北海道中央バス西岡営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道中央バス 西岡営業所

北海道中央バス西岡営業所(ほっかいどうちゅうおうバスにしおかえいぎょうしょ)は、北海道中央バス(中央バス)が北海道札幌市豊平区西岡491に設置する、バス事業部(旧・札幌事業部)に属する営業所である。最寄停留所は「西岡4条14丁目」。乗車券発売は定期乗車券の予約取次のみ行う。

歴史[編集]

南郷営業所が管轄する西岡車庫として設置[1]

1998年(平成10年)12月1日に南郷営業所を廃止。西岡車庫に営業所機能を移転し西岡営業所となった。

路線[編集]

豊平区南部、南区方面が中心。一般路線のほか定期観光バスも担当する[2][3]。下記の他、他営業所が主担当の路線を運行する場合や、下記路線を他営業所が運行する場合がある。

札幌市交通局札幌市営地下鉄)との連絡運輸乗継割引)は太字(乗継指定)停留所・駅から、都心発着系統は郊外方面のみ(一部例外あり)、地下鉄駅発着系統は全区間が乗継指定区間となる[4]。乗継割引に関する概要は、北海道中央バス#運賃形態札幌市営地下鉄#乗継割引を参照。

2018年(平成30年)12月1日現在

都心、月寒中央 - 西岡[編集]

西岡3条4丁目 - 西岡4条14丁目間は各系統「西岡3条4丁目 - 札大正門 - 西岡3条8丁目 - 西岡3条11丁目 - 西岡4条14丁目」同経路。

西岡平岸線
西岡美園線
  • 83:札幌駅前 - 北1条 - 南4条(往路)/南3条(復路) - 豊平橋 - 豊平3条8丁目 - 美園3条2丁目 - 美園駅 - 豊平区役所 - 西岡1条3丁目 - 西岡3条4丁目 - 西岡4条14丁目
    • 地下鉄乗継割引は美園から西岡方向に加え、都心方向で白30と重複する美園5条7丁目までも適用。
    • 1994年10月14日、地下鉄東豊線の福住駅延伸に伴い、系統番号を東83から変更、路線名を「西岡線」から改称。
西岡月寒線
  • 月82:月寒中央駅 - 月寒西2条9丁目 - 西岡3条4丁目 - 西岡4条14丁目
    • 1994年10月14日、地下鉄東豊線の福住駅延伸に伴い、起点を札幌駅前から月寒中央駅に短縮。同時に系統番号を東82から変更、路線名を「西岡線」から改称。

都心、福住 - 羊ヶ丘[編集]

羊ヶ丘線
  • 89:札幌駅前 - 北1条 - 南4条 - 中島公園入口 - 幌平橋 - 中の島駅 - 平岸駅・KKR札幌医療センター(往路)/平岸駅(復路) - 豊平区役所 - 西岡1条3丁目 - 西岡3条4丁目 - 福住3条5丁目 - 福住3条9丁目( - 羊ヶ丘展望台
    • 羊ヶ丘展望台は夏期のみ乗り入れ。
    • 1994年10月14日、地下鉄東豊線の福住駅延伸に伴い、系統番号を東89から変更。
  • 福84:福住バスターミナル福住駅 - 福住2条4丁目 - 福住中央通8丁目 - 福住3条9丁目 - 羊ヶ丘展望台
    • 福住駅 - 福住3条9丁目の区間便あり。
    • 1994年10月14日、地下鉄東豊線の福住駅延伸に伴い、起点を札幌駅前から福住駅に短縮。同時に系統番号を東84から変更。

澄川 - 環状線、南平岸、真駒内[編集]

1994年(平成5年)10月14日の札幌市営地下鉄東豊線福住延伸に伴い、都心 - 豊平・月寒・福住方面を運行する中央バスは同区間で約75 % の路線再編を行うこととなり、利用客の地下鉄転移による大幅減収、乗務員余剰などが見込まれた。補償として、札幌市営バスが運行していた本節3路線および札幌市内定期観光バスが札幌市交通局より移管された[5]

