建設業法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
建設業法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和24年法律第100号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 建設業についてなど
関連法令 産業法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

建設業法(けんせつぎょうほう、昭和24年5月24日法律第100号)は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者および下請の建設業者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする、日本の法律である。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(第1条・第2条)
  • 第2章 - 建設業の許可(第3条 - 第17条)
  • 第3章 - 建設工事の請負契約(第18条 - 第24条の7)
  • 第3章の2 - 建設工事の請負契約に関する紛争の処理(第25条~第25条の24)
  • 第4章 - 施工技術の確保(第25条の25 - 第27条の22)
  • 第4章の2 - 建設業者の経営に関する事項の審査等(第27条の23 - 第27条の36)
  • 第4章の3 - 建設業者団体(第27条の37 - 第27条の38)
  • 第5章 - 監督(第28条 - 第32条)
  • 第6章 - 中央建設業審議会等(第33条 - 第39条の3)
  • 第7章 - 雑則(第39条の4 - 第44条の5)
  • 第8章 - 罰則(第45条 - 第55条)  
  • 別表
    • 別表第1
    • 別表第2(第26条の6関係)

資格[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]