カトリーヌ・ド・ブルボン (1440-1469)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カトリーヌ・ド・ブルボン
Catherine de Bourbon
Tombstone Catherine of Bourbon.jpg
ナイメーヘンの聖ステフェン教会(Stevenskerk)にあるカトリーヌの墓石
出生 1440年
リエージュ
死去 1469年5月21日
ナイメーヘン
埋葬  
ナイメーヘン、聖ステフェン教会
配偶者 ゲルデルン(ヘルレ)アドルフ
子女 フィリッパ
カレル
父親 ブルボン公シャルル1世
母親 アニェス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

カトリーヌ・ド・ブルボンCatherine de Bourbon, 1440年 - 1469年5月21日)は、フランス王家傍系のブルボン公爵家の公女で、ゲルデルン(ヘルレ)アドルフの妻。

生涯[編集]

ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の四女として生まれた[1]。1463年12月28日にブルッヘにおいて、ゲルデルン公爵家の当主アドルフと結婚した。この縁組は伯父のブルゴーニュフィリップ3世(善良公)がゲルデルン公領に対する影響力を強めるために、姪であり、また息子シャルル(突進公)の妻イザベルの妹にあたるカトリーヌをアドルフに嫁がせた政略結婚だった[2]。1469年に夫に先立って死去し、没地ナイメーヘンの聖ステフェン教会に葬られた。

子女[編集]

夫アドルフとの間に男女の双子をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2005年1月4日). “Catherine de Bourbon(Capet22-F9)”. genealogy.euweb.. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 堀越孝一 『ブルゴーニュ家』 講談社現代新書、1996年、P247

参考文献[編集]

  • Wilhelm Karl Prinz von Isenburg,Frank Baron Freytag von Loringhoven: Europäische Stammtafeln. Stammtafeln zur Geschichte der europäischen Staaten, vol. 2, J. A. Stargard, Marburg, 1956, table 30.
  • P.H. Scheltema: De St.-Stevenskerk te Nijmegen, in: De Opmerker, vol. 30, issue 37, 14 September 1895, p. 291-292, page 291 and page 292