フランソワ・フィヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランスの旗 フランスの政治家
フランソワ・フィヨン
François Fillon
François Fillon 2010.jpg
生年月日 (1954-03-04) 1954年3月4日(66歳)
出生地 フランスの旗 フランス サルト県ル・マン
出身校 メーヌ大学
パリ第5大学(パリ=デカルト大学)
前職 議員秘書
所属政党共和国連合
国民運動連合フランス共和党
配偶者 ペネロプ・フィヨン
サイン François Fillon Signature.svg
公式サイト Le blog de François Fillon

フランスの旗 フランス共和国
19代目首相
内閣 第1次フランソワ・フィヨン内閣
第2次フランソワ・フィヨン内閣
第3次フランソワ・フィヨン内閣
在任期間 2007年5月17日 - 2012年5月10日
大統領 ニコラ・サルコジ

内閣 第3次フランソワ・フィヨン内閣
在任期間 2012年2月22日 - 2012年5月10日
大統領 ニコラ・サルコジ

フランスの旗 フランス共和国
国民教育相
内閣 第3次ジャン=ピエール・ラファラン内閣
在任期間 2004年3月31日 - 2005年5月31日
大統領 ジャック・シラク

フランスの旗 フランス共和国
社会問題・労働・連帯相
内閣 第1次ジャン=ピエール・ラファラン内閣
第2次ジャン=ピエール・ラファラン内閣
在任期間 2002年5月7日 - 2004年3月30日
大統領 ジャック・シラク

当選回数 1回
在任期間 1998年3月20日 - 2002年5月16日

その他の職歴
フランスの旗 フランス共和国
産業・郵政・電気通信大臣付
郵政・電気通信・宇宙担当大臣

1995年11月7日 - 1997年6月2日
フランスの旗 フランス共和国
情報技術・郵政相

1995年5月18日 - 1995年11月7日
フランスの旗 フランス共和国
高等教育・研究相

1993年3月30日 - 1995年5月11日
フランスの旗 フランス共和国
国民議会議員

2012年6月20日 - 現職)
フランスの旗 フランス共和国
元老院議員

2005年9月18日 - 2007年6月17日
テンプレートを表示
フランソワ・フィヨン

フランソワ・シャルル・アマン・フィヨンフランス語: François Charles Amand Fillon1954年3月4日から)はフランスの政治家。19代目フランス首相(在任期間は2007年5月17日から2012年5月10日まで)。所属政党はフランス共和党サルト県ル・マン出身。

経歴[編集]

スブレのブリ家のドミニク・ガルゾー・ド・ビルパンのいとこに当たるバスク史家アニー・スレと、ヴァンデ出身の公証人のミシェル・フィヨンの長男として生まれる。3人の弟であるピエール・ドミニク・アルノーとともにサルト県の小さな町で育つ。ピエールは2014年現在フランス西部自動車クラブ会長であり、ドミニクはジャズ・ピアニストである。そしてアルノーは交通事故で亡くなっている。ル・マンのノートルダム・ドゥ・サント=クロワ高校を卒業し、1972年に哲学のバカロレアを取った。

フィヨンはその後メーヌ大学でクリスティアン・フィリップ(政治家)のもとで学び、1976年に公法のマスターを取得した。翌年、パリ第5大学で公法の博士課程研究免状を、また国立政治学研究院(Fondation nationale des sciences politiques)で政治学の博士課程研究免状を得た。

その後ジャーナリストになるために3年間フランス通信(AFP)で研修を受ける。早くに政治家としてのキャリアを開始する。

1980年6月28日にはウェールズ出身のペネロプ・クラルクと結婚。マリー・シャルル・アントワーヌ・エドワール・アルノの5児をもうける。1983年から2001年までサブレ=シュル=サルト市長を務めた。

2002年ジャン=ピエール・ラファラン内閣の社会問題・労働・連帯相として入閣する。社会問題・労働・連帯相としては、週35時間労働制の緩和を内容とする「賃金・労働時間・雇用促進法」(フィヨン法、Loi Fillon)制定を実現した。2004年に高等教育・研究相に就任し、バカロレアの改革を含むフィヨン教育法を制定し論争の的となった。2005年にドミニク・ガルゾー・ド・ビルパン内閣には入閣せず、同年サルト県からフランス元老院議員に選出された。

2007年フランス大統領選挙ではニコラ・サルコジの選挙参謀を務め、サルコジ政権で19代目フランス首相就任へと至った。サルコジ政権での唯一のフランス首相であり、2012年5月にサルコジの大統領任期満了とともにフィヨンもフランス首相を退任した。

