ロシア・プレミアリーグ 2013-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシア・プレミアリーグ
シーズン 2013-14
優勝 CSKAモスクワ
(5回目)
降格 トム・トムスク
クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ
ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド
アンジ・マハチカラ
UCL 2014-15出場 CSKAモスクワ
ゼニト・サンクトペテルブルク
UEL 2014-15出場 ロコモティフ・モスクワ
ディナモ・モスクワ
クラスノダール
ロストフ
得点王 コートジボワールの旗 ドゥンビア・セイドゥ
(18得点)
2012-13
2014-15

ロシア・プレミアリーグ 2013-14は、2002シーズンに創設されてから12シーズン目のロシア・プレミアリーグである。ソビエト連邦崩壊後では、1992シーズンから数えて22シーズン目となる。大会名はSOGAZロシア・プレミアリーグ: СОГАЗ — Чемпионат России по футболу)。2013年7月13日から2014年5月17日まで実施された。2013年12月6日(第19節)から2014年3月6日(第20節)までの間は中断された。

2012-13シーズン優勝のCSKAモスクワが通算5回目の優勝、2連覇を達成した。

概要[編集]

2013-14シーズンは、ロシア・ナショナル・フットボールリーグ2012-13優勝のウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト、同2位のトム・トムスクロシア・プレミアリーグに昇格し、全16チームがホーム・アンド・アウェー(各チーム30試合)を実施して順位を決定した。ウラル・スヴェルドロフスク・オブラストはヴィシャヤリーガ(ロシア語で「トップリーグ」)の名称だった1996シーズン以来となる17シーズンぶり、トム・トムスクは2シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となった。

前年優勝のCSKAモスクワは、ヴァグネル・ラヴ山東魯能に移籍したことに加えて、マリオ・フェルナンデスエルムドゥンビアジャゴエフカウナら主力選手の負傷が相次いだこともあり、5位でウィンターブレイクを迎えた。ウィンターブレイク期間中に本田圭佑ACミランに移籍したが、プレミアリーグ再開後は、復帰したドゥンビアの活躍(11試合9得点)もあり、第29節にゼニト・サンクトペテルブルクロコモティフ・モスクワを逆転して3位から首位に浮上すると、最終節もロコモティフ・モスクワに勝利して10連勝を飾り、プレミアリーグ2連覇を達成した。

前年2位のゼニト・サンクトペテルブルクは2シーズン連続の2位に終わった。2014年3月11日、ゼニト・サンクトペテルブルクを4年間指揮し、数々のタイトルを獲得してきたルチアーノ・スパレッティが成績不振を理由に解任され[1]、後任監督にアンドレ・ビラス・ボアスが就任したが、首位で迎えた第29節のディナモ・モスクワ戦に敗れたことにより、CSKAモスクワに逆転を許した。ディナモ・モスクワ戦ではゼニトサポーターによる乱入・暴動が発生し、2-4の後半86分に試合が中断され、選手が引き上げたが、その際にディナモ・モスクワのウラジーミル・グラナトがゼニトサポーターに殴られて負傷した。試合は中止され、ゼニト・サンクトペテルブルクの没収試合(0-3の敗戦扱い)とされた[2][3][4][5]

3位のロコモティフ・モスクワは3シーズンぶりに欧州カップ戦出場権を獲得した。5位のクラスノダールは初の欧州カップ戦出場権を獲得した。ロストフスパルタク・モスクワから期限付き移籍したアルテム・ジューバの活躍(17得点)もあり、7位と健闘した。ロシア・カップ2013-14では初優勝を果たした。

夏の移籍市場でエトーウィリアンら主力選手を大量放出したアンジ・マハチカラは序盤から深刻な成績不振に陥り、ウィンターブレイク明けの第20節ルビン・カザン戦でシーズン初勝利をあげたが、最下位に終わり、5シーズンぶりのロシア・ナショナル・フットボールリーグ降格が決まった。プレミアリーグでは大低迷したが、UEFAヨーロッパリーグ 2013-14ではベスト16に進出した。UEFAヨーロッパリーグ 2013-14で決勝トーナメントに進出したルビン・カザンもプレミアリーグでは低迷した。2013年12月20日にはルビン・カザンを12年間指揮してきたグルバン・ベルディエフが成績不振を理由に解任された[6]。ルビン・カザンは6シーズンぶりに欧州カップ戦出場権獲得を逃した。

