フェリペ1世 (カスティーリャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ4世/フェリペ1世
PhilippeⅣ/Felipe I
Juan de Flandes 004.jpg
出生 (1478-07-22) 1478年7月22日
ブルッヘ
死去 (1506-09-25) 1506年9月25日(28歳没)
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国ブルゴス
埋葬  
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国グラナダ
配偶者 カスティーリャ女王フアナ
子女 一覧参照
父親 神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世
母親 ブルゴーニュ女公マリー
テンプレートを表示

フェリペ1世Felipe I1478年7月22日 - 1506年9月25日)はカスティーリャ女王フアナ王配。一時期カスティーリャ僭称した(1504年 - 1506年)。ブルゴーニュ公フィリップ4世フランス語PhilippeⅣ,在位:1482年 - 1506年)でもあり、ローマ皇帝マクシミリアン1世ブルゴーニュ女公マリーの長子。「美公」「端麗公」(フランス語:le Beau ル・ボ)と呼ばれる。

生涯[編集]

ハプスブルク家ローマ皇帝フリードリヒ3世の嫡孫。ヴァロワ=ブルゴーニュ家の血を引く後継者として生まれ、母方の曾祖父フィリップ善良公にちなんで名付けられた[1]。4歳の時に母を亡くして父は国外追放となり、本人は貴族たちに擁立されて母の国フランドルで育つ。

狩りやトーナメント(槍試合)が得意で、話術も巧みな美貌の「素敵な公子」(ボー・プランス、beau prince)だった。「美公」の呼び名は死後つけられたとされるが、生前から美男子で目立っていたらしい。母マリーの死後、ブルゴーニュ公の称号を継承する。ただしブルゴーニュは母の代で既にフランス王に接収されており、実際の所領は主にネーデルラントであった。1496年にカスティーリャ女王イサベル1世アラゴン王フェルナンド2世の娘フアナと結婚し、レオノール、カルロス(スペイン王カルロス1世ローマ皇帝カール5世)、イサベル、フェルナンド(ローマ皇帝フェルディナント1世)、マリアカタリナの2男4女が生まれる。

1504年、イサベル1世の死去を受けてフアナがカスティーリャの王位に就くと、妻との共同統治を主張して「カスティーリャ王フェリペ1世」を僭称する。しかしカトリック両王と敵対していたフランスに接近したり、フランドルの貴族たちにカスティーリャの土地を分け与えたりしたため、カスティーリャ国内の貴族達を敵に回し、支持を全く失ってしまう。1506年ブルゴスでスポーツを楽しんだ後、生水にあたり突然死去した[2][3](毒殺説もある)。フィリップの死はフアナを動揺させ、精神疾患を引き起こしたと考えられている[4]

「美公」の異名通りフェリペはかなりの美男子で、浮気癖もひどかったと言われ[5]、その生前からフアナには精神病の兆候が見られていたという[6]。政治的には対立したフェリペとフアナであったが、6子が生まれていることから決して不仲ではなかったと察せられる。特にフアナの方はフェリペを熱愛していた。

なおフェリペは生前には王位を認められなかったが、スペイン・ハプスブルク朝が成立すると、祖父の名を取ってフェリペと名付けられたカルロス1世の息子は、祖父を1世としてフェリペ2世と称した。

子女[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 江村(1990年)、p. 50
  2. ^ グレーシング、p. 32
  3. ^ 江村(1993年)、p. 46
  4. ^ グレーシング、p. 34 - 36
  5. ^ グレーシング、p. 16 - 17
  6. ^ 江村(1993年)、p. 47

参考文献[編集]

  • 江村洋 『ハプスブルク家』 講談社現代新書、1990年
  • 江村洋 『ハプスブルク家の女たち』 講談社現代新書、1993年
  • ジクリト=マリア・グレーシング 『ハプスブルク 愛の物語 悲しみの迷宮』 東洋書林、1999年

関連項目[編集]

先代:
マリー
マクシミリアン1世と共同統治)
ブルゴーニュ公(名目上)
ブルゴーニュ伯
ブラバント公
リンブルク公
ルクセンブルク公
フランドル伯
エノー伯
ホラント伯
1482年 - 1506年
次代:
シャルル
先代:
マリー
ゲルデルン(ヘルレ)公
ズトフェン伯
1487年 - 1492年
次代:
カレル・ファン・エフモント