フアン (アストゥリアス公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アストゥリアス公フアン

フアン・デ・アラゴン・イ・カスティーリャ(Juan de Aragón y Castilla)またはフアン・デ・トラスタマラ・イ・トラスタマラ(Juan de Trastámara y Trastámara, 1478年6月28日 - 1497年10月4日)は、カスティーリャ女王イサベル1世アラゴンフェルナンド2世の唯一の男子。両王の王位継承者としてアストゥリアス公、ジローナ公の称号を授けられていたが、王位継承を果たせずに早世した。

生涯[ソースを編集]

1497年に神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の娘マルグリット(スペイン語名:マルガリータ)と結婚した。前年の1496年にはフアンの妹フアナ(後のカスティーリャ女王)とマルグリットの兄フィリップ美公が結婚している。

結婚から間もなく、ポルトガルマヌエル1世と再婚する姉イサベルの婚礼に際してポルトガルへ赴く途上、サラマンカで死去した。死因は結核であったと考えられている。フアンが死去した時、妻マルグリットは懐妊していたが、その後男子を死産した。

唯一の男子であったフアンの死と、その子の死産により、両王の王位継承権は長女である姉イサベルに移ったが、イサベルは1498年に王子ミゲル・ダ・パスを出産して間もなく死去し、ミゲルも2年後の1500年に夭逝した。そのため、両王の次女であるフアンの妹フアナを王位継承者として、嫁ぎ先のフランドルから呼び戻すことになった。

系譜[ソースを編集]

フアン 父:
フェルナンド2世 (アラゴン王)
(カスティーリャ王フェルナンド5世)
祖父:
フアン2世 (アラゴン王)
曽祖父:
フェルナンド1世
曽祖母:
レオノール・デ・アルブルケルケ
祖母:
フアナ・エンリケス
曽祖父:
ファドリケ・エンリケス[1]
曽祖母:
マリアナ・デ・コルドバ
母:
イサベル1世 (カスティーリャ女王)
祖父:
フアン2世 (カスティーリャ王)
曽祖父:
エンリケ3世 (カスティーリャ王)[2]
曽祖母:
カタリナ[3]
祖母:
イサベル
曽祖父:
ジョアン(アヴェイロ公)[4]
曽祖母:
イザベル・デ・バルセロス[5]

[1]はエンリケ2世 (カスティーリャ王)の弟ファドリケの子孫。

[3]は、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントと、ペドロ1世の次女コンスタンサの一人娘。よって、[2][3]の結婚は、[2]の祖父エンリケ2世 (カスティーリャ王)(トラスタマラ朝の祖)が異母弟で嫡出子のペドロ1世(ボルゴーニャ朝)から王位を簒奪しており(第一次カスティーリャ継承戦争)、両家の合一と和解という歴史的意義がある。

[4]はジョアン1世 (ポルトガル王)の王子で、兄にドゥアルテ1世エンリケ航海王子、姉に、妻マルグリットの曾祖母であるイザベルがいる。また[4]たちの母はフィリッパは、[3]の異母姉である。

[5]はジョアン1世 (ポルトガル王)の庶子アフォンソ1世 (ブラガンサ公)の娘。よって[4]と[5]の結婚は叔姪婚となる。

先代:
イサベル
アストゥリアス公
1478年 - 1497年
次代:
イサベル
先代:
フェルナンド2世
ジローナ公
1479年 - 1497年
次代:
ミゲル・デ・ラ・パス