ジャック・シャバン=デルマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャック・シャバン=デルマス
Jacques Chaban-Delmas
EEG-conferentie Den Haag Jacques Chaban-Delmas (cropped).jpg
生年月日 1915年3月7日
出生地 Flag of France (1794–1815, 1830–1974, 2020–present).svg フランス パリ
没年月日 (2000-11-10) 2000年11月10日(85歳没)
死没地 フランスの旗 フランス パリ
出身校 パリ政治学院
パリ大学
所属政党 共和国民主連合(UDR)
配偶者 オディール・ハメリン
子女 3人
サイン Signature chaban.jpg

在任期間 1969年6月20日 - 1972年7月6日
大統領 ジョルジュ・ポンピドゥー

在任期間 1957年11月6日 - 1958年5月14日
大統領 ルネ・コティ
テンプレートを表示

ジャック・シャバン゠デルマス(フランス語:Jacques Chaban-Delmasシャバン・デルマスシャバンデルマス1915年3月7日2000年11月10日)は、フランス政治家ドゴール派の重鎮で、ジョルジュ・ポンピドゥー政権にて第4代フランス首相を務めた。

生涯[編集]

1915年3月7日にパリに誕生する。本名はジャック・デルマスである。第二次世界大戦中はレジスタンス運動に参加し、多くの偽名を用いたが、その最後の偽名シャバンで、戦後、正式にシャバン゠デルマスと改名した。レジスタンス運動では旅団規模の部隊を指揮し、1944年8月のパリ蜂起に参加している。

リセ・ラカナルを経てパリ政治学院パリ大学を卒業。進党に入党するが、ド・ゴールと行動を共にし、ド・ゴール主義政党、フランス国民連合(RPF)を結成する。1947年から1995年までほぼ半世紀に渡り、ボルドー市長を務めるとともに、ジロンド県から国民議会議員として選出され続けた。 1953年のド・ゴールの政界引退を受けて、シャバン゠デルマスは、ド・ゴール派議員を糾合し、社会共和派を結成した。また、中道左派の政党連合である共和国戦線とも提携した。

1958年アルジェリア独立問題を受けて、ド・ゴールが政界復帰すると、シャバン゠デルマスは、ド・ゴール派新党「新共和国連合」(UNR)結成に一役買い、第五共和政発足後、下院である国民議会の議長に選出されド・ゴールを支えた。 1969年ド・ゴールが辞任し、後任の大統領にジョルジュ・ポンピドゥー首相が当選すると、シャバン゠デルマスは後任の首相に任命された。 シャバン゠デルマスは、前年の1968年五月革命による社会的混乱を収拾するため「新しい社会」をスローガンに新内閣を発足させた。また、マスメディアに対する統制を緩和した。これはゴーリスト内の保守派からは、進歩的であると見なされることになった。シャバン゠デルマスとポンピドゥー大統領の間には潜在的な対立も生まれるようになった。鋭い風刺で知られるカナール・アンシェネ紙は、シャバン゠デルマスを脱税容疑で批判した。

1974年4月2日にポンピドゥーが死去すると、シャバン゠デルマスは、ドゴール派の候補者として後継大統領選挙に立候補する。しかし同じドゴール派のジャック・シラク独立共和派から立候補したヴァレリー・ジスカール・デスタンの支持に回るなど、自派の支持をまとめ切れず第1回投票で敗北を喫した。

1978年に国民議会議長に選出される。フランソワ・ミッテラン大統領の時に社会党が敗北し、コアビタシオンが浮上すると、ミッテランとの交友関係から、首相候補に取り沙汰されたが、シャバン゠デルマスはこれを辞退し、シラクを推して自らは国民議会議長を選んだ。

人物[編集]

個人的には第一級のスポーツマンであり、テニスプレイヤーとして鳴らした。

1966年公開の映画パリは燃えているか[1]では、アラン・ドロンがシャバン・デルマス役を演じている。

ちなみに[編集]

デルマでは無くデルマスと発音される[2]

脚注[編集]

  1. ^ Paris brûle-t-il ? ルネ・クレマン監督)を参照して欲しい。
  2. ^ INA(フランス国立視聴覚研究所)のアーカイブサイトで閲覧できるビデオでは本人が"デルマス"と発音しているのが確認できる[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
アンドレ・モリス
Flag of France (1794–1815, 1830–1974, 2020–present).svg フランス国防大臣
第18代:1957年11月6日 - 1958年5月14日
次代
ピエール・ド・シュヴィニエ
先代
ジャック・シャステラン
モーリス・ブルジェ・モーリス
フランスの旗 フランス公共事業・運輸・観光大臣
1954年6月19日 - 1954年8月14日
1954年9月3日 - 1955年2月5日
次代
モーリス・ブルジェ・モーリス
エドゥアルド・モリニエ
先代
ウジェーヌ・クラウディウス・プティ
フランスの旗 フランス建設・住宅大臣
1954年
次代
モーリス・ルメール
先代
-
フランスの旗 フランス国務大臣
1956年2月21日 - 1957年6月13日
次代
-
先代
モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル
フランスの旗 フランス首相
第4代:1969年6月20日 - 1972年7月6日
次代
ピエール・メスメル
先代
ジョルジュ・ポンピドゥ
ドゴール派大統領候補
1974年(落選)
次代
ジャック・シラク
先代
アンドレ・ル・トロケール
エドガー・フォール
ルイ・メルマズ
フランスの旗 国民議会議長
1958年12月9日 - 1969年6月20日
1978年4月3日 - 1981年5月21日
1986年4月2日 - 1988年6月12日
次代
アキレ・ペレッティ
ルイ・メルマズ
ローラン・ファビウス