吉田兼好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
卜部 兼好
Yoshida Kenko.jpg
吉田 兼好(菊池容斎・画 江戸時代)
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 弘安6年(1283年)頃?
死没 文和元年/正平7年(1352年)以後?
別名 吉田兼好、兼好法師
官位 従五位下左兵衛佐
主君 後伏見天皇後二条天皇
氏族 卜部宿禰嫡流
父母 父:卜部兼顕、母:素性不詳
兄弟 慈遍兼雄
なし
なし
テンプレートを表示

吉田 兼好(よしだ けんこう)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人随筆家。治部少輔卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。

卜部氏嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書ではすべて「兼好法師」と表している。また、兼好と呼ぶこともある。

日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集に『兼好法師家集』がある。


経歴[編集]

通説では、卜部氏古代より卜占を司り神祇官を出す神職の家柄であり、父兼顕も吉田神社の神職であった。母や生年は明らかでないが、一般には弘安6年(1283年)ごろの出生と考えられている。

堀川家家司となり、正安3年(1301年)に後二条天皇即位すると、天皇の生母である西華門院堀川具守の娘であったことから六位蔵人に任じられる。従五位下左兵衛佐にまで昇進した後、30歳前後に出家遁世するが、その詳細な時期や理由は定かでない。『徒然草』に最初に注目したと言われる正徹の歌論書『正徹物語』以来、後宇多法皇の死を悲しんで発心したとする説もあったが、1324年の法皇崩御のはるか以前、1313年以前には遁世していたことが文書から確認されており、後宇多院崩御を契機とする説は現在では否定されている。法名としては、俗名を音読した兼好(けんこう)を名乗った。

出家した後の兼好の生活については修学院比叡山横川などに籠り仏道修行に励む傍ら和歌に精進した様子などが自著から窺われるがあまり明確ではない。鎌倉には少なくとも2度訪問滞在したことが知られ、鎌倉幕府御家人で後に執権となる金沢貞顕と親しくしている。その時、現在の神奈川県横浜市金沢区上行寺の境内に庵があったと伝えられる。

南北朝時代には、現在の大阪市阿倍野区にある正圓寺付近に移り住み、清貧自適な暮らしを営んでいたとも伝えられる。正圓寺境内東側に「兼好法師の藁打石」と「兼好法師隠棲庵跡」の碑が建っている。

二条為世和歌を学び、為世門下の和歌四天王の一人にも数えられる。その詠歌は『続千載集』・『続後拾遺集』・『風雅集』に計18首が収められている。また、散文で思索や見聞した出来事を記した『徒然草』は、室町時代中期以降、高く評価され、現代においても文体や内容が文学的に評価されているだけでなく、当時の社会風潮などを知るための貴重な史料ともなっている。

室町幕府九州探題である今川貞世(了俊)とも文学を通じて親交があった。また晩年は、当時の足利氏執事高師直に接近したとされる。

没年は、『大日本史料』所引の『諸寺過去帳』収載『法金剛院過去帳』の記載や、17世紀中葉の大和田気求『徒然草古今抄』の記す伝承により、観応元年/正平5年4月8日1350年5月14日)ともされ、また異説として洞院公賢の『園太暦』は観応元年2月15日に兼好が伊賀国名張郡国見山にて死去したとする記事を載せていることからこの日とする説もあったが、これらの日付以降の活動を示す史料が複数指摘され、その中でもっとも遅いものとして1352年8月の『後普光園院殿御百首』奥書に名前がみえることから、現在の通説ではこの年以後と考えられている。なお、生年の弘安6年というのは、観応元年を没年とする伝承の一部に享年を68と記すことからの逆算であるが、特に否定する史料が発見されていないことから、恐らくこの頃の生誕とされている。

ところが、小川剛生が、兼好の父とされる卜部兼顕、兄弟とされる卜部兼雄慈遍らと兼好との血縁関係は同時代史料ではまったく確認できず(兼顕・兼雄・慈遍もまたあかの他人である)、しかも戦国時代吉田兼倶が唱える以前に兼好が神道家の卜部氏の出自であることを述べた者はいない、とし、そもそも、卜部氏は神祇官の家柄以外にも地方の武士にも同姓のものがおり、その中には成功によって官職を得た者もいたことを指摘して、今日通説とされる兼好の系譜や経歴は吉田兼倶による捏造で、実際の兼好は出自も生国も不明、仮に卜部氏であったとしても吉田神社とは無関係とする説を主張した。小川は『正徹物語』に兼好が滝口の武士であったと記していること、金沢貞顕とのつながりから、兼好法師は滝口の武士として朝廷に仕えたりや金沢家の被官を務めたりした経験を持つ武士「卜部兼好」の出家後の姿であると結論づけている[1][2]

逸話[編集]

太平記』巻二十一の艶書(ラブレター)を代筆した話が知られる。足利幕府の執事高師直は、侍従という女房から塩冶高貞(塩谷判官)の妻が美人であると聞いて、急に恋心を起こし侍従に取り持ちを頼むが上手くいかない。いっそう思いを募らせた師直は「兼好とひける能書の遁世者」に艶書の代作をさせ、使者に届けさせる。しかし判官の妻は、その手紙を開けもせず庭に捨ててしまったので、師直は怒って兼好の屋敷への出入りを禁じてしまったのだという。この話は真偽はともかく、江戸時代の『仮名手本忠臣蔵』を代表として芝居や小説などの素材に数多く採り上げられ、兼好の恋の道もわきまえた「粋法師」としてのイメージを形成する上で大きな影響を与えている。

代表歌[編集]

今昔秀歌百選51

  • 代々をへてをさむる家の風なればしばしぞさわぐわかのうらなみ,徒然草,選者:宇野茂彦(中央大學教授)

脚注[編集]

  1. ^ 小川剛生「卜部兼好伝批判-[兼好法師]から[吉田兼好]へ」『国語国文学研究』49号(熊本大学文学部、2014年)
  2. ^ 小川剛生 訳注『徒然草』(KADOKAWA【角川ソフィア文庫】、2015年)「解説」

参考文献[編集]

関連項目[編集]