ヤガ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤガ科
Hausmutter Noctua pronuba 0270.jpg
ドイツで撮影された Noctua pronuba 成虫
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
階級なし : 有吻類 Glossata
階級なし : 異脈類 Heteroneura
階級なし : 二門類 Ditrysia
上科 : ヤガ上科 Noctuoidea
: ヤガ科 Noctuidae
学名
Noctuidae
Latreille, 1809 [1]
タイプ種
Noctua pronuba
(Linnaeus, 1758) [2]
和名
ヤガ科
亜科
  • 本文参照

ヤガ科Noctuidae、ヤガか、夜蛾科)は、鱗翅目(チョウ目)に属するのひとつ。本記事で採用した分類体系については後述する。

形態と多様性[編集]

鱗翅目の科の中でも最大のものとされ、世界からおよそ35000種[3]、日本からは1300種あまり[4]が知られている。ただしこの種数は依拠する分類体系によって上下し、後述する Erebidae 科を認める体系においては、本科は Erebidae 科およびシャクガ科に次ぐ三番目に大きい科となる[5][6]

成虫の形態は多様である。大きさに関しては開長が14~16mm程度[7]チビアツバ Luceria fletcheri のような、の中では比較的小型の種から、開長が最大で280mmにもなる[8]ナンベイオオヤガ Thysania agrippina のような非常に大型の種、の色と模様に関しても Agarista agricolaBaorisa hieroglyphica のようにあざやかな色と模様の翅を持つ種、シロガ Chasmina candidaカラスヨトウ Amphipyra livida のように翅がほとんど単色の種、ハナムグリガ Cocytia durvilliEucocytia meeki のようにメタリックに輝く種[9]アケビコノハ Eudocima tyrannusベニシタバ Catocala electa のように前翅と後翅の色が大きく異なるものまで、さまざま種が含まれる。

幼虫は体表に目立った毛が見られない、あるいは毛や棘がまばらに生えるいわゆるイモムシ型の種が多いが、たとえばケンモンヤガ亜科やウスベリケンモン亜科の幼虫は二次刺毛 secondary setae[10] が発達し、毛が目立つものが多い[11][12]。また、本科の一部には腹脚が退化し数を減らす傾向が見られる。鱗翅目幼虫の腹脚は最大で五対(腹部末端の腹脚である尾脚を数えない場合は四対)あるが、たとえばキマダラコヤガ亜科の幼虫は前方二対の腹脚を完全に喪失し、キンウワバ亜科やシタバガ亜科の幼虫は前方二対の腹脚を痕跡的にしか持たない傾向を有する。このような腹脚が退化傾向にある幼虫はセミルーパー(semi-looper)と呼ばれ、前方三対の腹脚が退化するシャクトリムシ(looper)と区別される[10][13][14]


生態[編集]

幼虫は植物を食べて発育する植食性昆虫である。食草として利用する植物の範囲が非常に広いハスモンヨトウ Spodoptera litura のような広食性の種から、限られた種の植物しか食べない狭食性・単食性の種までさまざまである。鱗翅目においては幼虫が同種他個体を摂食する共食い行動が観察されることがあるが本科も例外ではなく、たとえばオオタバコガ Helicoverpa armigera の四齢幼虫を対象にした野外飼育実験において共食いによる死亡が全死亡率の約40%にも及んだ例がある[15]

成虫は花蜜や樹液、果汁などを吸汁する。こちらも種や分類群によって餌とする対象が異なる傾向があると考えられる。また、吸蜜を行う蛾は花粉を媒介する送粉者としてふるまい得るため、植物種と蛾の分類群(本科を含む)との間に相関関係が存在し、特異性が生じる可能性[16]が示唆されるが、いずれも野外における夜間の採餌行動の観察の困難さと種数の多さによって研究はあまり進んでいない[17]

哺乳類の汗や涙を吸汁する行動は本科を含む鱗翅目の複数のグループにおける観察例があるが、哺乳類からの吸血および鳥類からの涙の吸汁を行うことが知られているのは現在エグリバ亜科とEulepidotinae亜科に属する種のみである。動物の体液を吸汁するこれらの行動は雄成虫のみに見られ、花蜜などからは摂取しにくいナトリウムを摂取し雄の繁殖成功率を高めるためのものである可能性が示唆されているが、特に現状本科にのみ特異的に観察されている後者の行動に関しては観察が困難なこともあり解明が進んでいない[18][19]

