アニェス・ド・ブルゴーニュ (1407-1476)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アニェス・ド・ブルゴーニュ
Agnès de Bourgogne
Agnes of Burgundy, Duchess of Bourbon.jpg
出生 1407年
死去 1476年12月1日
配偶者 ブルボン公シャルル1世
子女 本文参照
父親 ブルゴーニュジャン1世
母親 マルグリット・ド・バヴィエール
テンプレートを表示

アニェス・ド・ブルゴーニュAgnès de Bourgogne, 1407年 - 1476年12月1日)は、フランス北東部の諸侯ブルゴーニュ公爵家の公女。ブルゴーニュジャン1世(無怖公)の末娘で、ブルボン公シャルル1世の妻。

生涯[編集]

ジャン無怖公とその妻でバイエルン=シュトラウビンク公エノー伯ホラント伯・ゼーラント伯アルブレヒト1世の娘であるマルグリットの間の第8子、七女、末娘として生まれた。姉にフランス王太子ルイリッシュモン伯アルテュールの妻マルグリットイングランド・フランス二重王国の摂政ベッドフォード公ジョン・オブ・ランカスターの妻アンヌ、兄にブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)がいる。

1425年9月17日にオータンにおいてブルボン公と結婚し、間に6男5女計11人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • O'Reilly, Elizabeth Boyle, How France Built Her Cathedrals, (Harper Brothers Publishers:London, 1921)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Agnès de Bourgogne (1407-1476)に関するカテゴリがあります。