マルフク (貸金業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社マルフク
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
596-0004
大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号
北緯34度28分22秒 東経135度24分5秒 / 北緯34.47278度 東経135.40139度 / 34.47278; 135.40139
設立 2005年11月14日
(株式会社マルフククレジット)
業種 その他金融業
法人番号 7120101039142 ウィキデータを編集
事業内容 電話加入権販売・電話担保金融
代表者 代表取締役 社長 新屋 正明
代表取締役 副社長 白井 一成
資本金 1045万円
支店舗数 174店舗
主要子会社 マルフク事業協同組合
マルフク信用保証株式会社
株式会社善光
八十嶋殖産株式会社
株式会社シー・シー・エー
外部リンク 公式サイト InternetArchiveより
特記事項:1958年4月12日創業、貸金業登録番号は、大阪府知事(1)第12529号(現在は登録なし)
テンプレートを表示

株式会社マルフクは、かつて存在した日本電話加入権売買・電話担保金融業者である。貸金業登録番号は 大阪府知事(1)第12529号であったが、現在は廃業し登録業者ではない。

会社概要[編集]

かつては、全国に拠点を有する数少ない電話担保金融業者として、中小企業や個人事業主、および消費者向けの融資レンタル電話事業を行い、貝塚市に事務センターおよび全国に数百の店舗を構え、日本全国津々浦々の民家などに、ブリキの看板やホーロー看板が設置されていた。

しかし、電話加入権の担保価値が下落してきたため、2002年5月、電話担保金融の事業から撤退、資産の大部分をシティグループへ売却し、「生活キャッシング・振込ローン」で再出発するも、折からの上限金利規制強化や貸し倒れの増加により再建を断念した。現在は貸金業登録もされておらず、会社の営業・実体は存在しないようであるが、2015年時点で役員登記は毎年行われている模様である。

2005年12月の臨時株主総会で当時代表者が同一だった「マルフククレジット」へ貸金業部門の権利義務を承継させる吸収分割を実施して、「マルフククレジット」が「マルフク」、旧マルフクは「株式会社ヴァンテージ・キャピタル・マネジメント・ジャパン」(2006年2月1日付)→「株式会社ヴィラージュ・キャピタル」(同年4月17日付)へと商号を変更している[1]

かつては藤田佳子畑野浩子(ひろ子)等をCM、赤井英和を広告に起用していた。なお、貝塚市の事務センターは既に閉鎖され、現在は住宅地(アルファヴール二色の浜)となっている。なお、ジャスダック (JASDAQ)上場のフィスコの登記上の本社住所はマルフクの本社住所と同じである。

各地に設置された看板は、廃業後の現在も、郊外の古い木造建築物を中心にまだ多く残されている(上から違う貸金業社の看板が貼られている場合もある)。

沿革[編集]

  • 1958年04月 「丸福電話店」として、大阪府布施市(現 東大阪市)にて白井辰巳が創業。
  • 1968年04月 岸和田市に「株式会社丸福」を設立。
  • 1975年08月12日 「株式会社マルフク」を設立(この日が旧・マルフクの会社設立日である)。
  • 1977年09月 関東地区初進出、川崎市にて開業。関東地区法人、株式会社マルフク設立。
  • 1979年06月 東海地区進出、豊橋市にて開業。
  • 1983年02月 中国地区進出、岡山市にて開業。
  • 1983年05月 九州地区進出、福岡市にて開業。
  • 1984年08月 東京都中央区に東京本社ビル施工
  • 1986年04月 事業持株会社「株式会社善光(現 株式会社シークエッジ・ジャパン・ホールディングス)」を設立。
  • 1986年08月 大阪府堺市に大阪本社ビル施工。
  • 1986年10月 大阪本社を大阪府堺市(現在の同市堺区)市之町に移転。
  • 1988年04月 四国地区進出、松山市にて開業。
  • 1988年05月 東北地区進出、郡山市にて開業。
  • 1988年10月 九州支社ビル施工。
  • 1989年07月 川崎支店ビル施工。
  • 1990年03月 名古屋支店ビル施工。
  • 1990年10月 大宮支店ビル施工。
  • 1992年02月 大阪府貝塚市に事務センター・情報センター施工。
  • 1993年04月 北海道地区進出、札幌市にて開業。
  • 1997年10月 岡山支店ビル施工。
  • 1999年12月 三洋電機クレジット株式会社と業務提携。
  • 2000年04月 三洋電機クレジット株式会社と共同出資会社「株式会社シー・シー・エー」を設立。
  • 2001年05月 ニッシン(現NISグループ)と業務提携。
  • 2002年05月 ディックファイナンス株式会社(現 CFJ合同会社)に営業の大部分を譲渡。当時存在した全国の174営業所(大阪本社、東京都中央区日本橋久松町に存在した東京本社等も含む)は、ほぼ全てが閉鎖または売却された。
  • 2002年05月 電話担保金融事業からの撤退に伴う諸手続きなどのため、同年9月まで新規融資を停止。
  • 2002年08月 マルフク信用保証を吸収合併。
  • 2003年02月 マルフク事務代行(旧マルフク事業協同組合)をマルフクの資産管理会社であったシークエッジ(旧善光、大阪府岸和田市)へ吸収合併させる[2]
  • 2005年12月 貸金業部門を「マルフククレジット」へ承継。「マルフククレジット」は「マルフク」、旧マルフクは最終的に「ヴィラージュ・キャピタル」へ商号を変更。
  • 2006年12月 新規の融資受付を停止。
  • 2009年01月 貸金業登録の廃業。

マルフク看板の例[編集]

テレビ番組の提供[編集]

1990年代には以下の番組を提供。

その他[編集]

  • ふらいんぐうぃっち』のテレビアニメ版オープニングで、監督名クレジットのパロディ看板として使用された[3]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪高裁 平成19年(ネ)第3428号 不当利得金返還等請求控訴事件 兵庫県弁護士会HPより Archived 2012年11月8日, at the Wayback Machine.
  2. ^ “ヒルズ族”が福祉改革、都内に最大級の介護施設 NIKKEI BP Net、2005年10月28日
  3. ^ 【田舎民ホイホイ】ふらいんぐうぃっち の監督クレジットに使われた赤い看板の元ネタわかりますか?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]