土木科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土木科(どぼくか)は、高等学校短期大学、あるいは職業訓練職業能力開発校において、土木設計施工などの基本的な知識技術あるいは技能を修得させる

高等学校においては、工業科の専門科目のうち、「土木施工」、「土木構造設計」、「測量」、「土木製図」や「土木実習」などを中心に学習し、土木基礎力学環境等の基礎基本を学ぶ。

2級土木施工管理技士の受験資格は、建設業法第27条に基づき、土木に関する実務経験を大学の指定学科の場合は1年以上、短期大学若しくは高等専門学校の指定学科の場合は2年以上、高等学校の指定学科の場合は3年以上で発生する。また、労働安全衛生法等の関係で小型車両系建設機械運転特別教育修了証を取得できる。

土木科を設置している高校、専門学校、職業訓練施設[編集]

緑地土木科・環境土木科を設置している高等学校[編集]

農業土木科を改組した学校は、土木科#かつて設置していた学校を参照

農業土木科[編集]

農業土木科(のうぎょうどぼくか)は、高等学校において、農業・分野のひとつ農業工学のうちの農業土木に関する専門教育を主とする学科。戦前期には高等農林学校に設置され、現在では農業高等学校に設置されている。農場整備、開拓などを行うために測量・土木・環境保全などを行う。

設置している高校[編集]

かつて設置していた高校等[編集]


関連項目[編集]