成虫は夜行性の種が多いが、ツメクサガ Heliothis maritima のように昼にも活動する[20]種も知られる。化性や季節消長も種によって異なり、中には、6月頃に羽化するが翌春まで活動しないという一風変わった季節消長[21]で知られるプライヤキリバ Goniocraspidum pryeri などの例もある。


人との関係[編集]

代表的な種もあわせて紹介する

農業[編集]

植食性の昆虫のため、穀物野菜果樹園芸植物といった人間が栽培する植物を餌として利用する(食害する)種は農業害虫として扱われる。本科には農業上重要な害虫とされる種が複数含まれる[22]

幼虫[編集]

幼虫が農業害虫となる種のなかで代表的なものは以下のとおりである。

ハスモンヨトウ S. litura 成虫

成虫[編集]

また、成虫が農業害虫として扱われる例もある。成虫が果物から吸汁することで果実を食害する種が好例で、このような生態が知られる種は「吸蛾類」と呼ばれる[23][24]。 吸蛾類の代表的な種やは以下のとおりである。

利用[編集]

オーストラリアに分布するBogong mothと呼ばれる Agrotis infusaは、数十万頭規模の集団が季節に応じて長距離の渡りを行うことで知られている。オーストラリア南東部のアボリジニの部族は古くからこの季節消長を認識しており、越夏のために高山の草原地帯に渡る本種の集団に追随し、夏の間本種を主要な食料としていた[25]。この文化はすくなくとも1600~2000年前には既に存在していたことが考古学的証拠から示されているが、一方でヨーロッパ人による植民地化により19世紀には一旦途絶し、20世紀に入り再開されたことがわかっている[26]

その他[編集]

昆虫採集の対象となる。特に、美麗な後翅を持つカトカラ Catocala は認知度が高い[27]

分類[編集]

本記事では基本的に、岸田 (2011)[28]および神保 (2020)[4]で採用されている分類体系を採用している。ここではこの体系に基づき、下位分類である亜科のうち日本で分布が確認されているものを和名とともに列挙する。

日本に分布するヤガ科の亜科[編集]

Erebidae科について[編集]

本科の上位分類であるヤガ上科に関しては、近年の分子系統学の発展も手伝ってさまざまな分類体系が提唱されている。なかでも本科は議論の的となっており、伝統的に認められてきた亜科の多くに関して単系統性に疑義が呈されるなどして[29]、近年の本科の下位分類は流動的かつ不安定となっているのが現状である[30]。最近の分類体系を採用するにあたり、本科にとって最も影響の大きい下位分類の変更点はErebidae科の設置である。たとえばZahiri et al. (2011)[29]は分子系統解析に基づき、シタバガ亜科などの複数の亜科の多系統性を指摘し、Zahiri (2012)[5] では以下の18亜科を Erebidae 科に含めている。

Erebidae 科は日本ではまだ一般的な分類ではなく学名をそのまま用いる場合もあるが[27]、和名として「トモエガ科」を用いる例が散見される[31][32]。ここでは、特記のないかぎり、上述の岸田 (2011)[28]および神保 (2020)[4]の体系において同名の亜科が認められている場合のみ、和名を併記する。

Erebidae科の亜科[5][編集]

オオトモエ Erebus ephesperis 成虫

外部リンク[編集]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 上述の体系におけるドクガ科 Lymantriidaeに相当
  2. ^ 上述の体系におけるヒトリモドキガ科 Aganaidaeに相当
  3. ^ 上述の体系におけるヒトリガ科 Arctiidaeに相当

出典[編集]

