岩手県立一関工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩手県立一関工業高等学校
一関工業高等学校
過去の名称 一関市立一関工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岩手県の旗 岩手県
学区 全県学区
設立年月日 1959年4月1日
開校記念日 5月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 電気科
電子科
電子機械科
土木科
学期 4学期制
高校コード 03139K
所在地 021-0902
岩手県一関市萩荘字釜ケ渕50
北緯38度55分39.7秒東経141度6分38.3秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

岩手県立一関工業高等学校(いわてけんりつ いちのせきこうぎょうこうとうがっこう)は、岩手県一関市萩荘字釜ケ渕に所在する公立工業高等学校。略称は関工(かんこう)。

設置学科[編集]

普通教科[編集]

国語数学英語、科学と人間生活、政治経済芸術、フードデザイン、体育保健をすべての学科において学習する。なお、芸術は2年生に進級する際に、美術音楽のいずれかを選択。政治経済、フードデザインは3年生に進級する際に選択する。科学と人間生活は新学習指導要領により追加された科目である。

電子科[編集]

土木科[編集]

3学年1学級

専門教科として測量土木施工土木基礎がある。3学年では毎週4時間分実習があり、測量実習と実験に分けられる。 本科は市立一関農業高校農業土木科を前身として、一関第二高等学校土木科を経ての移設であるため、本校の歴史よりも長い。 また、測量士補土木施工管理技士2級の資格取得率も高く、平成22年度のものづくりコンテスト測量部門東北大会では出場した選手及びマネージャー役の4人全員が測量士補を取得していた。

教育方針[編集]

目指す学校像は生徒が「18歳の自立」を達成できる学校
・将来の生活設計が確立した就職
・将来の目的意識が確立した進学
を達成できることを目標としている 教育は生徒の将来にわたっての幸せのためのあり、「知・徳・体」をバランスよく育み、将来、社会人として逞しく 生きていくことができる総合的な人間力の育成を目的として以下の3本柱を掲げている。
 【知】基礎学力と技術・技能・創造力の育成
 【徳】豊かな人間性の育成
 【体】健康な心身の育成

行事など[編集]

  • 一年置きに関工祭(かんこうさい)がある。

平成21年は本来行なわれない年であったが、50周年記念として企画された。しかし、新型インフルエンザによる2学年の学年閉鎖を受け中止となった。 平成22年度より、毎年開催されることとなった。

  • 毎年6月に体育大会がある。

関工祭が行なわれない年ではその分行なわれていたため、年2回だった。

部活動[編集]

  • 運動部
    • 硬式野球、ソフトテニス、バレーボール、柔道、バスケットボール、陸上競技、ハンドボール、弓道、ラグビー、卓球、サッカー
  • 文化部
    • アマチュア無線、写真、放送、工学研究、囲碁・将棋、情報技術研究、
  • 同好会
    • 美術、生活文化、吟詠

弓道部[編集]

  • 平成18年度 インターハイ出場
  • 平成15年度 インターハイ出場
  • 平成14年度 インターハイ出場

陸上競技部[編集]

  • 平成15年度 男子5000m競歩 インターハイ出場

吟詠同好会[編集]

  • 平成13年度 全国大会出場
  • 平成14年度 全国大会出場
  • 平成15年度 全国大会出場
  • 平成16年度 全国大会出場
  • 平成17年度 全国大会出場
  • 平成18年度 全国大会出場

ソフトテニス部[編集]

  • 平成15年度 インターハイ出場

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)一関市立一関工業高等学校設置認可、電気科、電気通信科設置
  • 1964年(昭和39年)電気通信科を電子科に名称変更
  • 1974年(昭和49年)一関市立一関工業高等学校廃止、岩手県立一関工業高等学校設置
  • 1978年(昭和53年)岩手県立一関第二高等学校より土木科が移設される
  • 1987年(昭和62年)電子機械科設置

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]