三角分布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

確率論および統計学において、三角分布(さんかくぶんぷ、triangular distribution)とは、区間 [a, b]において次の確率密度関数を持った連続確率分布である。

ここで、パラメータ a最小値b最大値c最頻値(mode)である。

三角分布の累積分布関数は、

三角分布の平均 E(X) および分散 V(X) は、

関連項目[編集]