  1. ^ Noctuidae Latreille, 1809 in Guala G, Döring M (2020). Integrated Taxonomic Information System (ITIS). National Museum of Natural History, Smithsonian Institution. Checklist dataset https://doi.org/10.15468/rjarmt accessed via GBIF.org on 2021-01-03.
  2. ^ Christina Difonzo; Howard Russell (2010). “Noctua pronuba (Lepidoptera: Noctuidae): An Outbreak in Emails”. Journal of Integrated Pest Management 1 (1): B1–B6. doi:10.1603/IPM10005. https://academic.oup.com/jipm/article/1/1/B1/857218 2021年1月3日閲覧。. 
  3. ^ Gerald M. Fauske: “Family Noctuidae: Owlet moths” (2002年6月7日). 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ a b c 神保宇嗣 (2020年). “List-MJ 日本産蛾類総目録 version 3”. 2020年12月23日閲覧。
  5. ^ a b c Reza Zahiri (2012). Molecular Systematics of Noctuoidea (Insecta, lepidoptera). ISBN 978-951-29-5015-7. https://www.utupub.fi/handle/10024/76794 2020年12月26日閲覧。. 
  6. ^ Zhang, Z.-Q., ed (2011-12-23) (英語). Animal biodiversity: An outline of higher-level classification and survey of taxonomic richness. Zootaxa. 3148. Magnolia Press. p. 217. ISBN 9781869778491. https://books.google.com/books?id=r3_DVd5DtGEC&pg=PA217 
  7. ^ Luceria fletcheri Inoue, 1958 チビアツバ,Cat.4445”. 2020年12月26日閲覧。
  8. ^ Kons, Hugo Jr. (1998年5月17日). “Chapter 32 — Largest Lepidopteran Wing Span”. Book of Insect Records. University of Florida. 2020年12月26日閲覧。
  9. ^ 岸田泰則 (2000). “ハナムグリガとクマバチモドキ”. やどりが 2000 (186): 24-25. doi:10.18984/yadoriga.2000.186_24. https://www.jstage.jst.go.jp/article/yadoriga/2000/186/2000_KJ00006420970/_article/-char/ja/ 2021年1月2日閲覧。. 
  10. ^ a b 那須義次「3-2. 幼生期の形態」『鱗翅類学入門』那須義次、東海大学出版部、2016年8月20日。ISBN 978-4-486-02111-7
  11. ^ SUBFAMILY ACRONICTINAE”. Moth of Borneo. Southdene Sdn. Bhd.. 2020年12月26日閲覧。
  12. ^ David L. Wagner; Eric W. Hossler; Fred E. Hossler (2006). “Not a Tiger but a Dagger: The Larva of Comachara cadburyi and Reassignment of the Genus to Acronictinae (Lepidoptera: Noctuidae)”. Annals of the Entomological Society of America 99 (4): 638–647. doi:10.1603/0013-8746(2006)99[638:NATBAD]2.0.CO;2. https://academic.oup.com/aesa/article/99/4/638/62316 2020年12月26日閲覧。. 
  13. ^ H. beck (2009). “The larval characterization of the Noctuidae sensu Hampson and of the Nolidae sensu stricto, sensu Hampson and its influence on phylogenetical systematics (Lepidoptera: Noctuidae)”. SHILAP Revta. lepid. 37 (148): 449-461. ISSN 0300-5267. 
  14. ^ Byrne, CJ; Moyle, DI (2019年). “The Caterpillar Key Fact Sheet: Noctuidae.”. The Caterpillar Key. 2020年12月26日閲覧。
  15. ^ J. W. Chapman; Trevor Williams; Ana M. Martínez; Juan Cisneros; Primitivo Caballero; Ronald D. Cave; Dave Goulson (2000). “Does cannibalism in Spodoptera frugiperda (Lepidoptera: Noctuidae) reduce the risk of predation?”. Behavioral Ecology and Sociobiology 48: 321–327. doi:10.1007/s002650000237. https://link.springer.com/article/10.1007/s002650000237 2020年12月27日閲覧。. 
  16. ^ Sigrun Bopp; Gerhard Gottsberger (2004). “Importance of Silene latifolia ssp. alba and S. dioica (Caryophyllaceae) as Host Plants of the Parasitic Pollinator Hadena bicruris (Lepidoptera, Noctuidae)”. Oikos 105 (2): 221–228. doi:10.1111/j.0030-1299.2004.12625.x. JSTOR 3548083. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.0030-1299.2004.12625.x 2020年12月26日閲覧。. 
