下野ヒトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下野ヒトシ
出生名 下野 人司
別名 Hitoshi Shimono
生誕 (1971-12-06) 1971年12月6日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
劇伴
職業 ミュージシャン
ベーシスト
キーボーディスト
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
キーボード
プログラミング
活動期間 1994年 -
公式サイト 下野ヒトシ Official Site

下野ヒトシ(しものヒトシ、1971年12月6日 - )は、日本ベーシストキーボーディスト作曲家編曲家音楽プロデューサー。本名は下野 人司東京都出身。

来歴[編集]

ロシア留学の経験があるプロピアニストの母を持ち、下野も6歳の頃からクラシックピアノを習う。14歳からはベースを始め、高校でもエレキベースに打ち込んだ。

大学はアメリカバークリー音楽院を受験するも、書類選考で不合格となる。下野は渡米し、ベース担当主任教授に直談判。その場でベースを演奏し合格となった。大学時代の友人に、マーク・デルコア宮崎隆睦、鈴木正人(リトルクリーチャーズ)がいる。

帰国後はベーシストのみならず、作編曲家、プロデューサーとしての頭角を現し、倖田來未JUJUへの楽曲提供や、佐藤竹善mihimaru GT、Soffet等のアーティストのプロデュース、鈴木雅之、中西圭三、松下奈緒、岩崎宏美等日本を代表するアーティストの編曲を担当する。更に指揮者[1]など幅広い音楽活動を行っている。 また、1998年にリットーミュージックより発売した「スラップベースの常套句」が爆発的なヒットをし、日本を代表するスラップベース奏者となる。


使用楽器はムーン。同メーカーより「下野ヒトシ モデル」を発売している。白のベースがトレードマーク。ウッドベースも弾く。

ベーシストとしては、Sing Like Talking、ゴスペラーズ、上妻宏光、平原綾香、Steve Bailey、David T. Walker等様々なアーティストをサポート。

作編曲家、プロデューサーとしては、倖田來未、JUJUへの楽曲提供、佐藤竹善、鈴木雅之、中西圭三、mihimaru GT、Soffet、松下奈緒等数多くの著名アーティストの編曲、サウンドプロデュースを手がけている。


2010年より自己のソロプロジェクト「Teatro Raffinato(テアトロ・ラッフィナート)」を手がけている。音楽性はジャズ、映画音楽系で管弦楽も用いられる。同プロジェクトでは様々なアーティストとのコラボが行われ話題となっている。

常にアグレッシブでオリジナルティある活動は、宇野亜喜良(イラストレーター)、ハービー・山口(写真家)といった日本を代表するクリエイターからも愛され、海外を視野に入れた次なる展開が期待されているマルチミュージッククリエイターである。

テアトロ・ラッフィナートのセカンドアルバム「equals beauty」では新進気鋭の映画監督、廣原暁とのコラボによる短編映画「小さな思い出」の音楽を作編曲を担当。また、この作品は、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014」 のミュージックショート部門にノミネートされる。


企業のイメージ楽曲、CM曲、バレーボールリーグ(Vリーグ)、WOWOWスポーツ番組、ラジオ番組のテーマソング等の制作にも携わる。

2015年4月からは福岡cross fmの番組「K's Wave」のテーマ曲及びジングル制作を担当。

2018年リリースのVリーグテーマソングはThe ALFEEの高見沢俊彦との共演で話題になる。曲名は「Black or White」。


海外アーティトとの共演も多く、ジャパンツアーにおいてベーシスト、ミュージックディレクターとして参加。

マシュー・モリソン:海外ドラマ「glee/グリー」で先生役、ブロードウェイミュージカルスターとして知られる。

ジョン・オーウェン=ジョーンズ:『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン、『オペラ座の怪人』ではファントム役を務めるなどミュージカル界のトップスターとして活躍する。

ジョン・ヨンファ:韓国人アーティスト。CNBLUEのヴォーカル。


2018年にアジアで初演を迎えた「ディズニーブロードウェイヒッツ」ではディズニーオリジナルキャストを迎えバンドマスターとベースを担当する。

2018年より鈴木雅之のツアーメンバーとして参加。2019年リリースの鈴木雅之のアルバム「Funky Flag」に収録された「Turn off the light」の編曲も手がけている。


ディスコグラフィ[編集]

下野ヒトシ[注 1]のディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 3
シングル 1
映像作品 2
参加作品 2

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2013年1月19日 View To The Top/The Voice Of Glory CD VQMR-3005

オリジナルアルバム[編集]

Teatro Raffinato
発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2011年12月19日 La Partenza CD VQMR-3004
2nd 2013年6月8日 equals beauty CD VQMR-3006
3rd 2017年8月30日 Page One CD VRCL-10136

映像作品[編集]

  • 『スラップ・ベースの常套句』
  • 『極上テクニックをDVDで学ぶ 下野ヒトシ/スラップ・ベース・テクニカル・メソッド』

提供楽曲[編集]

主なレコーディング参加アーティスト[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Teatro Raffinato名義を含む。

出典[編集]

  1. ^ 公式サイト. “The Road To The Conductor”. 2013年1月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 月刊リベラルタイム 2013年1月号 70-71ページ
  • 月刊Songsにて連載

外部リンク[編集]