北海道農業研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道農業研究センター(旧北海道農業試験場)の圃場(1985年)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

北海道農業研究センター(ほっかいどうのうぎょうけんきゅうセンター)は、農業・食品産業技術総合研究機構の研究所の一つである。

概要[編集]

北海道地域に対応する水田作畑作酪農等の大規模生産システムの確立や、冷夏厳冬など低温環境に対する基礎研究を実施する。

沿革[編集]

北海道農業試験場を、国立の農林省北海道農業試験場と、北海道立農業試験場北海道立種畜場北海道立種羊場に分離する。北海道農業試験場に札幌農事改良実験所を併合する。本場は旧来の札幌郡琴似町におき、畜産部を札幌郡豊平町羊ケ丘(旧月寒種畜牧場跡地)におく。隔地研究室を千歳郡恵庭村島松(ばれいしょ)、紋別郡遠軽町(はっか、除虫菊)、美唄市(泥炭地)、紋別郡紋別町(重粘地)、勇払郡安平村早来(火山灰地)、虻田郡喜茂別村(傾斜地)におく。
火山灰地研究室を早来より河西郡大正村(旧北海道農業試験場幸震甜菜試験地)へ移す。
河西郡芽室町に畑作部を設置し、火山灰地研究室を大正村より当地へ移す。
甜菜に関する試験研究を特殊法人てん菜研究所に移管する。
本場に草地開発部を設置する。
傾斜地研究室(喜茂別)を廃止する。
羊ケ丘に北海道農業試験場本場が移転する。本場跡地の一部はその後農試公園となる。
特殊法人てん菜研究所が廃止され、本場にてん菜部を設置する。
麦育種、てんさい育種(以上札幌)、ばれいしょ育種(島松)および遺伝資源利用(遠軽)の各研究室を芽室町の畑作研究センター(旧畑作部)に移す。
行政改革により、独立行政法人 農業技術研究機構 北海道農業研究センターに改組する。
独立行政法人 農業・生物特定産業技術研究機構 北海道農業研究センターとなる。
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センターとなる。
紋別試験地を廃止する。

外部リンク[編集]