大澤昇平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大澤 昇平
人物情報
生誕 (1987-12-26) 1987年12月26日(31歳)[1][2]
福島県[3]
出身校 東京大学大学院工学系研究科
学問
研究機関 東京大学大学院情報学環
博士課程
指導教員
松尾豊
指導教員 北川博之
学位 博士(工学)
称号 経済産業省認定 未踏天才プログラマー/スーパークリエータ
影響を
受けた人物
筧捷彦[4]
テンプレートを表示

大澤 昇平(おおさわ しょうへい[1]1987年12月26日 -)は、日本工学者[5][6][7][8]

経歴[編集]

福島県いわき市出身[1][2]2010年3月筑波大学第三学群情報学類北川博之研究室卒業[9]2012年3月筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻北川博之研究室修士課程修了[9]2015年3月東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾豊研究室博士課程修了[10][11]博士(工学)。2017年8月東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻松尾豊研究室特任助教[11]。2018年3月株式会社Daisy代表取締役CEO就任[12]2019年4月東京大学大学院情報学環情報経済AIソリューション寄付講座特任准教授[7]

ブックマーク連携型検索エンジン「netPlant」[13]経産省未踏ソフトウェア創造事業に採択され、2007年にスーパークリエーターの認定を受けた[4]。その後、Resource Description Frameworkに関して容量効率のよいスキーマを提案したRDF Packages[14]は、iiWAS2010でBest Paper Award[15]を受賞。

IBM Researchでブロックチェーンの事業に携わった[7]。東京大学特任助教に着任後は株式会社Daisyを設立した[8]

受賞歴[編集]

  • 2005年ThinkQuest@JAPAN 最優秀賞[16][17]
  • iiWAS2010 Best Paper Award[15]
  • 平成23年度 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻 専攻長表彰[18]

著書[編集]

  • 『AI救国論』新潮新書(2019/9/13)、4106108283

脚注[編集]

  1. ^ a b c 自己紹介/Alembert - 未踏ユース関係者の集い場♪
  2. ^ a b 31歳東大准教授が「進学校より高専」を勧める深い理由 | デイリー新潮 2019年9月24日掲載
  3. ^ 大澤 昇平 | 著者ページ | 東洋経済オンライン
  4. ^ a b IPA、未踏ソフト事業で「スーパークリエータ」15名認定”. internet.watch.impress.co.jp. 2019年9月8日閲覧。
  5. ^ 大澤 昇平” (日本語). 東京大学. 2019年9月8日閲覧。
  6. ^ 未踏iPedia:歴代のスーパークリエータ:2006年度上期未踏ユース スーパークリエータ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構”. www.ipa.go.jp. 2019年9月8日閲覧。
  7. ^ a b c 東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座”. 東京大学 情報経済AIソリューション寄付講座. 2019年11月10日閲覧。
  8. ^ a b Daisy” (日本語). Daisy. 2019年9月8日閲覧。
  9. ^ a b KDE(Kitagawa Data Engineering)学位論文”. kde.cs.tsukuba.ac.jp. 2019年9月15日閲覧。
  10. ^ 東京大学 松尾研究室 | メンバー”. web.archive.org (2012年7月12日). 2019年9月15日閲覧。
  11. ^ a b members | 東京大学松尾研究室 - Matsuo Lab”. web.archive.org (2017年11月12日). 2019年9月15日閲覧。
  12. ^ Daisy” (日本語). Daisy. 2019年9月15日閲覧。
  13. ^ 「Googleよりユーザー視点」な検索ができる新発想検索エンジン、正式公開” (日本語). CNET Japan (2007年2月6日). 2019年9月8日閲覧。
  14. ^ Ohsawa, Shohei; Amagasa, Toshiyuki; Kitagawa, Hiroyuki (2010). “RDF Packages: A Scheme for Efficient Reasoning and Querying over Large-scale RDF Data”. Proceedings of the 12th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (New York, NY, USA: ACM): 341–348. doi:10.1145/1967486.1967540. ISBN 9781450304214. 
  15. ^ a b 研究業績
  16. ^ 2006年度上期【未踏ユース】「スーパークリエータ
  17. ^ WaveMaster 解波新書”. contest.japias.jp. 2019年9月9日閲覧。
  18. ^ 表彰者 | 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻”. www.cs.tsukuba.ac.jp. 2019年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]