北海道中央バス岩内営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩内営業所(岩内ターミナル)

北海道中央バス岩内営業所(ほっかいどうちゅうおうバスいわないえいぎょうしょ)は、北海道中央バス(中央バス)が北海道岩内郡岩内町字万代51-22に設置する営業所。小樽事業部に属し、ニセコバス岩内営業所を併設する。

概要[編集]

1943年(昭和18年)3月1日北海道における旅客自動車運輸事業統合要綱(いわゆる戦時統合)による北海道中央乗合自動車発足時は古宇郡泊村に泊営業所が設置され、1949年(昭和24年)9月1日岩内駅前へ移転し岩内営業所となった。1954年(昭和29年)9月26日洞爺丸台風襲来時に発生した岩内大火で焼失。翌1955年(昭和30年)9月14日の新築落成まで約1年を要した。1987年(昭和62年)10月28日に現在地へ移転している。

かつては事務員・乗務員が配置され、札岩線(高速いわない号)の運行や一般路線の運行、車庫の維持管理を行っていた。現在、一般路線の運行・管理はニセコバスへと委託され、札岩線(高速いわない号)のみ中央バス直営で運行されている。真栄営業所の管轄となっており[1]、札岩線を運行する乗務員・車輌は岩内在勤という形に変更されている。

所管路線[編集]

  • 岩内円山線
    • 岩内ターミナル - 中央通 - 相生タウン - 円山弓道場前 - 森林公園入口(→いわない温泉郷→岩内スキー場→さんさんの湯→)
  • 神恵内線
    • 岩内ターミナル - リヤムナイ - 発足局前 - 大曲分岐点 - 茅沼分岐 - 臼別 - 役場前 - 盃海水浴場 - 商工観光センター前 - 温泉998 - 神恵内入口 - 神恵内役場前 - 大森 - 珊内 - 川白( - 積丹神威岬:夏期のみ)
    • 岩内ターミナル - リヤムナイ - 発足局前 - 大曲分岐点 - 茅沼分岐 - 泊老人ホーム - 臼別 - 泊役場前 - 盃海水浴場 - 商工観光センター前 - 神恵内入口 - 神恵内役場前 - 大森
    • 岩内ターミナル - リヤムナイ - 神社前 - 大曲分岐点 - 茅沼分岐 - 臼別 - 泊役場前 - 盃温泉

主な廃止路線[編集]

  • 小沢線
    • 岩内駅前 - 共和 - 小沢 - 倶知安ターミナル
1978年(昭和53年)4月1日付のダイヤ改正でニセコバス運行に一本化。
  • 岩内黒松内線・岩内長万部線(特急)
1988年(昭和63年)5月1日に岩内黒松内線を開設し、寿都営業所管内をニセコバスに譲渡して以来10年振りに黒松内町市街地へ乗り入れた[2]。さらに同年12月1日より長万部駅前まで延長し岩内長万部線として運行された。1992年(平成4年)12月1日付のダイヤ改正で廃止された。全区間が特急運行で、寿都町市街地には乗り入れていなかった。
  • 雷電線(岩内 - 寿都)・寿都線(急行)
    • 小樽駅前 - 余市駅前 - 仁木役場前 - 岩内ターミナル - 雷電温泉郷 - 磯谷 - 寿都営業所
1994年(平成6年)4月1日付のダイヤ改正でニセコバス運行に一本化。ニセコバスは2008年(平成20年)10月1日に小樽駅前 - 岩内ターミナル間を廃止し雷電線に変更。
  • 岩内線(急行)
    • 小樽駅前 - 余市駅前 - 仁木役場前 - 岩内ターミナル
    • 廃止直後に代替として岩内ターミナル→共和役場前系統を運行したが、それを含め廃止されている。
  • 岩内高校線(スクール)
    • 岩内ターミナル - 岩内高校(冬期間・朝の片道のみ)

岩内ターミナル[編集]

1985年(昭和60年)7月1日国鉄岩内線が廃止され、岩内町が岩内駅跡地にバスターミナルを整備。案内上は岩内ターミナルと呼ばれる。5箇所の頭端式の乗り場があり、待合室、窓口、自動券売機が設置される。中央バス観光商事が運営する売店が入居していたが撤退している。

のりば[編集]

  • 1番のりば
    • ニセコバス雷電線 寿都ターミナル方面
    • 中央バス岩内円山線 いわない温泉郷方面
  • 2番のりば
  • 3番のりば
    • 中央バス神恵内線 盃温泉街・大森・川白・積丹神威岬方面
  • 4番のりば
  • 5番のりば
    • 中央バス高速いわない号降車場
    • 貸切

バスターミナル施設脇に降車専用停留所を設置し、高速いわない号を除く各路線の降車を取り扱う。

岩内営業所管轄の事業所[編集]

  • 相生車庫
    • 北海道岩内郡岩内町字相生106
管理事務所や洗車機、給油機、車庫が設置されている。
構内南側にはニセコバス岩内営業所が併設されており、小沢線の一部などを担当する。寿都ターミナルを傘下に置いている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ザ・ビジネスモール 北海道中央バス真栄営業所岩内ターミナル
  2. ^ 当路線の黒松内停留所は既存の黒松内駅前とは異なり、国保病院付近の北海道道9号寿都黒松内線上に設置されていた。

参考文献[編集]

  • 北海道中央バス五十年史編纂委員会編『北海道中央バス五十年史』(1996年)

座標: 北緯42度59分1.27秒 東経140度30分58.95秒 / 北緯42.9836861度 東経140.5163750度 / 42.9836861; 140.5163750