池田晶子 (アニメーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけだ しょうこ
池田 晶子
本名 寺脇 晶子(てらわき しょうこ)[1]
生年月日 (1975-06-18) 1975年6月18日
没年月日 (2019-07-18) 2019年7月18日(44歳没)
出生地 日本の旗 日本
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
活動期間 1990年代後半 -2019年
主な作品

キャラクターデザイン総作画監督

涼宮ハルヒの憂鬱
響け! ユーフォニアム』シリーズ
涼宮ハルヒの消失
劇場版 響け!ユーフォニアム』シリーズ
テンプレートを表示

池田 晶子(いけだ しょうこ、1975年6月18日 - 2019年7月18日)は、日本女性アニメーターキャラクターデザイナー京都アニメーション取締役。2児の母[2]

来歴[編集]

代々木アニメーション学院大阪校アニメーター科卒業[3][4]後、1996年に京都アニメーション入社。

ドラえもん』の動画が初仕事。『犬夜叉』の第3話「骨喰いの井戸からただいまっ!」で初の作画監督を務めてその仕事ぶりが注目された。2006年涼宮ハルヒの憂鬱』で初のキャラクターデザイン・総作画監督を務める。2015年より『響け! ユーフォニアム』や『劇場版 響け!ユーフォニアム』でキャラクターデザイン・総作画監督を担当、60人以上のキャラクターを描き分けるなど、本編の質の高さの維持に貢献した。

2019年7月18日に発生した京都アニメーション放火殺人事件の後、1カ月以上安否が報道されていなかったが、8月27日に事件により死去していた事が遺族の了承と共に公表された[2][5]。44歳没。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • 京都アニメーションCM「空」編(2010年)キャラクターデザイン
  • 京都アニメーションCM「あじさい」編(2011年)キャラクターデザイン・絵コンテ・演出・作画監督

出典[編集]

  1. ^ “京アニ放火事件で残る25人の犠牲者氏名、京都府警が明らかに”. 京都新聞. (2019年8月27日). https://s.kyoto-np.jp/politics/article/20190827000069 2019年8月27日閲覧。 
  2. ^ a b 池田晶子さん「ハルヒ」「ユーフォ」担当 京アニ全犠牲者公表”. 京都新聞社 (2019年8月27日). 2019年12月1日閲覧。
  3. ^ アニメディア スクール特集 2015 WINTER”. 超!アニメディア. アニメディア スクール特集. 学研プラス (2016年1月26日). 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月26日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞2019年8月28日朝刊14新版29面
  5. ^ 京アニ被害25人新たに公表 摘まれた…若い芽”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. p. 2 (2019年8月28日). 2019年9月16日閲覧。 “※日刊スポーツでは今回の事件について、遺族の方々のお気持ちを鑑み、匿名を希望される方の実名は伏せて報じています。”

外部リンク[編集]

関連項目[編集]