南郷7丁目駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南郷7丁目駅
3番出入口
3番出入口
なんごうななちょうめ
Nangō nanachōme
T13 白石 (1.4km)
(1.1km) 南郷13丁目 T15
所在地 札幌市白石区南郷通7丁目南
駅番号 T14
所属事業者 札幌市交通局 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東西線 札幌市営地下鉄東西線
キロ程 14.1km(宮の沢駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
10,001人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1982年(昭和57年)3月21日
テンプレートを表示

南郷7丁目駅(なんごうななちょうめえき)は、北海道札幌市白石区南郷通7丁目南にある、札幌市営地下鉄東西線である。駅番号はT14
札幌市営地下鉄算用数字が入った駅名では、最も小さい数を使用しており、なおかつ、唯一1桁台の数字を使用している駅でもある。

歴史[編集]

駅名について[編集]

計画時の仮称は「南郷駅」だった。しかし駅名決定の際、隣の仮称「本郷駅」(現南郷13丁目駅)との地域的な区別がつけにくいという地元の声を反映して地番に則った現駅名に決定した[要出典]

駅構造[編集]

札幌市営地下鉄で唯一の2面3線の地下駅である。2面の両ホームが中線を挟む形となっている(地下鉄駅としては都営地下鉄新宿線岩本町駅大島駅などに同様の例がある)。2面3線ホームがこの駅の象徴とされており、かつては駅スタンプのデザインも「3線ホーム」となっていた(現在は防災センターに変更されている)。

ホーム番号の振り方が変則的であり、北側の本線が1番で新さっぽろ方面行、南側の本線が2番で宮の沢方面行となっている。中線は両方のホームに面しており、新さっぽろ方面のホームが3番、宮の沢方面のホームが4番ホームとなっている。ただし3番ホームは、可動式ホーム柵の設置に関連して現在使用が停止されている(後述)。

のりば

1 札幌市営地下鉄東西線 東西線 新さっぽろ方面
2 大通宮の沢方面
3 (使用停止)
4 札幌市営地下鉄東西線 東西線 大通宮の沢方面(当駅始発)


可動式ホーム柵の先行設置[編集]

  • 東西線での可動式ホーム柵の稼働・ワンマン運転に先駆け、当駅の4番ホームに機器のテストや訓練の為に可動式ホーム柵が先行設置されることとなった[2]。当初は2008年4月の利用開始が予定していた[2]ものの延期され[3]、同年5月31日より利用を開始した[4]

利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2014年度の一日平均乗車人員は10,001人であった。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 9,232 [5]
2009年 8,975 [5]
2010年 9,015 [5]
2011年 9,157 [5]
2012年 9,385 [5]
2013年 9,719 [5]
2014年 10,001 [6]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

南郷7丁目バスターミナル

路線は2016年4月1日現在。「南郷7丁目バスターミナル」の他、路上停留所から発着する[7]。3番のりばはバスターミナル内にあり降車専用となっている。すべての路線が北海道中央バス

バスターミナル発着路線[編集]

路上停留所発着路線[編集]

  • 5番のりば(1番出入口 南郷通側)[7]
    • 72 本郷通13丁目行

その他[編集]

  • 駅スタンプは南郷7丁目駅のイニシャルNの中に札幌市民防災センターが描かれている[8]

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
札幌市営地下鉄東西線 東西線
白石駅 (T13) - 南郷7丁目駅 (T14) - 南郷13丁目駅 (T15)

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]