オークファン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社オークファン
Aucfan Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 3674
2013年4月上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都品川区上大崎2-13-30
oak meguro 3階
設立 2007年6月1日
業種 情報・通信業
法人番号 7011001053434
事業内容 インターネットメディア事業
代表者 代表取締役 武永 修一
資本金 6億7,959万円(2018年9月末現在)
発行済株式総数 991.5万株(2018年9月末現在)
売上高 58億63百万円(2018年9月期)
純資産 27億17百万円(2018年9月期)
総資産 58億73百万円(2018年9月期)
従業員数 172名(2018年9月末現在)
決算期 毎年9月末
主要株主 武永修一 44.97%
主要子会社

株式会社SynaBiz 株式会社スマートソーシング 株式会社ネットプライス

株式会社ゼロディブ
外部リンク https://aucfan.co.jp
テンプレートを表示

株式会社オークファン(英称:Aucfan Co.,Ltd.)は、日本のインターネット関連サービス事業を行っている企業である。創業時から、ショッピング・オークションサイトの商品データを収集し分析・提示する商品取引情報サイト「aucfan.com」を運営している。2013年4月、東証マザーズ上場(証券コード:3674)。代表取締役武永修一

概要[編集]

オークション、ショッピングの商品及び価格情報の比較・検索・分析が可能な主力事業である「aucfan.com」は、現・DeNA取締役最高技術責任者の川崎修平東京大学大学院在籍中に個人で開発したものである。株式会社オークファン(厳密にはその前身会社)は2006年にサイトを譲り受け、以降の運営を行っている。

現在は「aucfan.com」の運営の他に、「NETSEA(BtoBの卸売り・仕入れプラットフォーム)」、「リバリュー(企業の滞留在庫・返品・型落ち品などの流動化支援)」の運営も行っている。

沿革[1][編集]

  • 2000年
    • 個人事業によりオークション売買事業を開始
  • 2001年
    • オークション統計ページ(仮)運営開始
  • 2006年
    • オークション統計ページ(仮)を営業譲渡により取得
  • 2007年
    • インターネットメディア「オークファン」の運営を事業目的として、株式会社デファクトスタンダードよりメディア事業を新設分割し、東京都港区芝に株式会社オークファンを設立、純広告サービス及びネット広告サービスを開始
  • 2008年
    • サービス課金事業として、有料会員サービス『オークファンプレミアム』を開始
  • 2011年
    • 総合分析ツール『オークファンプロ』を開始
  • 2013年
    • 東京証券取引所マザーズ市場上場(証券コード:3674)
    • 『オークファン仕入れモール』開始
    • コーポレートロゴ変更
  • 2015年
    • 株式会社NETSEAの株式取得(子会社化)
  • 2016年
    • 株式会社リバリューの株式取得(子会社化)
    • 株式会社スマートソーシングの株式取得(子会社化)
    • EC解析ツール『Storoid(ストロイド)』のサービス提供を開始
    • 連結子会社である株式会社NETSEAおよび株式会社リバリューが合併し、「株式会社SynaBiz(シナビズ)」として発足(株式会社NETSEAを存続会社とした吸収合併)
  • 2017年
    • 佐川急便と「リバース・ロジスティクス」の提供を開始 (動画
    • 社会貢献型サンプリングサービス『Otameshi』を提供開始 
    • オークファンが 「買取アプリ CASH」 を提供する株式会社バンクと業務提携


問題点[編集]

インターネットオークションなどにおいて転売によって利益を得る為には過去の落札相場を調べることが必要である。ヤフオクでも過去の相場を調べることは可能だが、過去90日分に限定されているため、多くの転売屋オークフリーオークファンなどのサイトを利用する。オークフリーオークファンは過去何年分ものヤフオクに掲載されたデータを閲覧することが可能である。しかし、オークフリーオークファンのサイトに掲載されている写真や文章は無断転載である。また、広告収入有料会員によって対価を得ておりヤフオク側の規則[2]や対応[3]に反しているが、現状ではそれらの問題点を無視して運営されている。

会員種別[編集]

  • 会員種別は①ライト会員、②プレミアム会員、③オークファンプロPlus会員の3つに分けられる。
  • 月額料金はそれぞれ①324円、②980円、③10,800円となる[3]
  • ライト会員は過去10年分の落札相場が10回/月、プレミアム会員は、1000回/月、利用でき、オークファンプロPlus会員はプレミアム会員の機能の他にセラー分析機能など有力な機能を利用できる。


主要子会社・関連会社[編集]

  • 株式会社SynaBiz - BtoBの卸売・仕入プラットフォーム「NETSEA」の運営、アセットリクイデーション事業(返品商品・余剰在庫の流動化支援サービス事業)
  • 株式会社スマートソーシング - 『タテンポガイドNext』の開発・運営
  • 株式会社ネットプライス - お買い得品ECサイト『ネットプライス』の運営
  • 株式会社ゼロディブ - エンジニア派遣事業、ゲーム開発事業

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社オークファン. “株式会社オークファン” (日本語). 株式会社オークファン. 2018年11月19日閲覧。
  2. ^ [1]利用規約 第1編 基本ガイドライン、2019年8月3日閲覧。
  3. ^ [2]オークションWeb API提供終了(2018年2月22日)のお知らせ、2019年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]