佐田介石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐田 介石(さた かいせき、文政元年4月8日1818年5月12日)- 明治15年(1882年12月9日)は、肥後国出身の幕末から明治初頭にかけての浄土真宗本願寺派(晩年は天台宗)の僧侶攘夷運動梵暦運動の指導者。号は等象斎。

人物[編集]

肥後国八代郡種山村(現在の熊本県八代市)の浄立寺住職・広瀬慈博の子に生まれる。幼名は観霊。後に同国飽田郡正泉寺住職であった佐田氏の養子となる。少年時代は熊本藩藩校儒学を学び、18歳のとき学問修行として京都に出て、本願寺派やその他の教学を修学した。

地動説は翻訳された蘭書を通じて江戸時代末期の知識人のあいだでは定着していたが、仏教の宇宙観に立つ人びとはこれに反発し一派を形成した[1]。十余年に及ぶ修行の中、介石は仏教的天動説である須弥山説を唱える普門律師圓通に師事する[1]。『等象斎介石上人略伝』によれば、介石が須弥山説の研究に着手したのは30歳頃のことである。

その後、介石は故郷に戻り自ら仏教天文学の研究に勤しんだ。 1863年文久3年)、45歳の介石は最初の天文関係の著作『鎚地球説略』を著す。その後明治時代に入って『視実等象儀記』(1877年)『視実等象論儀詳説』(1880年)を通じて「視実等象論」という、須弥山説を超えた独自の地動説を主張した[1]。これは見かけの天体(視象天)と実際の天体(実象天)には区別があり、その格差には一定の法則がある。すなわちそれが垂孤の法則(天は本来平面であるが、見た目には観察者の頭上を中心に東西南北に垂れ下がり、あたかも半円のように見える)と縮象の法則(頭上に近いあたりは広く、地面に近いあたりは狭く見える錯覚を起こす)という主張である。そして発明家として著名な田中久重に依頼して視実等象論の宇宙を実体化した「視実等象儀」を制作し、自己の思想を広めようとした。

介石は幕府や明治新政府に対して経済・外交・科学といったさまざまな分野の建白書をたびたび提出し、変動する時代への問題意識を開陳した[1]。 政治面においては、幕府が進める長州征伐に反対してこれを止めるように意見書を出す一方で、興正寺門跡を擁して長州藩に赴き、幕府との和議を斡旋した。 明治に入ってからも『栽培経済論』を表して文明開化を強く批判して農本主義鎖国体制の堅持・国産品推奨を主張した。これらの主張は経済の実情を分析した上での理論展開がなされていたが、次第に「ランプ亡国論」・「鉄道亡国論」・「牛乳大害論」・「蝙蝠傘四害論」・「太陽暦排斥論」・「簿記印記無用論」など国産品推奨・外国製品排斥を主張するものとなっていった。

また、天文学においては『星学疑問』(1874年)、『天地論征論』(1881年)を著して西洋天文学と徹底的に対決した。このような言動に対して明治政府は神道国教化政策の障害になることを危惧して1876年に「須弥山」説の禁止を命じた。

だが、その後も介石は積極的に活動を続け、この頃、天台宗の僧侶であった唯我紹舜の門人となって浅草新堀にある本光院の住職を任されている。 1881年には国産品愛用の結社を作り、傘やランプなどの国産代用品の開発、全国各地の遊説などを行った。長野県では説教中に「政体を罵言」したかどで警察に拘引されている[1]。 1882年新潟県高田(現在の上越市)で講演中に急死。本願寺派門主明如は介石が生前に同派を離脱したにも拘らずその人柄を慕って「嘯月院」という諡号を授け、漢方医浅田宗伯浅草寺に建てられた墓の碑文を書くなどして、その一途な生き様を偲んだという。

評価[編集]

介石は同時代の人びとに奇人として知られていたが、三宅雪嶺がその死に接して記したように、経済に関して一定の見識を持つ人物とも評価されていた[1]。介石の死後その事績は半ば忘れ去られていたが、日本が外交的に閉塞した昭和初期に、本庄栄治郎浅野研真といった人びとが、介石の思想と運動を先取的なものとして再評価した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 奥 1993, pp. 120-158.

参考文献[編集]

  • 佐田介石『鎚地球説略』(発行元不詳、文久2年国立国会図書館所蔵)
  • 長山靖生『奇想科学の冒険―近代日本を騒がせた夢想家たち』(平凡社新書、2007年)ISBN 978-4582853797
  • 仁藤巨寛編『等象斎介石上人略伝』(耕文社、明治16年国立国会図書館所蔵)-門人による伝記
  • 奥武則『文明開化と民衆:近代日本精神史断章』新評論、1993年。ISBN 4794801963

関連項目[編集]

外部リンク[編集]