カールソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カールソン
The Carlsson Autotechnik GmbH
種類 有限会社
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
ザールルイ
設立 1989年
業種 製造業
事業内容 自動車部品製造・販売
外部リンク http://www.carlsson.de/carlsson/en/
テンプレートを表示

カールソンCarlsson Autotechnik Gmbh)は、メルセデス・ベンツ車専用のチューニングメーカーである。通称「カールソン(Carlsson)」。

概要[編集]

事業内容としては自動車のチューニングおよび自動車部品の製造販売となっている。自動車部品の主な製品はアルミホイール、エアロパーツ、吸排気系部品、サスペンション、シート等のインテリアパーツなどがある。 メルセデス・ベンツ各車種のみならず、トヨタ車ならびにレクサス車向けのパーツも開発・販売されている。ただし、アルミホイールについてはPCDが114.3もしくは120の5穴(エコラインはPCDが100の4穴もしくは5穴)のため、規格・サイズが適合すればトヨタ/レクサス車以外でも装着は可能である。

チューニング事業の一環としてコンプリートカーと呼ばれる完成車の販売も行っており、CL600(C216型)をチューニングしたCK60や、GL500(X164型)をチューニングしたCK50を発売していた。

同社日本法人である「カールソンジャパン」は2000年に設立された。所在地は静岡県浜松市南区となる。

2015年にカールソンはドイツにて倒産[1]し、その後韓国のサンボモータース傘下で再建を行っている。

歴史[編集]

同社創業の地であるGut Wiesenhof工場

1989年ドイツのGut Wiesenhof(ドイツ南西部のメルツィヒの近くにある)という町で創立した。創立者はロルフ・ハルトゲ(Rolf Hartge)とアンドレアス・ハルトゲ(Andreas Hartge)の兄弟。同兄弟の長兄は「ハルトゲ」の創業者であるヘルベルト・ハルトゲ(Herbert Hartge)である。

会社名の「カールソン」は、兄弟二人とも尊敬していたスウェーデン人のラリードライバー、イングバル・カールソンに敬意を表示するため命名したものである。 そして、イングバル・カールソンは、その二人のもっとも親密な技術パートナーであり、ビョルン・ワルデガルト(Björn Waldegard)とワルター・ロール(Walter Röhrl)とともに、メルセデス・ベンツのラリーチームの流れで名前が書かれていた。

2012年5月より中国の大手輸入企業中升集团控股有限公司がカールソンの株式の70%を取得したことで同社の傘下となり、中国市場向けの限定モデルであるカールソンC25を販売するが中国市場では振るわなかった。

長きにわたる売り上げの低迷により、2015年5月にカールソンは破産宣告を行った。

2015年12月4日、同社の事業は韓国の自動車部品メーカーであるサンボモータースによって引き継がれ、新たに「カールソンオートテクニック」として運営されていくこととなった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]