下西岡線
西岡環状線
  • 澄73:澄川駅 - 澄川小学校 - 札大南門 - 西岡3条8丁目 - 西岡水源池 - 西岡4条14丁目 - 澄川6条10丁目 - 澄川6条5丁目 - 澄川小学校 - 澄川駅
    • 両方向とも澄川駅 - 西岡4条14丁目の区間便あり。
    • 福住延伸同日より全面譲受[5]。系統番号を環80から澄73に変更。
西岡線
  • 南81:澄川駅 - 澄川小学校 - 札大南門 - 西岡3条8丁目 - 西岡3条11丁目 - 澄川6条10丁目 - 緑ヶ丘 - 上町5丁目 - 真駒内駅
  • 南81:真駒内駅 - 上町5丁目 - 緑ヶ丘 - 澄川南小学校
    • 福住延伸同日より一部譲受し共同運行[5]
    • 1999年2月25日、地下鉄東西線宮の沢駅延伸時のダイヤ改正と同時に、札幌市営バス担当便を全面譲受。
    • 2017年12月1日、豊平清掃事務所系統の澄川南小学校 - 豊平清掃事務所間を廃止[6]

澄川、真駒内 - JR白石、福住、大谷地[編集]

澄川白石線
  • 澄78:澄川駅 - 澄川小学校 - 札大南門 - 西岡3条8丁目 - 札大正門 - 西岡3条4丁目 - 月寒西2条9丁目 - 月寒中央駅 - 栄通7丁目 - 南郷通7丁目南 - 南郷7丁目駅 - アサヒビール園 - 白石本通4丁目 - JR白石駅
    • 1994年10月14日、地下鉄東豊線の福住駅延伸に伴い、東77月白線(月寒ターミナル(1994年10月14日に「月寒営業所」に、2001年12月1日に「月寒東1条19丁目」に改称) - 地下鉄白石駅 - JR白石駅)を廃止、平78平白線(幌平橋・平岸駅 - 月寒中央駅 - 南郷7丁目駅 - JR白石駅)を新設。当時は南郷営業所管轄。
    • 1998年12月1日、南郷営業所廃止に伴い、平岡営業所に転籍。
    • 2001年12月1日、白石営業所に転籍。
    • 2006年12月1日、幌平橋・平岸駅 - 月寒中央駅間を廃止し、澄川駅 - 月寒中央駅間を新設、路線名を澄78澄川白石線に変更。同時に西岡営業所へ転籍。
福住澄川線
  • 福76:澄川駅 - 澄川小学校 - 平岸高校 - 西岡1条5丁目 - 札大南門 - 西岡3条8丁目 - 福住中央通8丁目 - 福住2条4丁目 - 福住バスターミナル(福住駅)
    • 2006年12月1日開設、平日のみで運行開始。
    • 2008年4月1日より土曜・休日の運行開始。
真駒内線

真駒内 - 空沼、滝野、芸術の森、駒岡[編集]

空沼線と滝野線は各系統「真駒内駅 - 真駒内花園 - 石山陸橋 - 石山東6丁目 - 札幌市立大学 - 芸術の森入口」同経路(103は石山陸橋 - 芸術の森入口間)。

