羽茂町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はもちまち
羽茂町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
佐渡島内 全10市町村 → 佐渡市
現在の自治体 佐渡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
佐渡郡
団体コード 15608-6
面積 52.21km2.
総人口 4,393
(2004年1月1日)
隣接自治体 真野町小木町赤泊村
町の木 アカマツ[1]
町の花 ホソバノオケラ[1]
町の鳥 ヤマセミ[1]
羽茂町役場
所在地 952-0504
新潟県佐渡郡羽茂町大字羽茂本郷550[1]
(現在の佐渡市羽茂支所)
外部リンク 羽茂町 公式ウェブサイト(2003年12月22日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
羽茂町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
佐渡島における平成の大合併の地図。

羽茂町(はもちまち)は、かつて新潟県佐渡郡におかれていた佐渡の南海岸に位置していた。 特産品としてマルハおけさ柿(品種名:平核無)が知られる。 2018年現在は佐渡市の一部である。

地理[編集]

町を貫流する羽茂川沿いに羽茂平野が広がっており、雪の少ない温暖な気候となっている[2]。同平野に位置する羽茂本郷が町の中心となっており、町役場や新潟県立羽茂高等学校羽茂城址が立地する[2]

  • 山:
  • 河川: 羽茂川

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長:早川一夫( - 2004年)

経済[編集]

産業・生産物[編集]

教育[編集]

交通[編集]

道路[編集]

港湾[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

バラロード

出身有名人[編集]

  • 大崎屋松之助

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 平成14年度市町村要覧:羽茂町(新潟県HP) - ウェイバックマシン(2004年2月2日アーカイブ分)
  2. ^ a b (日本大百科全書(ニッポニカ))『羽茂』 - コトバンク

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。