北海道中央バス札幌ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
札幌ターミナル

北海道中央バス札幌ターミナル(ほっかいどうちゅうおうバスさっぽろターミナル)は、北海道札幌市中央区大通東1丁目にある北海道中央バスバスターミナルである。

概要[編集]

元々は国鉄(現在のJR北海道札幌駅南口(札幌市中央区北4条西4丁目)に所在したが、1966年(昭和41年)に現在地に移転開業した[新聞 1]

都市間バスや郊外線など主に長距離路線が発着し、高速いわない号など一部便を除く北海道中央バスの高速バスの大半が当ターミナルに乗り入れる[新聞 1]。開業当初は北海道内最大のバスターミナルであり、多くの高速バスが当ターミナルを始発・終着としていたが、徐々に札幌駅バスターミナルを始発・終着とする便が増えたため、現在は一部の夜行便を除きほぼ途中停車となっている[新聞 1]

歴史[編集]

  • 1956年昭和31年)12月:札幌市中央区北4条西4丁目[注釈 1]にターミナルを開設。
  • 1966年(昭和41年)12月15日:札幌市中央区大通東1丁目(現在地)にターミナルを新築移転。
  • 2006年平成18年)4月:創成川通アンダーパス連続化事業に伴い、11〜13番のりばの仕様を停止。
  • 2010年(平成22年)中旬:11〜13番のりばを降車専用停留所として使用再開。

バスターミナル構造[編集]

待合室

地下1階 - 地上4階建ての鉄筋コンクリート製のビルであり、面積は延べ約6,300 [新聞 1]

  • バスターミナル構内に1〜10番のりばが設置されている。
  • 乗車券の発券は窓口や自動券売機で行い、予約制の長距離路線は専用窓口で取り扱う。
  • 音声アナウンスと電光掲示板による行き先案内が表示される。
  • かつて、バスターミナル西側路上(創成川沿い)には11〜13番のりばが設置されていたが、アンダーパス工事のため2006年(平成18年)4月より使用を停止している。2010年中旬からは降車専用停留所となっている(後述参照)。
  • 地下1階は飲食店街[新聞 1]
  • 1階は窓口、自動券売機売店自動販売機が設置されている。
  • 2階は関連旅行会社のシィービーツアーズやテナントが入居している。

のりば[編集]

のりば

路線は2018年(平成30年)4月1日現在。11〜13番のりばはターミナル外にある。なお、のりばは増発等で変更となる場合がある。詳細経路等はバス会社記事や公式サイトを参照。

1番のりば[編集]

  • 北海道中央バス
    • 90 札江線 江別駅前行(東雁来・世田ヶ谷経由)

2番のりば[編集]

3番のりば[編集]

4番のりば[編集]

5番のりば[編集]

6番のりば[編集]

7番のりば[編集]

  • 北海道中央バス
    • 14 花川南団地線 石狩庁舎前行(麻生駅前・花川3丁目経由)
    • 16 花畔団地線 石狩庁舎前行(麻生駅前・花川5丁目経由)
    • 石狩線 石狩・トーメン団地行(茨戸耕北橋・東茨戸2条1丁目・石狩庁舎経由)
    • 札厚線 道の駅あいろーど厚田行(屯田団地橋・茨戸耕北橋・石狩庁舎・厚田支所経由)

8番のりば[編集]

  • 北海道中央バス
    • 02 屯田線 屯田6条12丁目行(札幌駅北口・北42条東1丁目・屯田団地橋経由)
    • 22 あいの里篠路線 あいの里4条1丁目行(札幌駅前・北45条東8丁目・篠路10条4丁目経由)
    • 28 ひまわり団地線 あいの里4条1丁目行(札幌駅北口・北五番橋・篠路通・ひまわり団地経由)
    • 36 篠路駅前団地線 篠路10条4丁目行(札幌駅前・北45条東8丁目経由)

9番のりば[編集]

  • 増発便・スキーバス・定期観光・貸切等
  • 劇団四季シャトルバス 札幌駅北口行

10番のりば[編集]

  • 貸切・バス停車場等

11〜13番のりば[編集]

  • 北海道中央バス
    • 創75 創成川・白石線 JR白石駅行(月寒東2条1丁目経由)
  • 降車専用

降車[編集]

  • 到着便の降車は、ターミナルビルの西側(創成川通沿い)で行われる。
    • 創成川通アンダーパス連続化事業開始以前は、このターミナルビル西側の停留所は乗車も扱っていた。工事開始に伴い利用が一時休止され、乗車場所はターミナル内に移され、降車場所はターミナル南側に集約された。
    • さらにターミナル南側路上の降車停留所は、創成川通アンダーパス連続化事業の進展と、当ターミナル東隣の劇団四季新劇場建設工事に伴い、再度西側に移設された。
  • 都市間バス札幌駅バスターミナル行き便はターミナルには乗り入れず[新聞 1]、「時計台前」バス停(札幌市民ホール北)で降車を取り扱う。

他社乗り入れ[編集]

定期運行便では、中央バス以外に道内12社が乗り入れる[新聞 1]。この他、貸切・臨時便などで乗り入れる会社も存在する。

その他[編集]

  • 札幌ターミナル発着便は札幌市営地下鉄との乗り継ぎ割引の対象にはならない。

周辺[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 旧ターミナル撤去後は1973年(昭和48年)6月1日札幌東急ホテルが開業したが、2002年(平成14年)12月15日に閉館し、その後解体された。現在は立体駐車場が設置されている。
  2. ^ 夏季・冬季の観光シーズンに小樽運河ターミナルまで延長運転することがある。

新聞記事[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度3分44.6秒 東経141度21分26.2秒 / 北緯43.062389度 東経141.357278度 / 43.062389; 141.357278