CSKAモスクワドゥンビア・セイドゥが18得点を決めて、2シーズンぶり通算2回目の得点王に輝いた。ドゥンビアは2005シーズンのリーグ・アン(コートジボワール1部リーグ)、2008-09シーズンと2009-10シーズンのスイス・スーパーリーグでも得点王に輝いており、キャリア通算では5回目の得点王となった。

2013-14シーズン所属クラブ[編集]

チーム 所在地 前年成績
CSKAモスクワ モスクワ ロシア・プレミアリーグ優勝
ゼニト・サンクトペテルブルク サンクトペテルブルク 同2位
アンジ・マハチカラ マハチカラ 同3位
スパルタク・モスクワ モスクワ 同4位
クバン・クラスノダール クラスノダール 同5位
ルビン・カザン カザン 同6位
ディナモ・モスクワ モスクワ 同7位
テレク・グロズヌイ グロズヌイ 同8位
ロコモティフ・モスクワ モスクワ 同9位
クラスノダール クラスノダール 同10位
アムカル・ペルミ ペルミ 同11位
ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド ニジニ・ノヴゴロド 同12位
ロストフ ロストフ・ナ・ドヌ 同13位
クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ サマーラ 同14位
ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト エカテリンブルク ロシア・ナショナル・フットボールリーグ優勝
トム・トムスク トムスク 同2位

順位表[編集]

順位 チーム 勝点 備考
1 CSKAモスクワ (C) 30 20 4 6 49 26 +23 64 UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15・グループリーグ出場
2 ゼニト・サンクトペテルブルク 30 19 6 5 63 32 +31 63 UEFAチャンピオンズリーグ 2014-15・予選3回戦出場
3 ロコモティフ・モスクワ 30 17 8 5 51 23 +28 59 UEFAヨーロッパリーグ 2014-15・予選プレーオフ出場
4 ディナモ・モスクワ 30 15 7 8 54 37 +17 52 UEFAヨーロッパリーグ 2014-15・予選3回戦出場
5 クラスノダール 30 15 5 10 46 39 +7 50 UEFAヨーロッパリーグ 2014-15・予選2回戦出場 KRA 4-0 SPA
SPA 3-2 KRA
6 スパルタク・モスクワ 30 15 5 10 46 36 +10 50
7 ロストフ 30 10 9 11 40 40 0 39 UEFAヨーロッパリーグ 2014-15・予選プレーオフ出場1
8 クバン・クラスノダール 30 10 8 12 40 42 -2 38
9 ルビン・カザン 30 9 11 10 36 30 +6 38 RUB 3-0 AMK
AMK 0-0 RUB
10 アムカル・ペルミ 30 9 11 10 36 37 -1 38
11 ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト 30 9 7 14 28 46 -18 34
12 テレク・グロズヌイ 30 8 9 13 27 33 -6 33
13 トム・トムスク 30 8 7 15 23 39 -16 31 ロシア・プレミアリーグ・FNL入れ替え戦
14 クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 30 6 11 13 27 46 -19 29
15 ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド 30 6 3 21 22 65 -43 21 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ(FNL)降格
16 アンジ・マハチカラ 30 3 11 16 25 42 -17 20

順位は1.勝ち点、2.勝利数、3.当該チーム間の対戦成績によって決定される。
1 ロシア・カップ2013-14優勝。

順位の変動[編集]

