大泉逸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大泉逸郎
生誕 (1942-04-17) 1942年4月17日(76歳)
出身地 日本の旗 日本山形県西村山郡河北町
ジャンル 演歌
職業 農林漁業経営者
歌手
活動期間 1977年頃 -
事務所 スリーウッド・プロデュース
公式サイト 大泉逸郎 公式サイト
『 こぶしdeねっと 』

大泉 逸郎(おおいずみ いつろう、1942年4月17日 - )は、日本演歌歌手1999年、大泉本人の孫を歌った「」でメジャーデビュー血液型はB型、身長163cm、体重70kg、趣味は熱帯魚飼育。

略歴[編集]

山形県西村山郡河北町出身。本業はサクランボ農家経営者2018年現在も地元でサクランボを収穫しながら歌手として活動している[1]

アマチュア民謡歌手として、1977年に東北・北海道民謡大賞を受賞したのをきっかけに、本格的に活動開始。初舞台は山形刑務所であった。2018年現在も毎月、山形刑務所での慰問・矯正授業活動を行っている[1]

1994年に自らの初孫が誕生し、あまりの可愛さに、生後3日目に友人の荒木良治作詞を依頼し、自らが作曲を担当した自主制作盤が発売された。後の1999年メジャーデビュー盤の『』が発売され、2018年時点で250万枚以上[1]の売り上げを記録する大ヒットとなる。NHK紅白歌合戦にも58歳で初出場(当時の白組歌手の最年長初出場記録である)。その後も「孫びいき」「親ごころ」とスマッシュヒットを連発。コンスタントな活躍で演歌界に定着している。また、2001年発売の「これから音頭」も2002年4月時点で20万枚以上[2]を売り上げ、全国各地の盆踊りで使われている。

2005年頃より通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する大泉の代表曲で背景映像に大泉本人が出演する映像が多く採用されている。また一部のLD版カラオケの「孫」でも大泉本人が出演する映像が採用されている。

民謡大塚文雄とは実家が非常に近く、2人とも幼い頃から歌がうまいと近所では評判だった。

家族(長男)が白血病であったこともあり、骨髄バンク支援に熱心である。自身の骨髄を移植して息子の命を救った経緯がある。

地元のお茶屋さんからヒット曲「孫」と名づけられた煎茶が発売されている。

郵便局(郵便事業日本郵政)の対応処理で、宛名に「山形県 孫様」とだけ書かれたファンレターが大泉の住所に届いたことがある[1]。さらに2014年には「孫様」だけで、2017年には「宮城 孫様」で大泉の住所に届いたという[1]

2011年脳梗塞を起こした。命に別状はなかったものの、2018年現在でも後遺症が残る[1]

主な曲[編集]

  1.  (1999.4.21)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:花岡優平
    (c/w 親ごころ)
  2. 孫びいき (2000.6.21)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w いのち)
  3. 母親(はは)ごころ (2001.2.21)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w 息子よ)
  4. これから音頭 (2001.8.22)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w 馬喰恋唄)
  5. 孫-女の子バージョン- (2002.1.23)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:花岡優平
    (c/w さんさ祝い唄)
  6. 雪の最上川 (2002.5.22)
    作詞:井上計一/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w 嫁入り峠)
  7. 嫁ぐ娘に (2003.3.26)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w こんな夫婦(めおと)で)
  8. なごり船 (2004.2.25)
    作詞:木下龍太郎/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w 花しぐれ)
  9. 風雪峠 (2004.9.23)
    作詞:たかたかし/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w ことぶきの舞)
  10. ふるさと屋台 (2005.5.11)
    作詞:仁井谷俊也/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w 道草人生)
  11. なかよし音頭 (2006.4.26)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w まだまだ人生)
  12. 孫も大きくなりました (2007.4.25)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w 紅花みれん)
  13. 酒田港 (2008.4.23)
    作詞:木下龍太郎/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w 裏町氷雨)
  14. ヤン衆港 (2009.4.22)
    作詞:木下龍太郎/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w 戻り梅雨)
  15. いのち (2010.4.21)
    作詞:荒木良治/作曲:大泉逸郎/編曲:南郷達也
    (c/w 三陸祝い唄)
  16. おばあちゃん (2011.7.20)
    作詞:山上はるお/作曲:大泉逸郎/編曲:池多孝春
    (c/w ふるさと河北)
  17. 人生横丁 (2012.11.21)
    作詞:仁井谷俊也/作曲:大泉敏郎/編曲:池多孝春
    (c/w 女房酒)
  18. 路傍の花 (2014.1.22)
    作詞:坂口照幸/作曲:大泉逸郎/編曲:伊戸のりお
    (c/w 新庄恋しや)
  19. 爺の海(じーじのうみ)(2015.5.20)
    作詞:渡部晃/作曲:大泉逸郎/ 編曲:伊戸のりお
    (c/w 金婚祝い唄)
    福島第1原発事故で福島県双葉町から避難者が作詞した楽曲[3]

主な出演番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2000年(平成12年)/第51回 06/28 伍代夏子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今、日刊ゲンダイDIGITAL、2018年7月17日
  2. ^ 大泉逸郎が還暦イベント、スポニチアネックス、2002年4月16日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 大泉逸郎 作詞した福島避難者の前で新曲「爺の海」お披露目”. スポニチ (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]