauenauge』であり、『Jugendgedenken』はドイツでは殆ど知られていない。これは、高橋がヘッセをスイスに訪問した際、『Jugendgedenken』が掲載された新聞(ビュルツブルガー ゲネラルアンツァイガー紙 1931年8月1日号)の切り抜きを貰ってきてしまったため、ヘッセの膨大な遺品・資料の整理をしたフォルカー・ミヒェルス氏でさえも分からなかったためである。後に、この新聞は千葉県の中学教師により、ヴュルツブルクの地方新聞社・マインポストのマイクロフィルムから見出され、ヘッセ昆虫展において初公開された。この新聞コピーが日本にあることを突き止めたのは、この昆虫展を制作・運営した日本昆虫協会理事で当時栃木県庁職員であった新部公亮である。新部はまた、大阪より発掘されたパルテベニヒカゲを、東洋大学名誉教授岡田朝雄(昆虫展の監修者)とともに、ヘッセの採集品であることを証明してみせ、さらには広島県在住の司書が所有していたヘッセの直筆水彩画2点を借り受け、下野市において世界初公開した。内1点の「Agno See」と題された水彩画は、フォルカー・ミヒェルス氏の勤務するズーアカンプ社に電送され、2013年版「ヘッセ水彩画カレンダー」の4月分を飾った。ドイツ・スイス以外の国に存在する直筆画としては初めての採用であった。

蛾の名前[編集]

Mittleres Nachtpfauenauge (クジャクヤママユ)
ヤママユガ

1931年当時、この物語の鍵となる(Nachtpfauenauge、直訳では「夜の孔雀の目」)には和名が存在せず、高橋は「楓蚕蛾(ふうさんが)」と訳していた。 後に日本昆虫協会副会長を努めるほどの昆虫好きなドイツ文学者となる岡田朝雄が、大学時代(1950年代)にドイツ語の資料を調べたところ、ドイツで「Nachtpfauenauge」(de)と呼ばれる蛾は複数おり、「Mittleres(中型) Nachtpfauenauge」 (en:Saturnia spini)、「Wiener(大型) Nachtpfauenauge」(en:Saturnia pyri)、「Kleines(小型) Nachtpfauenauge」(en:Saturnia pavonia)の3種が問題の蛾の候補に挙げられた。 このうちWiener Nachtpfauenaugeはポケットに入れるには大きすぎる事、Kleines Nachtpfauenaugeは希少性が低い事から、Mittleres Nachtpfauenaugeこそがエーミールの蛾であると断定し、岡田によってそれぞれ「クジャクヤママユ」「オオクジャクヤママユ」「ヒメクジャクヤママユ」の和名が付けられた。 一方、クジャクヤママユであれば行わない『敵に対する威嚇行動』が作中で説明されている点については、Nachtpfauenaugeと名前の似ている、スズメガ科のAbendpfauenauge(en:Smerinthus ocellatus、ヨーロッパウチスズメ)の行動をヘッセが混同していた可能性を岡田は指摘している。なお、右のクジャクヤママユ図は、ヘッセが少年時代に飽かず見ていた19世紀末の銅版画図鑑から採ったそのものである。

岡田は大学院時代1960年ごろ)、指導教授であった高橋に請われて蛾について講釈した折に、「楓蚕蛾」から「クジャクヤママユ」への修正を進言した[2]。 高橋の訳である1982年の「ヘッセ全集 2」では、クジャクヤママユではないが、同じヤママユガ科で日本固有種の「ヤママユガ」と表記されている。

岡田は後に、『Jugendgedenken』の初稿である『Das Nachtpfauenauge』を『クジャクヤママユ』の邦題で翻訳している。 『Jugendgedenken』も岡田によって新たに訳され、2010年12月に、これを収録した「少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集」が出版された。

登場するその他の蝶・蛾[編集]

ワモンキシタバ

私が客に見せた、物語の発端となるヤガ科の蛾(Catocala fulminea(Scopoli、1763))。イベリア半島から日本列島にかけてのユーラシア大陸各地に分布し、ドイツではアッパーライン渓谷とシュヴァーベン高原を中心に分布している。ドイツでは「黄色いリボン(Gelbe Ordensband)」と呼ばれる。

キアゲハ

採集の楽しみを回想する冒頭に例示されたアゲハチョウ科の蝶(Papilio machaon Linnaeus, 1758)。ユーラシア大陸全域と北アメリカ大陸北西部の広範囲に分布する。日本ではナミアゲハとともによく見られるアゲハチョウで、ナミアゲハが生息しないドイツでは代表的なアゲハチョウの一種にあたる。

