メルセデス・ベンツ・Cクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メルセデス・ベンツ・CクラスMercedes-Benz C-Class )は、ドイツ自動車メーカーであるダイムラーメルセデス・ベンツブランドで展開している、Dセグメントの乗用車である。セダンステーションワゴン、2ドアクーペの各車種を用意し、現行モデル(W205)においてはカブリオレの生産も予定されている。

概要[編集]

1993年に190シリーズ(W201)の後継車としてW202が登場し、Cシリーズという呼称が始まった。当初は4ドアセダンのみであったが、1996年にステーションワゴン、2001年に2代目W203型の派生モデルである3ドアハッチバックのスポーツクーペ(SportCoupé )が登場した。2008年に同じプラットフォームのまま約1,100箇所の変更を施し、フロントマスクを3代目W204と共通の意匠としたものを「CLCクラス」と改名して生産・販売していたが、2011年にCクラス・クーペが登場したことで3年弱で消滅した。2016年には、Cクラスで歴代初 のカブリオレが登場した。

モデル別販売台数ではEクラスSクラスに次ぐ3位。

メルセデス・ベンツの乗用車共通の特徴としてステアリング操作時は左右の前輪上面が旋回方向へ傾くため、よりボディの小さいCセグメントBセグメントに匹敵する最小回転半径を実現。このCクラスでは4.9-5.1mとなっている。

生産はドイツジンデルフィンゲンブレーメン工場ほかインドメキシコエジプトインドネシアブラジルタイマレーシアでも行われ、日本向けを含む多くの右ハンドル車や4気筒エンジンモデルは南アフリカイースト・ロンドンのダイムラー・クライスラー南アフリカ(DCSA)工場で生産されていたが、3代目のW204から一部が変更されている。一部車種を除き、日本国内で販売されている新車には「メルセデス・ケア」と呼ばれる3年間の購入保証システムが付属する。

メルセデス・ベンツ向けチューニングメーカーとしてAMGブラバス、ロリンザー、カールソンなどがある。

初代(1993年-2000年)W202/S202[編集]

初代 C280(米国仕様)

デザイナーはオリビエ・ブーレイで、外観では上下に伸びた「おむすび形」のテールライトが特徴。190シリーズに比べて全長で70mm、ホイールベースで20mm拡大したことで後席の居住性が改善されている。欧州では「クラシック」「エレガンス」「エスプリ」「スポーツ」と4種のトリム(インテリアの内張り)が用意され、各グレードで任意に選択することができた。

日本国内にはセダンとステーションワゴンのほか、AMGがチューニングしたセダンとステーションワゴンも導入された。

エンジンは、ガソリンが直列4気筒と6気筒、V型6気筒と8気筒、ディーゼルは直列4気筒と5気筒。最高出力は2.0LとなるC200の100kW(136PS)に始まり、5.5LのAMG C55では255kW(347PS)に達している。


2代目(2000年-2007年)W203/S203/CL203[編集]

2代目 C240 前期型 (米国仕様)

2000年にフルモデルチェンジ、日本では同年9月より発売が開始された。開発コンセプトであるダイナミズムとエレガンスを表現したと謳われ、コンパクトなスポーティを打ち出している。セダンとステーションワゴンのほか、BMW・3シリーズコンパクトに対抗するモデルとして3ドアハッチバックのスポーツクーペもラインナップする。外観では、ひょうたん形のヘッドライトが特徴。

日本仕様のトランスミッションは、Dレンジのセレクトレバーを左右に動かすだけでチェンジ可能なティップシフト付き5速ATを搭載する。最小回転半径5.0mを実現するステアリングはラック・アンド・ピニオン式を採用。

従来、メルセデス・ベンツのモデル名は数字の下2桁が排気量を示していたが、このW203型から法則が途絶えている。


3代目(2007年-2013年)W204/S204/C204[編集]

3代目 W204

2007年1月18日に正式発表され、欧州では同年3月31日に発売された。南アフリカ工場では従来のイギリスオセアニア向けモデルに加え、アメリカ向けモデルの製造が開始され、代わって日本向けモデルはドイツでの製造となった。

外観ではヘッドライトを始めとして現行型Sクラスと非常に類似したデザインとなった。また、クラシックとエレガンスは従来通り、ボンネット上にメルセデス・ベンツのエンブレムである“スリーポインテッドスター”のオーナメントが付くのに対して、アバンギャルドはグリル中央に大型のスリーポインテッドスターを配した、いわゆる「クーペ・グリル」が採用され、ボンネット上にオーナメントは付かない。

C220 アバンギャルド

これ以降、本来“クーペ専用”と説明されていた「クーペ・グリル」はクーペまたはアバンギャルドを表すアイコンとなっている。


4代目(2014年-)W205[編集]

4代目 W205

ダイムラーは2013年12月16日に4代目CクラスであるW205型を発表した[1]

日本では、セダンが2014年7月11日に発表された。 コンセプトは、アジリティインテリジェンス。キャッチコピーは、「メルセデスの本気」。

内外装とも質感を高め、大幅なバリューアップを実現している。 ボディータイプは、セダンステーションワゴンクーペ、そして歴代Cクラス初のカブリオレが用意されている。

パワートレインも従来のモデルと比べて増えた。ガソリンエンジンモデルに加え、2015年には新たにクリーンディーゼルエンジンモデル(BlueTEC・ブルーテック)、そしてプラグインハイブリットモデル(PHV)も導入された。

「2014-2015 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」や「2015年 世界カー・オブ・ザ・イヤー」などを受賞し、 W205型Cクラスは、全部で7冠を達成した。

先代に比べ、少しボディーが大型化され、デザインは、メルセデス・ベンツ・W222に非常に近いものとなった。 また、インテリアの質感も上がり、Cクラスとは思えないほどのものになった。安全装備でも、2つのカメラと6つのレーダーを搭載した「レーダーセーフティーパッケージ」を設定、メルセデス・ベンツ・W222とほぼ同等の知能を備えている。

このクラスでは初めてとなる、エアサスペンション「AIRMATICサスペンション」を採用し、ボディにアルミニウムを約50%使用することで、約70kg軽量化することに成功した。 さらに、エンジンを改良したことにより、燃費性能が最大で約30%向上した。

本国では先代に引き続いて、アバンギャルドグリルとエレガンスグリルが設定されているが、日本では2015年3月6日に発表されたセダンの特別仕様車「C200 Exclusive Line Limited」と、2015年5月14日に発表された、ヤナセ創立100周年を記念して発売されたセダンの特別仕様車「C200 100thアニバーサリーエディション」を除き、エレガンスグリルは導入されず、全モデルアバンギャルドグリルのみの設定となっている。

ステーションワゴンは、従来のモデルでオプション設定としていたものをグレード化することで、ユーザーのニーズに合わせた装備を選びやすくなり、納車までの時間を短縮することができるようになった。これに伴い、ステーションワゴンのグレードは従来のモデルに比べ、少し増えることになった。


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]