大塚文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大塚 文雄
別名 民謡界のフーミン
生誕 (1940-07-20) 1940年7月20日(78歳)
出身地 日本の旗 日本山形県西村山郡三泉村(現・河北町
学歴 日本の旗 日本
山形県立谷地高等学校卒業
ジャンル 民謡
職業 歌手
活動期間 1966年 -

大塚 文雄(おおつか ふみお、1940年7月20日 - )は、山形県西村山郡三泉村(現・河北町)出身の民謡歌手。愛称は民謡界のフーミン。2歳年少で1999年に『』で一世を風靡した大泉逸郎とは、生家が近く、子供の時から「民謡少年」としてよく知られていた。

略歴・人物[編集]

1959年山形県立谷地高等学校卒業後に上京し、当時民謡歌手の代名詞的存在だった初代鈴木正夫に入門。1966年キングレコード専属歌手となり、山梨県民謡『甲州盆唄(通称・市川文殊)』、『正調粘土節』でデビューした。

1977年に発売した『祝賀の舞』は120万枚[1]を売り上げる大ヒット曲となった。ピーク時には毎月5000枚~7000枚が売れ、2002年時点でも毎年3000枚前後を出荷しているという[1]

1980年代のいわゆる「民謡ブーム」にも孤高を守り、民謡専門の番組以外はほとんど出演しなかった。現在も各地でリサイタルを開き、また、民謡道場を主宰して、後進の指導に励んでいる。

歌唱は、非常にキーが高く、高音域ではファルセット(裏声、仮声)を使い、歌詞を大切にした歯切れのよい歌いぶりで知られている。

また三橋美智也を尊敬しており、NHK総合の『ふたりのビッグショー』で細川たかしと共演(1994年4月4日放送)した際にも三橋の代表曲である『武田節』や『星屑の町』を歌っている。ちなみに共演した細川は三橋の弟子にあたる。

テレビ出演時に特に人気なのは『会津磐梯山』である。

主な出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、289頁。ISBN 4390116495

外部リンク[編集]