三塊セキ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「三塊厝駅」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
三塊厝駅
修復作業中の駅舎
修復作業中の駅舎
三塊厝車站
サンクヮイツゥオ
Sankuaicuo
所在地 台湾高雄市三民区鳳北里三徳西街90巷8号
所属事業者 台湾鉄路管理局台湾鉄路管理局
等級 三等駅
電報略号 ㄙㄎㄘ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線(屏東線廃止時)
2面2線(縦貫線再開業時)
開業年月日 1908年2月1日
2018年8月予定(再開業)
廃止年月日 1986年9月26日
乗入路線
所属路線 縦貫線
キロ程 188.4km(彰化起点)
399.3*km(基隆起点)
鼓山 (1.0km)
(0.8km) 高雄
所属路線 屏東線(旧線)
キロ程 2.6km(高雄港起点)
寿山 (0.6km)
(1.3km) 高雄
備考 * - キロ程は台中線(山線)経由で計算。
テンプレートを表示
三塊厝駅
各種表記
繁体字 三塊厝車站
簡体字 三块厝车站
拼音 Sān kuài cuò Chēzhàn
通用拼音 San kuài cuò Chējhàn
注音符号 ㄙㄢ ㄎㄨㄞˋ ㄘㄨㄛˋ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: サンクヮイツゥオ チャーヂャン
台湾語白話字 Sam-tè-tshù Tshia-tsâm
日本語漢音読み さんかいせきえき
英文 Sankuaicuo Station
テンプレートを表示
三塊厝駅
Sankuaicuo Railroad Station
中華民国(台湾)文化資産
三塊厝車站.JPG
廃止後の駅舎修復前
登録名称 三塊厝火車站
種類
等級 直轄市定古蹟
古蹟登録
公告時期
2004年4月9日
位置 台湾
高雄市三民区三徳西街90巷底
建設年代 大日本帝国の旗明治41年(1908年
開放年代 修復中
材質 木造
高雄駅付近鉄道路線位置図

三塊厝駅(サンクヮイツゥオえき、さんかいせきえき)[1])は、高雄市三民区[2]にあった台湾鉄路管理局屏東線(及び縦貫線)の廃駅)である。高雄市の古蹟に指定されている。

駅構造[編集]

駅階層(地下化後)[編集]

地上 出入口 身障者用エレベーター駅出口
地下
一階
コンコース層 身障者用エレベーターコンコース、窓口、自動券売機改札口
トイレ
地下
二階
身障者用エレベーター相対式ホーム、左側のドアが開く
2番線 西部幹線 高雄屏東潮州方面(高雄駅)
1番線 西部幹線 台南嘉義斗六方面鼓山駅
身障者用エレベーター相対式ホーム、左側のドアが開く

保存状況[編集]

  • 木造駅舎と撤去されていない線路が残る。駅舎は高雄市内に唯一残る日本統治時代の木造駅舎である。廃止、古蹟登録された木造駅舎は修復のうえで地下駅として再開業時に地上出口として再利用される[3]

利用状況[編集]

  • 今日の高雄駅が出来る前の日本統治時代には、三塊厝駅は高雄中学校(今日の高雄市立高雄高級中学)の生徒や教師及び付近住民の主要な門戸であった。
  • 後に高雄駅が港から現在の場所に移転すると、本駅は(新高雄駅と)近過ぎる為に利用客が大幅に減少し廃止の運命となった。
  • 旅客輸送は屏東線のみで扱い、縱貫線列車は停車せず、ホームも無かった。
  • 高雄市街鉄道地下化計画及び台鉄捷運化によって縱貫線の旅客駅として復活する予定がある。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
縦貫線(ホーム無し/駅新設中)
鼓山駅 - 三塊厝駅 - 高雄駅
屏東線(高雄港 - 高雄間の専用路線は廃線
高雄港駅 - 寿山駅 - 三塊厝駅 - 高雄駅

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]