信砂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信砂駅
信砂駅(2016年10月)
信砂駅(2016年10月)
のぶしゃ
Nobusha
阿分 (2.7km)
(0.8km) 舎熊
所在地 北海道増毛郡増毛町大字舎熊村字信砂
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 留萌本線
キロ程 60.2km(深川起点)
電報略号 ノフ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1963年昭和38年)12月1日
廃止年月日 2016年平成28年)12月5日
備考 無人駅
路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

信砂駅(のぶしゃえき)は、北海道留萌振興局増毛郡増毛町大字舎熊村字信砂にかつて存在した北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線である。電報略号ノフ

隣の舎熊駅との駅間距離は0.8 kmで、留萌本線の留萌駅 - 増毛駅間が廃止される時点では北海道内最短である[新聞 1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の北西側(増毛方面に向かって右手側)に存在する[3]転轍機を持たない棒線駅となっている[2]

仮乗降場に出自を持つ開業時からの無人駅[4]で駅舎は無いが、ホーム北側出入口附近に待合所を有する[3]。工事現場用のプレハブの建物で[3]、移設時に新築された[3]。トイレは無い[3]。ホームは移設後も木製デッキ式で[3]、有効長は車輌1両分である[2]。床面に黄色い誘導ブロックが貼られている[3]

1993年(平成5年)2月に附近の信砂川河川改修工事に伴い、42m増毛方に移設された[2]。移設前の駅は、ホームは線路の南東側(増毛方面に向かって左手側)に存在し、駅舎は無くホーム南側出入口附近に阿分駅と同型の待合所を有していた[2]。ホームは増毛方にスロープを有し[2]駅施設外に連絡していた。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ヌプサペッ」(野を流れる川)[5]、また「ヌプ・サ」(原野・浜)の転訛した「ヌプシャ」など、由来には諸説ある。松浦武四郎の日記にも「ノブシャ」と記載されている地である[3]

利用状況[編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は24人[2]

駅周辺[編集]

農村の集落がある。農耕地が広がっているが、民家や商店もある[3]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
留萌本線
阿分駅 - 信砂駅 - 舎熊駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

報道発表資料[編集]

  1. ^ “留萌線(留萌・増毛間)の鉄道事業廃止届の提出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年4月28日), オリジナル2016年4月29日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160429052355/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160428-3.pdf 2016年4月29日閲覧。 
  2. ^ “留萌線(留萌・増毛間)の廃止日繰上げの届出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年6月29日), オリジナル2016年7月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160701083826/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160628-1.pdf 2016年7月1日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ 堀雅晴 (2016年11月5日). “留萌線・留萌―増毛廃止まで1カ月 95年の歴史記憶に” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道北) (北海道新聞社). オリジナル2016年11月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161105011420/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0334650.html 2016年11月5日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]