西屋太志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしや ふとし
西屋 太志
本名 西屋 太志
没年月日 2019年7月18日
出身地 日本の旗 日本 広島県御調郡御調町(現 尾道市御調町)
死没地 日本の旗 日本 京都府京都市伏見区
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
作画監督
ジャンル テレビアニメ映画
活動期間 2001年 - 2019年
事務所 京都アニメーション
主な作品

キャラクターデザイン・総作画監督

日常
氷菓』(キャラクター原案含む)
Free!
映画 聲の形
リズと青い鳥
テンプレートを表示

西屋 太志(にしや ふとし、1981年または1982年 - 2019年7月18日)は、日本アニメーターキャラクターデザイナー。妻子あり[1][2]

来歴[編集]

広島県立御調高等学校を経て大阪府の専門学校で学んだ後[3]、2001年に京都アニメーションに入社[4]2003年犬夜叉』にて初原画。その後、2006年涼宮ハルヒの憂鬱』の第10話「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」で初作画監督を務める。

2011年日常』にてテレビシリーズでは自身初となるキャラクターデザインを担当。翌2012年には米澤穂信の推理小説を原作とする『氷菓』にて、キャラクター原案・デザインを手がけた[5]

2019年7月18日に京都アニメーション放火殺人事件が発生して間もない頃から安否不明であることが報道されていたが[6]、7月27日に中国新聞によって訃報が伝えられ[7]8月2日京都府警察によって正式に死亡が公表された[8]。遺体は屋上階段で発見された[9]。満37歳没。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

OVA[編集]

ライトノベル[編集]

その他[編集]

  • 京都アニメーションCM「水泳編」[18]

逸話[編集]

  • 広島東洋カープの熱烈なファンで、京都アニメーションのスタッフブログでもたびたび言及していた[19]
  • 穏やかな性格で、先輩・後輩を問わず慕われていた。他の社員はよく褒める一方で、「俺はまだまだや」と言うのが口癖だった[20]
  • 「涼宮ハルヒの憂鬱」の第12話「ライブアライブ」において、涼宮ハルヒが唄っている場面の原画を全て担当し、山本寛は「彼は本当に上手かった」と称賛している[21]
  • 「聲の形」の製作において、監督の山田尚子と共に手話サークルに通って手話を学んだ[22]

脚注[編集]

  1. ^ 京都新聞2019年8月3日朝刊17版27面
  2. ^ 毎日新聞2019年8月18日朝刊13版29面
  3. ^ 東京新聞2019年8月3日朝刊11版S29面
  4. ^ 「映画『聲の形』」特集 山田尚子監督インタビュー”. コミックナタリー. ナターシャ. p. 4 (2016年9月14日). 2020年8月2日閲覧。
  5. ^ 『Free!』原案映画『ハイ☆スピード!』、中学時代の遙ら映す特報映像公開!”. マイナビニュース. 2016年10月11日閲覧。
  6. ^ 「情報ない」、案ずる友人=上映中の映画作画監督も不明に-京アニ放火事件」『時事ドットコム』時事通信社、2019年7月23日。2020年5月17日閲覧。
  7. ^ 中国新聞2019年7月27日朝刊33面
  8. ^ 死亡者10人の身元発表=「らき☆すた」武本監督ら-京アニ放火殺人・京都府警”. 時事通信社 (2019年8月2日). 2019年8月5日閲覧。
  9. ^ 「あとわずか 扉や窓目前で」『京都新聞』京都新聞社、2020年7月17日、17版朝刊、8面。
  10. ^ 「日常」オフィシャルサイト”. スタッフ&キャスト. 2015年8月15日閲覧。
  11. ^ 古典部のスタッフ・キャスト”. 京都アニメーション. 2015年8月15日閲覧。
  12. ^ STAFF & CAST - TVアニメ『Free!』公式サイト”. 京都アニメーション. 2015年8月15日閲覧。
  13. ^ 涼宮ハルヒの消失・京アニサイト【スタッフ&キャスト】”. 京都アニメーション. 2015年8月15日閲覧。
  14. ^ Cast/Staff”. 京都アニメーション. 2015年8月15日閲覧。
  15. ^ 「映画 聲の形」公式サイト”. 京都アニメーション. 2016年4月8日閲覧。
  16. ^ 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」&「にょろーんちゅるやさん」公式サイト”. 2015年8月16日閲覧。
  17. ^ 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」&「にょろーんちゅるやさん」公式サイト”. 2015年8月16日閲覧。
  18. ^ 「水泳編」 - CMライブラリ - 会社情報 _ 京都アニメーションホームページ”. 京都アニメーション. 2015年8月15日閲覧。
  19. ^ 京アニ放火で犠牲の西屋太志さん、精緻なデッサンに定評”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年8月2日). 2019年8月31日閲覧。
  20. ^ 「36人 輝きは永遠に」『読売新聞』読売新聞社、2020年7月18日、朝刊12版、29面。
  21. ^ 高瀬司 (2017年2月17日). “「いまだからこそ語るべきアニメのこと」第4回 『ハルヒ』『らき☆すた』演出ノート”. ニコニコチャンネル. Daily PLANETS. PLANETS. 2020年8月2日閲覧。
  22. ^ 手話描くため、たたいた扉 京アニ「聲の形」総作画監督」『朝日新聞』朝日新聞社、2019年10月18日。2020年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]