コムラサキ

エーミールを深く嫌悪するきっかけとなったタテハチョウ科の蝶(Apatura metis Freyer, 1829)。ユーラシア大陸全域に分布するが、ドイツではSchillerfalterと呼ばれ、ドナウ川流域からの渡り個体が見られる程度の希少種。日本のコムラサキとは別の亜種とされる。北杜夫は、初期の出版物に「ニムラサキ」という誤植が頻発していた事実を指摘し、その原因は高橋が翻訳時に用いた独和辞典の誤植にあることを突き止めた。

あらすじ[編集]

原文であるドイツ語には、単語で「蝶」と「蛾」を区別することがない。そのため、以降も「蛾」のことも「蝶」と著す。

子供が寝静まる頃、は蝶集めを始めたことを客に自慢する。客の申し出を受け、私はワモンキシタバの標本を見せる。客は少年時代の思い出をそそられ、少年時代は熱心な収集家だったことを述べる。が、言葉と裏腹に思い出そのものが不愉快であるかのように標本の蓋を閉じる。客は非礼を詫びつつ、「自分で思い出を穢してしまった」ことを告白する…。

(客)は仲間の影響で蝶集めを8・9歳の頃に始め、1年後には夢中になっていた。その当時の熱情は今になっても感じられ、微妙な喜びと激しい欲望の入り混じった気持ちは、その後の人生の中でも数少ないものだった。

両親は立派な標本箱を用意してくれなかったので、ボール紙に保存していたが、立派な標本箱を持つ仲間に見せるのは気が引けた。そんなある日、僕は珍しいコムラサキを捕らえ、標本にした。この時ばかりは見せびらかしたくなり、中庭の向こうに住んでいる先生息子エーミールに見せようと考えた。エーミールは「非の打ちどころがない」模範少年で、標本は美しく整えられ、破損した復元する高等技術を持っていた。僕はそんな彼を嘆賞しながらも、気味悪く、妬ましく、「悪徳」を持つ存在として憎んでいた。エーミールはコムラサキの希少性は認めたものの、展翅技術の甘さや脚の欠損を指摘し、「せいぜい20ペニヒ程度」と酷評したため、僕は二度と彼に獲物を見せる気を失った。

僕の熱情が絶頂期にあった2年後、エーミールが貴重なクジャクヤママユのを手に入れ、羽化させたという噂が立った。本の挿絵でしか出会ったことのないクジャクヤママユは、熱烈に欲しい蝶であった。エーミールが公開するのを待ちきれない僕は、一目見たさにエーミールを訪ねる。留守の部屋に忍び込み、展翅板の上に発見する。展翅板からはずし、大きな満足感に満たされて持ち出そうとした。部屋を出たのち、近づくメイドの足音に我に帰った僕は、思わず蝶をポケットにねじ込む。罪の意識にさいなまれ、引き返して元に戻そうとしたが、ポケットの中で潰れていることに気づき、泣かんばかりに絶望する。

逃げ帰った僕はに告白する。母は僕の苦しみを察し、謝罪と弁償を提案する。エーミールに通じないと確信する僕は気乗りしなかったが、母に促されてエーミールを訪ねる。エーミールが必死の復元作業を試み、徒労に終わっていることを眼前にしながら、僕はありのままを告白する。エーミールは舌打ちし、「そうか そうか つまり君は、そんなやつだったんだな。」と皮肉を呟く。僕は弁償としておもちゃや標本をすべて譲ることを提案するが、エーミールは冷淡に拒絶し、「君がちょうをどんなに取りあつかっているか」を確信できたことを呟く。収集家のプライドを打ち砕かれた僕は、飛び掛りたい衝動を押しとどめて途方に暮れながら軽蔑の視線に耐えた。

一度起きたことは償いのできないことを悟った僕を、母が構わずにおいたことが救いだった。僕は収集との決別を込めて、標本を一つ一つ、指で粉々に押し潰した。

登場人物[編集]

ぼく (主人公)
蝶や蛾の収集に熱中していた少年。貧乏なのでボール紙を標本箱にしており、友達に見せるのをためらっている。
『クジャクヤママユ』では「ハインリヒ・モーア」と名前が設定されている。
エーミール
隣の家に住む、先生の息子。非の打ち所が無い、模範的な少年の様だが、それ自体が主人公にとって悪徳と捉えられている。
小さいながら、きれいに整理された蝶や蛾を所持しており、修理法も会得している。
物語冒頭に出てくる、大人になった「ぼく」の友人。
子供ができた影響で、また蝶の収集を始め、それを見た「ぼく」が昔の思い出を語り始める。
「ぼく」の母
「ぼく」に対し、エーミールに謝りに行くよう促した。

書籍[編集]

Jugendgedenken (少年の日の思い出)[編集]

  • 高橋健二訳
  • 岡田朝雄訳

Das Nachtpfauenauge (クジャクヤママユ)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ヘルマン・ヘッセ全集」 第6巻 初出一覧
  2. ^ a b 「少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集」あとがき

外部リンク[編集]