チーム\節 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
CSKAモスクワ 6 3 3 3 3 1 1 1 3 4 4 5 6 5 4 4 4 4 5 5 5 4 3 3 3 3 3 3 1 1
ゼニト・サンクトペテルブルク 4 9 10 5 4 5 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 2 2 2 2 1 1 1 1 2 2
ロコモティフ・モスクワ 8 6 8 4 5 2 3 4 4 3 2 2 2 2 2 2 2 1 2 1 1 1 1 1 2 2 2 2 3 3
ディナモ・モスクワ 7 4 11 6 6 8 10 6 8 7 7 7 5 6 5 5 7 5 4 4 4 5 4 4 4 4 4 4 4 4
クラスノダール 13 11 7 10 11 10 7 8 5 6 5 4 4 4 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5
スパルタク・モスクワ 3 1 1 1 2 4 5 3 2 2 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 5 5 5 5 5 6 6 6
ロストフ 2 5 2 2 1 3 4 5 6 8 8 9 9 11 11 9 9 8 10 8 8 8 8 8 8 8 8 9 7 7
クバン・クラスノダール 11 7 4 7 9 7 8 10 10 10 10 10 11 8 8 8 8 10 9 9 10 10 10 9 9 9 9 7 8 8
ルビン・カザン 12 8 5 8 7 9 6 7 9 9 9 8 8 10 9 10 10 9 8 11 9 9 9 10 10 10 10 10 9 9
アムカル・ペルミ 1 2 6 9 8 6 9 9 7 5 6 6 7 7 7 7 5 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 8 10 10
ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト 9 14 15 12 12 13 13 13 13 14 14 15 14 15 13 14 14 14 15 15 13 15 12 12 13 11 12 12 12 11
テレク・グロズヌイ 15 13 13 15 14 14 14 15 16 16 16 14 13 13 14 15 15 15 14 14 15 13 14 13 11 12 11 11 11 12
トム・トムスク 16 16 16 16 16 16 16 16 15 13 13 13 15 14 15 13 13 13 13 13 14 12 13 14 14 14 14 13 13 13
クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 14 15 14 14 10 12 12 11 12 12 12 12 12 12 10 11 11 11 11 10 11 11 11 11 12 13 13 14 14 14
ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド 10 12 9 11 13 11 11 12 11 11 11 11 10 9 12 12 12 12 12 12 12 14 15 15 15 15 15 15 15 15
アンジ・マハチカラ 5 10 12 13 15 15 15 14 14 15 15 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16

対戦表[編集]

ホーム\アウェー1 AMK ANZ CSK DYN KRA KRY KUB LOK ROS RUB SPA TER TOM URL VNN ZEN
アムカル・ペルミ 1-0 1-3 2-1 2-2 0-0 3-1 0-0 1-0 0-0 2-1 0-1 2-0 0-2 5-1 1-2
アンジ・マハチカラ 2-2 0-3 4-0 1-2 0-1 0-0 2-2 0-1 1-0 0-1 3-0 0-2 0-1 0-0 1-2
CSKAモスクワ 2-1 0-0 0-2 5-1 2-1 1-0 1-0 1-0 2-1 1-0 4-1 2-0 1-0 3-0 1-0
ディナモ・モスクワ 2-0 2-1 4-2 1-2 2-0 3-1 1-3 1-1 0-0 1-4 1-0 1-0 3-0 2-2 1-1
クラスノダール 2-1 1-0 1-0 1-1 1-1 1-2 1-3 0-2 1-0 4-0 3-2 4-0 0-1 3-0 1-2
クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 2-2 1-1 1-3 1-2 1-0 0-0 2-2 0-2 0-4 1-2 1-1 1-0 1-1 2-2 1-4
クバン・クラスノダール 0-3 2-0 0-4 1-1 1-3 4-0 1-3 2-2 1-1 2-2 3-1 2-0 3-2 4-0 1-4
ロコモティフ・モスクワ 4-0 0-0 1-2 1-0 3-1 2-1 1-0 5-0 0-0 0-0 2-1 0-0 3-0 3-0 1-1
ロストフ 3-3 1-1 0-0 2-3 2-2 1-2 0-0 2-0 0-0 0-1 2-1 3-0 1-1 4-0 0-4
ルビン・カザン 3-0 5-1 0-0 2-2 0-1 1-1 0-2 1-2 1-2 2-1 1-1 1-2 1-0 3-1 2-1
スパルタク・モスクワ 1-0 2-2 3-0 3-2 3-2 1-0 0-2 1-3 2-0 0-0 0-0 2-1 0-1 6-1 4-2
テレク・グロズヌイ 1-1 1-1 2-0 1-0 0-1 0-1 2-1 0-1 3-0 0-0 1-0 2-0 1-1 2-0 1-1
トム・トムスク 0-0 2-2 1-2 1-3 1-1 2-0 1-2 2-0 3-2 0-1 2-1 0-0 1-2 1-0 0-3
ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト 0-0 2-1 2-2 1-4 0-2 1-1 2-1 0-3 1-4 0-3 0-2 2-1 0-0 1-2 1-2
ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド 0-2 2-1 1-2 0-5 0-1 1-2 1-0 1-2 2-1 2-1 0-1 1-0 0-1 1-2 1-3
ゼニト・サンクトペテルブルク 1-1 3-0 2-0 0-32 4-1 2-1 1-1 2-1 0-2 6-2 4-2 2-0 0-0 2-1 2-0

