ブライアン・マティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・マティス
Brian Matusz
シカゴ・カブス (マイナー)
MatuszOs.jpg
オリオールズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コロラド州メサ郡グランドジャンクション
生年月日 (1987-02-11) 1987年2月11日(29歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目(全体4位)でボルチモア・オリオールズから指名
初出場 2009年8月4日
年俸 $3,900,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・ロバート・マティスBrian Robert Matusz, 1987年2月11日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州メサ郡グランドジャンクション出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBシカゴ・カブス傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

サンディエゴ大学3年時の2008年、12勝・防御率1.71・141奪三振の成績で、ウェスト・コースト・カンファレンスの最優秀投手に選出されたり、ロジャー・クレメンス賞の最終選考の一人に選ばれた[2]

プロ入りとオリオールズ時代[編集]

2008年のMLBドラフト1巡目(全体4位)でボルチモア・オリオールズから指名され、入団交渉期限日となった8月15日に契約[2]

2009年、オリオールズ傘下のマイナー2球団(A+級フレデリック・キーズ英語版とAA級ボウイ・ベイソックス)で11勝2敗・防御率1.91を記録し、7月にはオールスター・フューチャーズゲームの米国選抜に選出され、9月にはオリオールズ傘下の最優秀投手に選出された[3]。球団は8月4日キャム・ミコライオと入れ替わりでマティスをメジャーへ昇格させ[4]、同日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。その後、ローテーション入りしたが、球団は酷使を防ぐため、9月12日の登板を最後にシーズンを終えた[5]

2010年は、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの最有力候補として開幕を迎えたが[6]、7月末の時点で3勝11敗・防御率5.46という数字だった。しかし、監督がバック・ショーウォルターに交代してから調子が上がり、シーズン終盤には6連勝してシーズンを終えた。後半に調子が上がった理由は、登板前にピッチングコーチ・捕手のマット・ウィータースと共に各打者に対する攻め方を検討し、細かなプランを立てて投球に臨んでいたためである[6]

2011年はエース格として期待されながらも1勝9敗・防御率10.69という悲惨な成績に終わった。10試合以上先発した投手では2000年ロイ・ハラデイが記録した防御率10.64を超える史上最悪の防御率となった[7]

2012年は先発で結果を残せず途中でマイナー降格し、再昇格した後半は中継ぎに回った。

2013年からは、中継ぎ左腕として起用されている。

2014年1月17日にオリオールズと240万ドルの1年契約に合意した[8][9]。この年も全てリリーフで63試合に登板。防御率を僅かに向上させたほか、投球イニング数を上回る三振を奪うなど、前年の投球がまぐれでないと証明した。特にピンチの場面で強さを発揮し、引き継いだランナー49人中39人の生還を阻止した[10]

2015年5月23日マイアミ・マーリンズ戦で右腕に異物を付けて登板したため、8試合の出場停止処分を受けた[11]。この年は通算250試合登板を達成。レギュラーシーズンでは58試合にリリーフ登板した。1勝4敗と大きく負け越したものの、防御率2.94(自身初の3.00未満)を記録し、前年に引き続き投球回以上の奪三振をマークするなど、リリーフ投手としての適性を示した。

カブス時代[編集]

2016年5月23日にマイナー選手2名とのトレードアトランタ・ブレーブスへ移籍したが、当日中にDFAとなった[12][13]6月1日に自由契約となった[12]

その後、6月15日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。7月31日にメジャー契約を結んで25人枠入りし、同日のシアトル・マリナーズ戦で4年ぶりに先発したが、3回6失点と乱調だった(勝敗付かず)[14]。翌日の8月1日にDFAとなり、3日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級アイオワ・カブスへ配属された[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 BAL 8 8 0 0 0 5 2 0 0 .714 196 44.2 52 6 14 0 0 38 0 0 24 23 4.63 1.48
2010 32 32 0 0 0 10 12 0 0 .455 760 175.2 173 19 63 3 7 143 1 0 88 84 4.30 1.34
2011 12 12 0 0 0 1 9 0 0 .100 245 49.2 81 18 24 1 0 38 0 0 60 59 10.69 2.11
2012 34 16 0 0 0 6 10 0 5 .375 441 98.0 112 15 41 4 0 81 0 0 61 53 4.87 1.56
2013 65 0 0 0 0 2 1 0 18 .667 208 51.0 43 3 16 2 2 50 0 0 21 20 3.53 1.16
2014 63 0 0 0 0 2 3 0 14 .400 226 51.2 51 7 17 4 3 53 3 0 23 20 3.48 1.32
2015 58 0 0 0 0 1 4 0 2 .200 206 49.0 38 5 20 3 3 56 2 0 18 16 2.94 1.18
通算:7年 272 68 0 0 0 27 41 0 38 .397 2282 519.2 550 73 195 17 15 459 6 0 295 275 4.76 1.43
  • 2015年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 52 (2009年)
  • 17 (2010年 - 2016年途中)
  • 15 (2016年途中 - 同年途中)

脚注[編集]

  1. ^ Brian Matusz Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月24日閲覧。
  2. ^ a b “Orioles come to terms with first-round pick Brian Matusz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2008年8月15日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080815&content_id=3313598&vkey=pr_bal&fext=.jsp&c_id=bal 2010年5月2日閲覧。 
  3. ^ “Orioles announce 2009 award winners for player development & scouting” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2009年9月16日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20090916&content_id=7002252&vkey=pr_bal&fext=.jsp&c_id=bal 2010年5月2日閲覧。 
  4. ^ Orioles recall LHP Brian Matusz from Double-A Bowie” (英語). MLB.com (Baltimore Orioles) (2009年8月4日). 2010年5月2日閲覧。
  5. ^ Orioles decide to shut down rookie lefty Matusz” (英語). The Sports Network. Canadian Press (2009年9月14日). 2010年5月2日閲覧。
  6. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版2011年、100頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  7. ^ Matthew Pouliot (2011年9月25日). “Brian Matusz breaks Roy Halladay’s major league record” (英語). HardballTalk. NBC Sports. 2011年11月27日閲覧。
  8. ^ “Orioles agree to terms with Davis, Hunter, Matusz, Norris and Patton” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年1月17日), http://baltimore.orioles.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140117&content_id=66803730&vkey=pr_bal&c_id=bal 2014年1月18日閲覧。 
  9. ^ Andrew Simon (2014年1月17日). “Davis' breakout season nets massive pay raise” (英語). MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  10. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、34頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  11. ^ http://deadspin.com/brian-matusz-second-pitcher-this-week-ejected-for-fore-1706597771
  12. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2016年6月7日閲覧。
  13. ^ Chad Thornburg (2016年5月23日). “O's deal Matusz to Braves” (英語). MLB.com. 2016年5月24日閲覧。
  14. ^ Lester squeezes in deciding run, Cubs beat Mariners in 12

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

*