東札幌駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東札幌駅
1番出入口
1番出入口
ひがしさっぽろ
Higashi Sapporo
T11 菊水 (1.2km)
(1.1km) 白石 T13
所在地 札幌市白石区東札幌2条2丁目
駅番号 T12
所属事業者 札幌市交通局 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東西線 札幌市営地下鉄東西線
キロ程 11.6km(宮の沢起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
9,792人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1976年(昭和51年)6月10日
テンプレートを表示

東札幌駅(ひがしさっぽろえき)は、北海道札幌市白石区東札幌2条2丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT12

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームである。出口は2ヶ所あるが方面別に改札が異なるので注意が必要で、北側1番出口から大通・宮の沢方面、もしくは2番出口から大谷地・新さっぽろ方面に向かう場合は一度改札を通った後に地下の連絡横断通路を経由して反対ホームに向かう必要がある。

コインロッカーAED・及び一般のトイレはいずれも1番ホーム側に、身障者用トイレは2番ホーム側に設置されている。

2011年8月現在、エレベーターは2番ホーム側に加え、新たに1番ホーム側にも設置された[2]

のりば
1 札幌市営地下鉄東西線 東西線 白石新さっぽろ方面
2 大通宮の沢方面


利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2014年度の一日平均乗車人員は9,792人であった。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 8,575 [3]
2009年 8,823 [3]
2010年 8,865 [4]
2011年 8,915 [4]
2012年 9,174 [4]
2013年 9,535 [4]
2014年 9,792 [4]

駅周辺[編集]

南郷通に面しており、中規模の商業地域である。すぐそばにイオン、少し離れたところにマックスバリュスーパーアークスがあり競争が激しい。

アリオ札幌への無料送迎バスがあったが2015年2月28日に廃止された[5]

その他[編集]

  • 札幌市営地下鉄の駅で唯一「札幌」を漢字で表記している駅である(さっぽろ駅新さっぽろ駅はJRの駅と別であることを表すためひらがな表記)。
  • 駅スタンプは東札幌駅のイニシャルHの中に札幌コンベンションセンターが描かれている[6]

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
札幌市営地下鉄東西線 東西線
菊水駅 (T11) - 東札幌駅 (T12) - 白石駅 (T13)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホームドアの設置状況>札幌市東西線国土交通省 2016年1月21日閲覧
  2. ^ 平成21年度第3回定例会(札幌市議会)において予算が計上されたこと、質疑の中で「地権者とダイエー東札幌店の協力が得られた」と、設置に向けた準備が進められていた(広報さっぽろ11月号に掲載)。
  3. ^ a b >地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)
  4. ^ a b c d e 年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  5. ^ アリオ札幌 無料送迎バス廃止のご案内 (PDF) - アリオ札幌、2016年1月26日閲覧
  6. ^ 地下鉄駅情報(東西線) - 札幌市交通事業振興公社、2016年1月26日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]