カタリナ・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カタリナ・デ・アウストリア

カタリナ・デ・アウストリア(Catalina de Austria, 1507年1月14日 - 1578年2月12日)は、ポルトガルジョアン3世の王妃。ドイツ語名でカタリーナ・フォン・シュパーニエン(Katharina von Spanien)、フランス語名でカトリーヌ・ド・ブルゴーニュ(Catherine de Bourgogne)などとも呼ばれたが、ここではスペイン語名(およびポルトガル語名)を用いる。

フィリップ美公カスティーリャ女王フアナの娘。兄に神聖ローマ皇帝カール5世スペイン王カルロス1世)、フェルディナント1世、姉妹にレオノール(ジョアン3世の父マヌエル1世の3番目の妃、のちフランス王妃)、イサベルデンマーク王妃)、マリアハンガリーおよびボヘミア王妃)がいる。

1525年2月10日、従兄に当たるジョアン3世と結婚した。翌1526年には兄カール5世と夫の妹イザベルが結婚するという二重結婚であった。

系譜[編集]

マリア 父:
フィリップ美公
(カスティーリャ王フェリペ1世)
祖父:
マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)
曽祖父:
フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)
曽祖母:
エレオノーレ (ポルトガル王女)[1]
祖母:
マリー (ブルゴーニュ女公)
曽祖父:
シャルル (ブルゴーニュ公)
(突進公/豪胆公)[2]
曽祖母:
イザベル・ド・ブルボン
母:
フアナ (カスティーリャ女王)[4]
祖父:
フェルナンド2世 (アラゴン王)
(カスティーリャ王フェルナンド5世)
曽祖父:
フアン2世 (アラゴン王)
曽祖母:
フアナ・エンリケス
祖母:
イサベル1世 (カスティーリャ女王)
曽祖父:
フアン2世 (カスティーリャ王)
曽祖母:
イサベル (ポルトガル王女)[3]

[1]の父はドゥアルテ1世 (ポルトガル王)ジョアン1世 (ポルトガル王)の子で、弟にエンリケ航海王子や[3]の父ジョアン、妹に[2]の母イザベルがいる。よって、[1]と[2]と[3]は、共にジョアン1世を祖父とするいとこ同士となる。

夫ジョアン3世の母マリアは、母フアナ[4]の妹で、マヌエル1世の王妃となっている。よって、ジョアン3世とは共にカトリック両王を祖父母とするいとこ同士である。

子女[編集]

カタリナはジョアン3世との間に9子を生んだ。