ジャック・ラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ラング

ジャック・マチュー・エミール・ラングJack Mathieu Emile Lang1939年9月2日 - )は、フランス政治家フランス社会党所属。ヴォージュ県出身。

パリ政治学院政治学を学び、大学卒業後、公法の分野で学位を取得した。その後、教育、文化、芸術関連の仕事に就く。ナンシーFestival du Mondeを設立、プロデュースする。1963年ナンシー大学劇場、1972年シャイヨー宮劇場でそれぞれ芸術監督を務める。その傍ら1971年から1981年まで大学で国際法を教えた。

1977年下院国民議会総選挙にパリ選挙区から社会党公認で立候補し当選する。1981年ピエール・モーロワ社会党内閣で文化大臣に就任。1988年ミシェル・ロカール内閣でも文化相として入閣。1992年ピエール・ベレゴボワ内閣の教育相、1997年リオネル・ジョスパン内閣の教育相として入閣した。

1989年から2000年までブロワ市長。2000年パリ市長選挙に立候補するが、落選した。2004年ドミニク・ストロス・カーンマルティーヌ・オブリーとともに大統領選挙に向けた社会党政策プログラム作成の責任者となる。2007年フランス大統領選挙では、ラング自身の立候補が取りざたされたが不出馬を表明した。

1961年モニク・ブチンスキーと結婚し、二女を儲けた。

1981年に文化大臣時成立した書籍の再販制度に関する法律は、ラング法英語版と呼ばれる。

外部リンク[編集]

先代:
ミシェル・ドルナノ
フランス文化相
1981年 - 1986年
次代:
フランソワ・レオタール
先代:
フランソワ・レオタール
フランス文化相
1988年 - 1993年
次代:
ジャック・ツーボン
先代:
リオネル・ジョスパン
フランス教育相
1992年 - 1993年
次代:
フランソワ・バイル
先代:
クロード・アレグル
フランス教育相
2000年 - 2002年
次代:
リュック・フェリー