この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木上益治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きがみ よしじ
木上 益治
本名 木上 益治
別名義 多田 文雄
多田 文男
三好 一郎
梅庵
生年月日 (1957-12-28) 1957年12月28日
没年月日 (2019-07-18) 2019年7月18日(61歳没)
出生地 大阪府
職業 アニメーション監督
アニメーション演出家
活動期間 1979年 - 2019年
主な作品

監督

週刊ストーリーランド
フルメタル・パニック?ふもっふ
らき☆すた
空を見上げる少女の瞳に映る世界
ドラえもん のび太と翼の勇者たち
天上人とアクト人最後の戦い
バジャのスタジオ
テンプレートを表示

木上 益治(きがみ よしじ、1957年(昭和32年)12月28日 - 2019年(令和元年)7月18日)は日本アニメーターアニメーション演出家アニメーション監督京都アニメーション取締役大阪府出身[1][2]

来歴

小さな頃、ディズニー作品手塚アニメを見てアニメーションを志す[1][2]

2年間働いて学費を貯め、東京都内のデザインの専門学校に入学[3]。1979年に新入社員としてシンエイ動画に就職、入社から僅か2年ほどで『怪物くん』シリーズの作画監督を務めた[4]

アニメーターになってからはシンエイ動画、あにまる屋(現:エクラアニマル)を経て、1990年代初めより京都アニメーションに所属[2]、同社取締役。

アニメーターとしては多田文雄(多田文男)、演出家としては三好一郎梅庵の別名を持ち、京都アニメーション制作またはグロス請けのTVアニメ作品では別名義を使う傾向がある。ただし、本人及び社員はあくまで「お友達(同僚)」ということになっている[5]ヘッドフォンサザンオールスターズを聴きながら鉛筆を走らせるのが日課だった[2]

映画『AKIRA』で同じ原画仕事を共にした沖浦啓之からは、「京都ではアニメーターの何たるかは、木上益治さんの背中を見ていれば全てわかる」[6]井上俊之からは「新人の頃ライバルだったが、結局勝てなかった。アニメのセンスの良さでは未だに勝てない」[7]と評された。また、武本康弘からは 「アニメーターとして京都アニメーションに入社した人間が木上さんにガツンとやられるのは通過儀礼。何か厳しいことを言われる訳では無いが、仕事に対する姿勢を見て衝撃を受ける」との言葉を寄せられた[1]。シンエイ動画常務取締役の山田俊秀からは「他の人が描けないカットを作れる人だった。天才的に絵がうまかった」[4]と評された。

京都アニメーションプロ養成塾・アニメーター科の講師も務めるなど、若手の育成にも携わっていた[8][4]

2019年7月18日に発生した京都アニメーション放火殺人事件に遭遇。その後安否不明状態が続いていたが、同年7月25日に遺体の身元が判明し[9]、8月2日京都府警より死亡が公表された。61歳没[10]

主な参加作品

テレビアニメ

劇場アニメ

OVA等

  • いしいひさいちのナンダカンダ劇場1 これが噂の地底人 とにかく上が悪いんや!!(1989年)(アニメーション)
  • ウルトラ・スーパー・デラックスマン(1990年)(原画)
  • 新・同棲時代(1992年) (作画監督)
  • おじいちゃんの花火(1998年、人権啓発作品) (監督
  • ゲートキーパーズ21(2002年)(絵コンテ・演出/作画監督)三好一郎/多田文男名義
  • MUNTO(2003年) (監督脚本・演出・キャラクター原案)
  • MUNTO 時の壁を越えて(2005年) (監督・脚本・絵コンテ・演出)
  • フルメタルパニック! The Second Raid 特別版 OVA わりとヒマな戦隊長の一日(2006年) (原画)
  • 京都アニメーションCM「あじさい」編(2011年)(原画)
  • 京都アニメーションCM「発想」編(2012年)(絵コンテ・演出/原画)三好一郎/多田文男名義
  • 京都アニメーションCM「水泳」編(2013年)(原画)多田文男名義
  • バジャのスタジオ(2017年)(監督/原画)三好一郎/多田文雄名義[11]

ゲーム

コミック

関連項目

脚注

  1. ^ a b c 2011年11月3日に京都文化博物館で行われた京都アニメーション・スタッフ座談会のトークショー発言より。
  2. ^ a b c d 奪われた輝き: 京アニ放火殺人事件/上」『毎日新聞毎日新聞東京本社、2019年8月17日、22面。2019年8月18日閲覧。
  3. ^ 師匠の背中もう一度 京アニ放火安否不明の木上さん、知人ら悲痛”. 京都新聞. 京都新聞社 (2019年7月24日). 2019年8月18日閲覧。
  4. ^ a b c アニメ業界重鎮木上益治さん=「火垂るの墓」「AKIRA」-有名映画多数手掛ける:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年8月5日閲覧。
  5. ^ THE☆アニメバカ一代 2007年6月19日 高橋博行の記述
  6. ^ PA works Anime Runner”. PA works. 2016年10月12日閲覧。
  7. ^ 井上・今石・小黒座談会(5)”. WEBアニメスタイル. 2016年10月12日閲覧。
  8. ^ 講師紹介-プロ養成コース-スクール|京都アニメーションHP”. 京都アニメーション. 2017年11月6日閲覧。
  9. ^ 犠牲34人全員の身元を特定 京都アニメーション放火 - 中日新聞2019年7月25日夕刊
  10. ^ 京都新聞「犠牲者10人氏名公表、京アニ事件で府警 「涼宮ハルヒ」監督も」『京都新聞』、2019年8月2日。2019年8月2日閲覧。
  11. ^ 「バジャのスタジオ」テレビ初放送&「ツルネ」再放送のおしらせ”. NHKアニメワールド. NHK (2019年10月31日). 2019年11月1日閲覧。