空沼線
  • 真101:真駒内駅 - 芸術の森入口 - 常盤小学校 - 常盤 - 空沼二股( - 空沼登山口
    • 空沼登山口は夏期土曜・休日の一部のみ乗り入れ。
    • 夏期のみ運行していた101 都心直通系統(札幌ターミナル - 幌平橋 - 真駒内本町 - 真駒内駅間)は2018年4月1日に廃止され全便真駒内発着となった[8]
滝野線
  • 真102・真108:真駒内駅 - 芸術の森入口 - 常盤小学校 - サンブライト真駒内 - 真駒内滝野霊園(頭大仏前[9]
    • 真102は真駒内 - サンブライト真駒内。真駒内滝野霊園発着便も真102であったが、2018年12月1日より真108に変更。年末年始等の休園期間はサンブライト真駒内発着となる[10]
  • 真106:真駒内駅 - 芸術の森入口 - 常盤小学校 - サンブライト真駒内 - 滝野峠 - 厚別の滝 - すずらん公園東口
    • 真駒内 - 厚別の滝の区間便あり。すずらん公園休園期間は全便厚別の滝発着となる。
    • 2014年12月1日より、厚別の滝・すずらん公園東口発着便の番号が真102から真106へ変更された。
    • 夏期のみ運行していた106 都心直通系統(札幌ターミナル - 幌平橋 - 真駒内本町 - 真駒内駅間)は2018年4月1日に廃止され全便真駒内発着となった[8]
  • 真107:真駒内駅 - 芸術の森入口 - 芸術の森センター
    • 2018年12月1日、系統番号を真102から変更[10]
  • 103:藻岩高校 - 藻南公園 - 川沿10条2丁目 - 石山陸橋 - 芸術の森入口 - 常盤小学校 - サンブライト真駒内
駒岡線
  • 南92:真駒内駅 - 南町3丁目 - 南町7丁目 - 保養センター駒岡 - 駒岡団地 - 開拓記念会館 - 駒岡小学校 - 小島水源地 - 恵開拓記念碑
    • 開拓記念会館 - 恵開拓記念碑間はフリー乗降区間
    • 2000年4月1日、札幌市営バス藻岩営業所より移譲。
    • 2007年4月1日、恵開拓記念碑 - 滝野・すずらん公園東口間を廃止。旧札幌市営バス路線としては初めての廃止区間となった。
    • 2010年12月1日、滝野線から駒岡線に路線名変更

休廃止路線[編集]

札幌支笏湖線
  • 京王プラザホテル - 札幌駅前ターミナル - 南22条橋 - 真駒内駅 - 支笏湖(廃止当時)
    • 旧月寒営業所担当。夏期のみ運行。
    • 2008年度より、起点を札幌駅前ターミナルから京王プラザホテルへ延長、経路一部変更。
    • 2010年度より運行休止。2010年度は代替措置として、支笏湖を経由する定期観光バスを札幌 - 支笏湖のみで利用することが可能になった[11][12]ものの、その後定期観光バスの案内より同区間のみ乗車可能とする扱いは削除されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『北海道中央バス四十年史』北海道中央バス、1984年、181頁。
  2. ^ 札幌地区営業所の担当路線の系統番号”. 北海道中央バス. 2018年12月19日閲覧。
  3. ^ 市内路線バス 路線案内”. 北海道中央バス. 2018年12月19日閲覧。
  4. ^ 札幌市営交通ご利用ガイド (PDF)”. 札幌市交通事業振興公社. pp. 27 - 28. 2018年12月19日閲覧。
  5. ^ a b c d 『北海道中央バス五十年史』北海道中央バス、1996年、120 - 121頁。
  6. ^ 2017年12月1日 冬ダイヤ改正”. 北海道中央バス. 2018年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月19日閲覧。
  7. ^ 平成30年12月1日冬ダイヤ改正(西岡) (PDF)”. 北海道中央バス. 2018年12月19日閲覧。
  8. ^ a b 101空沼線・106滝野線の「札幌ターミナル〜真駒内駅間」廃止について (PDF)”. 北海道中央バス. 2018年12月19日閲覧。
  9. ^ 交通アクセス”. 真駒内滝野霊園. 2018年12月19日閲覧。 特定日に運行する福住からの福87とは停留所位置が異なる。
  10. ^ a b 中央バス時刻表 G (PDF)”. 北海道中央バス. 2018年12月19日閲覧。
  11. ^ [1]
  12. ^ [2]

座標: 北緯42度59分22.17秒 東経141度22分27.18秒 / 北緯42.9894917度 東経141.3742167度 / 42.9894917; 141.3742167