1 青色はホームチーム(左)の勝ち、黄色は引き分け、赤色はアウェーチーム(上)の勝ち。
2 ゼニト・サンクトペテルブルク側のサポーターの暴動により、後半途中(2-4)に試合中止。没収試合となったため、0-3。

ロシア・プレミアリーグ・FNL入れ替え戦[編集]

ロシア・プレミアリーグ下位2チームはロシア・ナショナル・フットボールリーグ(FNL)に自動降格する。13位のトム・トムスクはFNL4位のウファ、14位のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラはFNL3位のトルペド・モスクワと入れ替え戦を実施する。第1戦は2014年5月18日、第2戦は同22日に実施された。

トルペド・モスクワウファは2014-15シーズンのロシア・プレミアリーグに昇格する。ウファは初昇格、トルペド・モスクワは8シーズンぶりのプレミアリーグ復帰となる。トム・トムスククリリヤ・ソヴェトフ・サマーラは2014-15シーズンのロシア・ナショナル・フットボールリーグに降格する。

チーム1 合計 チーム2 第1戦 第2戦
ウファ 6-4 トム・トムスク 5-1 1-3
トルペド・モスクワ 2-0 クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ 2-0 0-0

得点ランキング[編集]

順位 選手 チーム 得点 (PK)
1 コートジボワールの旗 ドゥンビア・セイドゥ CSKAモスクワ 18 (4)
2 ブラジルの旗 フッキ ゼニト・サンクトペテルブルク 17 (3)
ロシアの旗 アルテム・ジューバ ロストフ 17 (4)
4 アルメニアの旗 ユーラ・モフシシャン スパルタク・モスクワ 16 (2)
5 ポルトガルの旗 ダニー・アルヴェス ゼニト・サンクトペテルブルク 13
セネガルの旗 ダメ・エンドイェ ロコモティフ・モスクワ
ベネズエラの旗 ホセ・サロモン・ロンドン ルビン・カザン
ゼニト・サンクトペテルブルク
8 ブルガリアの旗 ゲオルギ・ペエフ アムカル・ペルミ 12 (8)
9 セルビアの旗 ゾラン・トシッチ CSKAモスクワ 11
10 ロシアの旗 アレクサンドル・ココリン ディナモ・モスクワ 10

ハットトリック[編集]

選手 チーム 対戦相手 達成日
ロシアの旗 アルテム・ジューバ ロストフ トム・トムスク 2013年7月27日
ポルトガルの旗 ダニー・アルヴェス ゼニト・サンクトペテルブルク ヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド 2013年8月3日
ベネズエラの旗 ホセ・サロモン・ロンドン ルビン・カザン ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト 2013年9月1日
ゼニト・サンクトペテルブルク ルビン・カザン 2014年4月6日
ウクライナの旗 アンドレイ・ヴォロニン ディナモ・モスクワ ウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト 2013年9月16日
セルビアの旗 ゾラン・トシッチ CSKAモスクワ クラスノダール 2013年10月27日
アルメニアの旗 ユーラ・モフシシャン スパルタク・モスクワ ゼニト・サンクトペテルブルク 2013年11月10日
ブラジルの旗 アリ クラスノダール スパルタク・モスクワ 2014年3月22日
ブラジルの旗 フッキ ゼニト・サンクトペテルブルク クラスノダール 2014年4月12日

ロシア・カップ[編集]

ロシア・カップ2013-14は、2013年7月7日から2014年5月8日まで実施された。ロシア・プレミアリーグ所属クラブは5回戦(ベスト32)から出場したが、初戦で16チーム中9チームが下部リーグ所属クラブに敗れる波乱が起こった。ゼニト・サンクトペテルブルクを含む4チームはロシア・プロフェッショナル・フットボールリーグ(3部リーグ)所属クラブに敗れた。

決勝戦は2014年5月8日にカスピースクアンジ・アレーナで実施された。過去2大会連続ベスト4だったロストフPK戦の末、クラスノダールに勝利し、初優勝を果たした。前年優勝のCSKAモスクワは準決勝でクラスノダールに敗れた。