  17. ^ 池ノ上利幸; 金井弘夫 (2010). “夜間における蛾の訪花活動 Nocturnal Moth Fauna on Flowers”. 植物研究雑誌 85 (4): 246-260. http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_085_246_260.pdf 2020年12月26日閲覧。. 
  18. ^ David Plotkin; Jerome Goddard (2013). “Blood, sweat, and tears: a review of the hematophagous, sudophagous, and lachryphagous Lepidoptera”. Journal of Vector Ecology 38 (2): 289-294. doi:10.1111/j.1948-7134.2013.12042.x. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1948-7134.2013.12042.x 2021年1月1日閲覧。. 
  19. ^ Leandro João Carneiro de Lima Moraes (2019). “Please, more tears: a case of a moth feeding on antbird tears in central Amazonia”. Ecology (e02518) 100 (2). doi:10.1002/ecy.2518. PMID 30222853. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30222853/ 2020年12月27日閲覧。. 
  20. ^ Heliothis maritima (Graslin, 1855),Cat.3477 maritima adaucta Butler, 1878 ツメクサガ[日本]”. Digital Moth of Japan. 2020年12月26日閲覧。
  21. ^ Goniocraspidum pryeri (Leech, 1889) プライヤキリバ,Cat.4268”. Digital Moth of Japan. 2020年12月26日閲覧。
  22. ^ チョウ目の特徴と効果的な防除方法”. 害虫Wiki. エフエムシー・ケミカルズ株式会社 (2018年). 2020年12月26日閲覧。
  23. ^ 吸蛾類(果樹/ナシ・モモ・リンゴ・果樹全般)”. 農作物病害虫データベース. 長野県農業関係試験場. 2020年12月26日閲覧。
  24. ^ かんきつ 果実吸蛾類”. 高知県 病害虫・生理障害台帳. こうち農業ネット (2012年). 2020年12月26日閲覧。
  25. ^ Eric Warrant; Barrie Frost; Ken Green; Henrik Mouritsen; David Dreyer; Andrea Adden; Kristina Brauburger; Stanley Heinze (2016). “The Australian Bogong Moth Agrotis infusa: A Long-Distance Nocturnal Navigator”. Frontiers in Behavioral Neuroscience 10 (77). doi:10.3389/fnbeh.2016.00077. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4838632/ 2020年12月26日閲覧。. 
  26. ^ Birgitta Stephenson; Bruno David; Joanna Fresløv; Lee J. Arnold; GunaiKurnai Land and Waters Aboriginal Corporation; Jean-Jacques Delannoy; Fiona Petchey; Chris Urwin et al. (2020). “2000 Year-old Bogong moth (Agrotis infusa) Aboriginal food remains, Australia”. Scientific Reports 10 (22151). doi:10.1038/s41598-020-79307-w. https://www.nature.com/articles/s41598-020-79307-w 2020年12月26日閲覧。. 
  27. ^ a b 阪上洸多; 徳平拓朗; 松尾隆人 (2017). “兵庫県カトカラ図鑑”. きべりはむし 39 (2): 25-36. https://www.konchukan.net/pdf/kiberihamushi/Vol39_2/kiberihamushi_39_2_25-36.pdf 2020年12月26日閲覧。. 
  28. ^ a b 日本産蛾類標準図鑑2』岸田泰則、学研プラス、2011年4月7日。ISBN 978-4-05-403846-2
  29. ^ a b Reza Zahiri; Ian J. Kitching; J.Donald Lafontaine; Marko Mutanen; Lauri Kaila; Jeremy D.HollowaY; Niklas Wahlberg (2011). “A new molecular phylogeny offers hope for a stable family level classification of the Noctuoidea (Lepidoptera)”. Zoologica Scripta 40 (2): 158-173. doi:10.1111/j.1463-6409.2010.00459.x. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1463-6409.2010.00459.x 2020年12月23日閲覧。. 
  30. ^ 神保宇嗣 (2008年). “List-MJ 日本産蛾類総目録”. 2020年12月23日閲覧。
  31. ^ 柳田慶浩, 福田輝彦, 中尾健一郎. “Digital Moths of Asia - トモエガ科”. 2020年12月23日閲覧。
  32. ^ 綿引大祐; 吉松慎一; 竹内浩二; 大林 隆司; 永野裕 (2017). “日本新記録属の新種シマイスノキアツバの小笠原諸島からの記載とそのDNAバーコード情報(トモエガ科,アツバ亜科)”. 蝶と蛾 68 (2): 53-60. doi:10.18984/lepid.68.2_53. https://www.jstage.jst.go.jp/article/lepid/68/2/68_53/_article/-char/ja/ 2020年12月23日閲覧。.