2013年春の叙勲で日本政府より旭日大綬章を授与された直後にツイッター上で2017年フランス大統領選挙への出馬を表明。所属党派内からは『党の団結を乱す身勝手な言動』として批判を受けたが、2016年11月にフランス共和党を中心とする中道右派陣営の大統領候補予備選挙でアラン・ジュペを下し、中道右派陣営の有力候補に名乗りを上げた[1]

2017年1月下旬に妻や2人の子供に対して秘書としての勤務実態が無いにも関わらず多額の報酬を支払っていた疑惑が浮上し[2]、支持率が降下した。3月14日には公金横領などの罪で訴追されたが、大統領選挙からは撤退しなかった[3]。大統領選挙には出馬したものの4月23日の第1回投票では決選投票に残れず、敗北宣言してエマニュエル・マクロン支持を表明した[4]

2020年6月30日にパリの裁判所は公金横領などの罪でフィヨンに対し禁錮5年(うち2年実刑)・妻に対し執行猶予付き禁錮3年・そして2人それぞれに罰金37万5000ユーロの判決を言い渡した[5]

政治家としてのキャリア[編集]

初期[編集]

地方議員[編集]

  • 1981年 : ジョエル・ル・トゥルの死去に伴い、サブレ=シュル=サルト市議会議員に出馬。当選し、1986年まで務める。途中、経済担当の市助役にも就任。
  • 1983年3月 - 2001年 : サブレ=シュル=サルト市長。
  • 1981年2月 - 1998年 : サブレ=シュル=サルト郡からサルト県県会議員。
  • 1998年以降 : ロワール地域の地方議員。
    • 1998年4月 - 2002年5月 : ロワール地域の地方議会議長。
  • 2001年以降 : サルト県の自治体ソレム市議会議員。
  • サブレ・シュル・サルトの地域共同体の議長。
  • 彼は、1981年から2002年まで下院議員であったサルト県の第5選挙区の、総選挙立候補者である。

国会議員[編集]

  •  1981年、ジョエル・ル・トゥルの死去に伴い、サルト県第4選挙区から出馬、当選する。当時27歳であり、下院最年少議員となった。同じく若手議員であったフィリップ・セガンと親しくなる。
  •  国民議会総選挙ではサルト県第4選挙区で2007年まで7選(2002年ならびに2007年はエロー内閣農相のステファヌ・ル・フォルを破っている)。2012年は落下傘候補としてパリ第2選挙区から出馬、8選を果たしている。
  •  防衛委員会のメンバーである(1986年から1988年まで委員長を務める)。
  •  仏タイ友好委員会グループの委員長である。
  •  2005年9月18日以降、サルトのUMP所属の上院議員。第1回投票では54,9%を獲得した。首相就任。

大臣[編集]

政策[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジャック・ラング
国民教育・文化大臣
フランスの旗 高等教育・研究大臣
1993年 - 1995年
次代:
ジャン・ド・ボワシュエフランス語版
国民教育・高等教育・研究・就職大臣付
高等教育担当大臣
先代:
ユベール・キュリアンフランス語版
研究・宇宙大臣
次代:
エリザベート・デュフルクフランス語版
国民教育・高等教育・研究・就職大臣付
研究担当大臣
先代:
ジョゼ・ロッシフランス語版
産業・郵政・電気通信・貿易大臣
フランスの旗 情報技術・郵政大臣
1995年
郵政・電気通信・宇宙担当大臣に移行
新設
情報技術・郵政大臣から移行
フランスの旗 産業・郵政・電気通信大臣付
郵政・電気通信・宇宙担当大臣

1995年 - 1997年
次代:
クリスチャン・ピエレフランス語版
経済・財務・産業大臣付
産業担当大臣
先代:
オリヴィエ・ギシャールフランス語版
ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の旗 ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏議会議長
1998年 - 2002年
次代:
ジャン=リュック・アルソーフランス語版
先代:
エリザベート・ギグー
雇用・連帯大臣
フランスの旗 社会問題・労働・連帯大臣
2002年 - 2004年
次代:
ジャン=ルイ・ボルロー
雇用・労働・社会的団結大臣
先代:
リュック・フェリー
青少年・国民教育・研究大臣
フランスの旗 国民教育・高等教育・研究大臣
2004年 - 2005年
次代:
ジル・ド・ロビアン
先代:
ドミニク・ド・ヴィルパン
フランスの旗 首相
第五共和政第19代:2007年 - 2012年
次代:
ジャン=マルク・エロー
先代:
ナタリー・コシウスコ=モリゼ
フランスの旗 エコロジー・持続可能開発・運輸・住宅大臣
2012年
次代:
ニコル・ブリックフランス語版
エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣
次代:
セシル・デュフロ
地域間平等・住宅大臣
党職
新設 国民議会連合=UMPグループ会長
2012年 - 2013年
解散