ロストフは、UEFAヨーロッパリーグ 2014-15・予選プレーオフ出場権を獲得したが、ロシアサッカー連合からUEFAライセンスが発行されなかったため、一時はプレミアリーグ6位のスパルタク・モスクワが繰り上げで出場権を獲得すると発表された[7]。しかし、ロストフがスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴し、6月23日にロストフがUEFAヨーロッパリーグ 2014-15に出場することが確定した[8]

ロシア・スーパーカップ[編集]

ロシア・スーパーカップ2013は、2013年7月13日にロストフオリンプ-2で実施された。ロシア・プレミアリーグ2012-13優勝とロシア・カップ2012-13優勝のダブルを達成したCSKAモスクワロシア・プレミアリーグ2012-13 2位のゼニト・サンクトペテルブルクに3-0で勝利した。本田圭佑が2得点を挙げる活躍を見せた。

欧州での成績[編集]

年度 大会 出場クラブ ラウンド 対戦クラブ ホーム アウェー 合計
2013-14 UEFAチャンピオンズリーグ ゼニト・サンクトペテルブルク 3回戦 デンマークの旗 ノアシェラン 5-0 1-0 6-0
プレーオフ ポルトガルの旗 パソス・デ・フェレイラ 4-2 4-1 8-3
グループG スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1-1 1-3 2位
オーストリアの旗 アウストリア・ウィーン 0-0 1-4
ポルトガルの旗 ポルト 1-1 1-0
ラウンド16 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 2-4 2-1 4-5
CSKAモスクワ グループD ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 1-3 0-3 4位
チェコの旗 ヴィクトリア・プルゼニ 3-2 1-2
イングランドの旗 マンチェスター・シティ 1-2 2-5
2013-14 UEFAヨーロッパリーグ ルビン・カザン 2回戦 セルビアの旗 ヤゴディナ 1-0 3-2 4-2
3回戦 デンマークの旗 ラナース 2-0 2-1 4-1
プレーオフ ノルウェーの旗 モルデ 3-0 2-0 5-0
グループD スロベニアの旗 マリボル 1-1 5-2 1位
ベルギーの旗 ズルテ・ワレヘム 4-0 2-0
イングランドの旗 ウィガン・アスレティック 1-0 1-1
ラウンド32 スペインの旗 レアル・ベティス 0-2 1-1 1-3
クバン・クラスノダール 3回戦 スコットランドの旗 マザーウェル 1-0 2-0 3-0
プレーオフ オランダの旗 フェイエノールト 1-0 2-1 3-1
グループA スイスの旗 ザンクト・ガレン 4-0 0-2 3位
スペインの旗 バレンシア 0-2 1-1
イングランドの旗 スウォンジー・シティ 1-1 1-1
スパルタク・モスクワ プレーオフ スイスの旗 ザンクト・ガレン 2-4 1-1 3-5
アンジ・マハチカラ グループK モルドバの旗 シェリフ・ティラスポリ 1-1 0-0 2位
イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 0-2 1-4
ノルウェーの旗 トロムソ 1-0 1-0
ラウンド32 ベルギーの旗 ヘンク 0-0 2-0 2-0
ラウンド16 オランダの旗 AZ 0-0 0-1 0-1

2013-14シーズン所属の日本人選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゼニトが監督を交代”. UEFA.com(日本語版) (2014年3月11日). 2014年5月19日閲覧。
  2. ^ Гранат и Рондон пострадали в матче между "Зенитом" и "Динамо"”. Sport-Express (2014年5月11日). 2014年5月20日閲覧。
  3. ^ Конфликт между Рондоном и Ломичем не внесен в протокол матча - Чеботарев”. R-Sport (2014年5月11日). 2014年5月20日閲覧。
  4. ^ Официальный диагноз Граната: сотрясение мозга и ушиб мягких тканей”. Sports Daily (2014年5月11日). 2014年5月20日閲覧。
  5. ^ Итоги КДК РФС”. ロシアサッカー連合 (2014年5月14日). 2014年5月20日閲覧。
  6. ^ ルビンがベルジエフ監督を解任”. UEFA.com(日本語版) (2013年12月20日). 2014年5月19日閲覧。
  7. ^ Итоги Апелляционного комитета РФС” (ロシア語). ロシアサッカー連合 (2014年5月30日). 2014年6月17日閲覧。
  8. ^ CAS вернул "Ростов" в Лигу Европы, "Спартак" остается без еврокубков” (ロシア語). Sport Express (2014年6月23日). 2014年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]