ゲルデルン公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初期のゲルデルン伯および公の紋章
1379年以降の紋章

ゲルデルン伯ドイツ語: Graf von Geldern)およびゲルデルン公ドイツ語: Herzog von Geldern)は、中世に神聖ローマ帝国領内の低地地方北部(現在のオランダ)にあった領邦の領主である。オランダ語でヘルレ伯オランダ語: Graaf van Gelre)およびヘルレ公オランダ語: Hertog van Gelre)とも表記される。

歴代領主[編集]

括弧内はオランダ語読み。

ゲルデルン伯[編集]

ヴァッセンベルク家
  • ゲルハルト1世(ヘラルト1世)(1082年 - 1129年) - ヴァッセンベルク伯(3世)
  • ゲルハルト2世(ヘラルト2世)(1129年 - 1131/3年)
  • ハインリヒ(ヘンドリック)(1131/3年 - 1182年)
  • オットー1世(1182年 - 1207年)
  • ゲルハルト3世(ヘラルト3世)(1207年 - 1229年)
  • オットー2世(1229年 - 1271年)
  • ライナルト1世(レイナウト1世)(1271年 - 1318年) - 妻リンブルフ女公イルムガルトの権利によりリンブルフ公(1279年 - 1283年)
  • ライナルト2世(レイナウト2世)(1318年 - 1339年)

ゲルデルン公[編集]

ヴァッセンベルク家
  • ライナルト2世(レイナウト2世)(1339年 - 1343年)
  • ライナルト3世(レイナウト3世)(1343年 - 1361年)
  • エドゥアルト(1361年 - 1371年)
ユーリヒ=ハインバッハ家
  • ヴィルヘルム1世(ウィレム1世)(1379年 - 1402年) - ユーリヒ公(3世)(1393年 - 1402年)
  • ライナルト4世(レイナウト4世)(1402年 - 1423年) - ユーリヒ公(6世)(1402年 - 1423年)
エフモント家
ヴァロワ=ブルゴーニュ家
  • カール(カレル)(1473年 - 1477年)
エフモント家
  • アドルフ(1477年)(復位)
  • カタリーナ(摂政:1477年 - 1481年)
ヴァロワ=ブルゴーニュ家
エフモント家
クレーフェ家

1543年のヴェンロー条約により、公領は神聖ローマ皇帝カール5世のものとなり、ハプスブルク家の所領となった。

系図[編集]

 
ゲルハルト1世
ヴァッセンベルク伯
1021-1032
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト2世
ヴァッセンベルク伯
1035-1082
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ3世
(?-1075)
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト1世
ゲルデルン伯
 
クレメンス
アキテーヌ公ギヨーム7世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト2世
ゲルデルン伯
 
エルメンガルデ
(ズトフェン伯オットー2世娘)
 
コンラート2世
ルクセンブルク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ
ゲルデルン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イド
ブローニュ女伯
(ブローニュ女伯マリー娘)
 
ゲルハルト
(?-1182)
 
オットー1世
ゲルデルン伯
 
リヒャルデ
(バイエルン公オットー1世娘)
 
アグネス
=ルクセンブルク伯ハインリヒ4世
 
マルガレーテ
(?-c.1195)
=ベルク伯エンゲルベルト1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ
(?-1198)
 
ゲルハルト3世
ゲルデルン伯
 
マルガレーテ
(ブラバント公アンリ1世娘)
 
アーデルハイト
(1190-1218)
=ホラント伯ウィレム1世
 
マティルデ
=ナッサウ伯ハインリヒ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オットー2世
ゲルデルン伯
 
ハインリヒ
リエージュ司教
 
リヒャルデ
=ユーリヒ伯ヴィルヘルム4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イルムガルト
リンブルフ女公
 
ライナルト1世
ゲルデルン伯
リンブルフ公
 
マルガレーテ
(フランドル伯ギー娘)
 
エリーザベト
=ベルク伯アドルフ8世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライナルト2世
ゲルデルン伯
ゲルデルン公
 
エリナー
(イングランド王エドワード2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルデ
1=ゴットフリート・フォン・ローン=ハインズベルク
2=クレーフェ伯ヨハン
3=ブロワ伯ジャン2世
 
ヴィルヘルム2世
ユーリヒ公
 
マリア
 
ライナルト3世
ゲルデルン公
 
マリー
(ブラバント公ジャン3世娘)
 
エドゥアルト
ゲルデルン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム1世
ゲルデルン公
ユーリヒ公(3世)
 
ライナルト4世
ゲルデルン公
ユーリヒ公(6世)
 
ヨハンナ
 
ヨハン12世
アルケル侯
(?-1428)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア
 
ヨハン2世
エフモント伯
1423-1451
 
マリー
 
アドルフ1世
クレーフェ公・マルク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ3世
ブルゴーニュ公
 
 
 
シャルル1世
ブルボン公
 
 
 
 
 
アルノルト
ゲルデルン公
 
カタリーナ
 
ヨハン1世
クレーフェ公・マルク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
ブルゴーニュ公
ゲルデルン公
 
イザベル
 
カトリーヌ
 
アドルフ
ゲルデルン公
 
カタリーナ
ゲルデルン公領摂政
 
 
 
ヨハン2世
クレーフェ公・マルク伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
ブルゴーニュ女公
ゲルデルン女公
 
マクシミリアン1世
神聖ローマ皇帝
 
フィリッパ
=ロレーヌ公ルネ2世
 
カレル
ゲルデルン公
 
 
 
 
 
ヨハン3世
ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公
 
マリア
(ユーリヒ=ベルク公ヴィルヘルム3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
カスティーリャ王
ゲルデルン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム2世
ゲルデルン公
ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公(5世)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール5世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハプスブルク家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • 森田安一 編 『新版 世界各国史14 スイス・ベネルクス史』 山川出版社、1998年