小木港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小木港
Taraibune1.JPG
所在地
日本の旗 日本
所在地 新潟県佐渡市
座標 北緯37度48分30秒 東経138度16分45秒 / 北緯37.80833度 東経138.27917度 / 37.80833; 138.27917座標: 北緯37度48分30秒 東経138度16分45秒 / 北緯37.80833度 東経138.27917度 / 37.80833; 138.27917
詳細
管理者 新潟県
種類 重要港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 664隻(2,949,759総トン)[1]
旅客数 163,070人[2]
公式サイト 新潟県

小木港(おぎこう)は、新潟県佐渡市佐渡島)にある港湾。港湾管理者は新潟県。佐渡島では両津港と並んで港湾法上の重要港湾に指定されている。

概要[編集]

佐渡島の南端、旧小木町の中心部に位置する。江戸時代から佐渡金山から産出したの輸送など、両津港と並ぶ佐渡の玄関口として発展した。1974年には、直江津港両津港に続く県内3港目の重要港湾に指定された。また、小木港の北東に2.5kmには羽茂港が存在し、明治時代から佐渡味噌の生産地として栄えてきたが、1998年に小木港に合併され、小木港羽茂地区となった。

小木地区は、佐渡汽船フェリー航路が就航しており、力屋観光汽船が観光船の運航拠点としている。羽茂地区は砂、砂利、石材、セメントなどの建設資材を取り扱う物流港として整備が進められている。

2015年度の発着数は664隻(2,949,759総トン)[1]、利用客数は163,070人(乗込人員78,012人、上陸人員85,058人)である[2]

沿革[編集]

  • 1974年(昭和49年) - 直江津港両津港に続く県内3港目の重要港湾に指定
  • 1985年(昭和60年) - 旅客ターミナル完成
  • 1993年(平成5年) - フェリーの大型化に対応した新フェリー埠頭を供用開始
  • 1998年(平成10年) - 羽茂港を合併、小木港羽茂地区とする
  • 2015年(平成27年)4月25日 - 小木直江津航路に高速フェリーあかねが就航

航路[編集]

佐渡汽船[編集]

小木直江津航路

インキャット社製の高速フェリーあかねが1日2往復(繁忙期3往復)就航している。冬期は運休となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第2部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第2部第2表

参考文献[編集]

外部リンク[編集]