ヴァイオレット・エヴァーガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
ジャンル ファンタジー群像劇
小説
著者 暁佳奈
イラスト 高瀬亜貴子
出版社 京都アニメーション
レーベル KAエスマ文庫
刊行期間 2015年12月 - 2016年12月
巻数 全2巻
アニメ
原作 暁佳奈
監督 石立太一
シリーズ構成 吉田玲子
キャラクターデザイン 高瀬亜貴子
音楽 Evan Call
アニメーション制作 京都アニメーション
製作 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
製作委員会
放送局 ABCTOKYO MXほか
放送期間 2018年1月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル 文学アニメ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本ライトノベルイラスト高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫より刊行された。「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群像劇。第5回京都アニメーション大賞大賞受賞作[注 1]

ストーリー[編集]

四年間にわたる大戦が終わったテルシス大陸。戦場で「武器」と呼ばれていた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、自動手記人形としてCH郵便社で働きはじめる。ヴァイオレットには、戦場で誰よりも大切な人から聞いた忘れられない言葉があった。それを理解できなかった彼女は、仕事を通じて人と触れ合い、言葉の意味を探す。[1]

登場人物[編集]

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
- 石川由依[2]
本作の主人公。CH郵便社に務める新人の自動手記人形の少女。過去に受け取ったギルベルトからの「とある言葉」の意味を知りたがっている。
クラウディア・ホッジンズ
- 子安武人[2]
以前は、ギルベルトが所属しているライデンシャフトリヒ国の陸軍に所属していた。今でもその当時からの交友関係があり、お互い友人と言える間柄。ヴァイオレット達が働いているCH郵便社の社長。
ギルベルト・ブーゲンビリア
- 浪川大輔[2]
以前、ホッジンズが所属していたライデンシャフトリヒ国に陸軍少佐として現役で所属している。
カトレア・ボードレール
- 遠藤綾[2]
ヴァイオレットと共にCH郵便社に務めている、指名の絶えない看板ドール。
ベネディクト・ブルー
- 内山昂輝[2]
ヴァイオレットやカトレアと共にCH郵便社に務めている配達員の青年。
エリカ・ブラウン
- 茅原実里[2]
ヴァイオレット達と共にCH郵便社に務めている自動手記人形。アイリスより少し先輩。依頼主とのやりとりを苦手としている。
アイリス・カナリー
- 戸松遥[2]
ヴァイオレット達と共にCH郵便社に務めている。彼女らと同じく自動手記人形。働く女性に憧れがある。

用語[編集]

自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)
機械人形の権威であるオーランド博士が視力を失った妻のために作った機械人形。人の肉声を文字に書き起こすことができる。人形を安価に貸し出す機関もあらわれ、普及した。また、人形のように代筆業を行う人間も「自動手記人形」と呼ばれている[3]

既刊[編集]

暁佳奈(著者)・高瀬亜貴子(イラスト) 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』KAエスマ文庫(京都アニメーション)、全2巻

テレビアニメ[編集]

2018年1月からABCTOKYO MXテレビ愛知北海道テレビBS11にて放送予定[4][1]。また、Netflixによって[4]世界各国で配信予定[1]。2017年7月2日にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたAnime Expo 2017にて、第1話のワールドプレミア上映が行われた[1]。キャッチコピーは「想いを綴る、愛を知るために。[5]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Sincerely」[2][7]
作詞 - 唐沢美帆 / 作曲 - 堀江晶太 / 編曲 - 堀江晶太、Evan Call / 歌 - TRUE
エンディングテーマ「みちしるべ」[8]
作詞・歌 - 茅原実里 / 作曲・編曲 - 菊田大介

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[4]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2018年1月11日 - 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
木曜 2:05 - 2:35(水曜深夜) テレビ愛知 愛知県
木曜 2:15 - 2:45(水曜深夜) 朝日放送 近畿広域圏 水曜アニメ〈水もん〉』第1部
2018年1月12日 - 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年1月14日 - 日曜 2:30 - 3:00(土曜深夜) 北海道テレビ 北海道
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[4]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年1月- 配信時間未定 Netflix
全世界 インターネット / 放送期間および放送時間[4]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年春- 配信時間未定 Netflix

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本作は京都アニメーション大賞史上初の大賞受賞作である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Anime Expo 2017でワールドプレミア開催”. PONY CANYON NEWS (2017年7月3日). 2017年7月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Staff&Cast”. 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト. 2017年10月23日閲覧。
  3. ^ 第一章試し読み(2/2)”. 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト KAエスマ文庫. 2017年7月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e OnAir”. 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト (2017年9月1日). 2017年12月9日閲覧。
  5. ^ 公式PVと公式アニメサイトから
  6. ^ Introduction” (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  7. ^ Music” (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  8. ^ TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ED主題歌を担当!”. Minori Chihara Official Website (2017年10月21日). 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]