池田晶子 (アニメーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけだ しょうこ
池田 晶子
本名 寺脇 晶子(てらわき しょうこ)[1]
生年月日 (1975-06-18) 1975年6月18日
没年月日 (2019-07-18) 2019年7月18日(44歳没)
出生地 日本の旗 日本
死没地 日本の旗 日本 京都府京都市伏見区
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
活動期間 1996年 - 2019年
主な作品

キャラクターデザイン総作画監督

涼宮ハルヒの憂鬱
響け! ユーフォニアム』シリーズ
涼宮ハルヒの消失
劇場版 響け!ユーフォニアム』シリーズ
テンプレートを表示

池田 晶子(いけだ しょうこ、1975年6月18日 - 2019年7月18日)は、日本女性アニメーターキャラクターデザイナー京都アニメーション取締役。2児の母[1]。子会社Doに所属する池田和美との血縁関係はない。

来歴[編集]

代々木アニメーション学院大阪校アニメーター科卒業[2][3]後、1996年に京都アニメーション入社。

ドラえもん』の動画が初仕事。『犬夜叉』の第3話「骨喰いの井戸からただいまっ!」で初の作画監督を務め、その原画がアニメ専門誌の特集ページでは大々的に取り上げられるほどに好評だった[4]2006年涼宮ハルヒの憂鬱』で初のキャラクターデザイン・総作画監督を務める。2015年より『響け! ユーフォニアム』や『劇場版 響け!ユーフォニアム』でキャラクターデザイン・総作画監督を担当、60人以上のキャラクターを描き分けるなど、本編の質の高さの維持に貢献した。

2019年7月18日に京都アニメーション放火殺人事件が発生した後、1カ月以上安否が明かされていなかったが、8月27日になって事件により死去していたことが、遺族の了承と共に京都府警察によって公表された[1][5]。遺体は2階で発見された[6]。44歳没。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • 京都アニメーションCM「空」編(2010年)キャラクターデザイン
  • 京都アニメーションCM「あじさい」編(2011年)キャラクターデザイン・絵コンテ・演出・作画監督

逸話[編集]

  • 作画監督を務めた際には、作品の全カットに手を加え、線1本まで修正する念の入れようで、休日出勤も厭わなかった[1]
  • 昼休みは、他部署に足を運び、気軽に話し掛けて場を和ませていた[1]
  • ある年の入社式に、新入社員に対し「アニメの仕事を思い出にしないでほしい。私は、職業を聞かれて、『アニメ制作』と誇って言える仕事をしたい」と語りかけた[7]
  • ファッション雑誌に掲載された女性モデルのスケッチをする、同僚が描いた原画を密かにコピーして研究する、知人にモデルを頼んでデッサンの練習をするなど、自己研鑽を続けた[4]
  • 山本寛は池田について「華のある絵を描く人」「姉御肌で、(「涼宮ハルヒの憂鬱」のメインヒロインである)ハルヒのキャラクターは見事にイコールだった」と印象を述べた[4]。池田自身もハルヒについて「まるで自分のことのようだ」と思ったと語っている[7]
  • 宝塚歌劇団のミュージカル「エリザベート」を好み、会社の忘年会で同僚とパロディを演じたことがある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 思春期のみずみずしい感情表現 確立」『京都新聞』京都新聞社、2019年8月28日、朝刊17版、30面。2019年12月1日閲覧。
  2. ^ アニメディア スクール特集 2015 WINTER”. 超!アニメディア. アニメディア スクール特集. 学研プラス (2016年1月26日). 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月26日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞2019年8月28日朝刊14新版29面
  4. ^ a b c d エンドロールの輝き 努力家の「キャラデザイン」池田晶子さん」『京都新聞』京都新聞社、2020年7月16日、17版朝刊、1面。2020年8月4日閲覧。
  5. ^ 京アニ被害25人新たに公表 摘まれた…若い芽」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年8月28日、2面。2019年9月16日閲覧。「※日刊スポーツでは今回の事件について、遺族の方々のお気持ちを鑑み、匿名を希望される方の実名は伏せて報じています。」
  6. ^ 「あとわずか 扉や窓目前で」『京都新聞』京都新聞社、2020年7月17日、17版朝刊、8面。
  7. ^ a b 読売新聞2019年8月28日朝刊13S版33面

外部リンク[編集]

関連項目[編集]